頭皮の乾燥で静電気が生じるとホコリなどがついて頭皮環境が悪化します


頭皮の乾燥が原因で静電気を引き起こすと考えられています。

しかも、静電気そのものが頭皮だけではなく髪の毛にダメージを与えるとも言われているのです。

静電気は冬場に生じやすいものですが、髪の毛に静電気が生じるとホコリやゴミなどがついて頭皮環境の悪化につながると考えられています。

予防するためには、シャンプーや髪の洗い方を見直して対策をする必要があるでしょう。

また日常的な保湿ケアも効果的とされています。

頭皮が乾燥していると静電気が生じて頭皮環境が悪くなります

頭皮の乾燥は静電気を引き起こすと考えられています。

この静電気については、頭皮はもちろん髪の毛にもダメージを与えると言われているのです。

また、静電気による負担が何度も生じると、髪の毛の水分が失われ、もろくなると言われています。

髪の毛がもろくなれば簡単に毛が切れたり枝毛が生じたりするため、薄毛になりやすいと考えられています。

静電気は冬場に生じやすいと言われており、物が触れ合うことで発生すると考えられています。

そして静電気は空気中にある水分を通じて放電すると言われているのです。

湿度が高ければ体が帯電しづらいのですが、冬場は空気が乾燥しており水分が少ないので体に静電気が帯びやすいと考えられています。

そのような静電気が髪に帯びていると、小さなゴミなどを引き寄せると言われています。

ゴミやホコリなどは頭皮環境が悪化する原因の一つになるとも言われているので注意が必要でしょう。

このように静電気は髪の毛を含めた頭皮環境の健康に悪影響を与えると考えられているのです。

静電気予防のためにもシャンプーや髪の洗い方に普段から注意が必要です


静電気から頭皮を守るためには対策が必要です。

特に頭皮が乾燥するのを防がなければならないでしょう。

まず基本は髪の洗い方やシャンプーの見直しを考えることで頭皮の乾燥対策ができると考えられています。

髪の洗い方でNGなのは、爪を立てて乱暴にこするようなことでしょう。

このような髪の洗い方ですと、頭皮にダメージを与えることになるからです。

また、熱すぎるお湯を使うことでも頭皮にダメージを与えることになります。

さらに、シャンプーについては洗浄力の強すぎるものは避けた方が無難でしょう。

頭皮の汚れを落とせるのは良いのですが、あまりに強い洗浄力のために皮膚へのダメージ、同時に必要な皮脂を取り除くリスクが高まるからです。

そうすると頭皮が乾燥しやすい状態になりますので注意しなければなりません。

また、ブラシについても静電気が発生しやすいものは避けた方が良いでしょう。

髪を洗った後、ドライヤーを使用する人も多いのですが、髪に近づかせすぎて熱風を長期間当て続けるのも注意が必要です。

このように静電気から頭皮を守るためには、日頃、自然とやっているヘアケアについて見直しを考えてみてください。

保湿ケアで静電気のない頭皮にすることが期待できます

頭皮ケアに関しては、保湿ケアも乾燥を予防するポイントと言えるでしょう。

髪の毛や頭皮が乾燥をしているのでしたら、水分補給をすることが大切となります。

たとえば化粧水やクリームやオイルなどの保湿ができる化粧品を使用し、保湿ケアをするのも対策として期待できるのです。

保湿ケアをすることで必要な水分が逃げないので対策になると考えられます。

また、部屋にいる時でも油断しないようにしましょう。

特に注意しなければならないのは冬場です。

静電気は湿度が40パーセント以下で起きやすいと言われています。

そのため加湿器などを使用して部屋が乾燥しない環境を作ることが重要なのです。

また、静電気が起きにくいヘアブラシに関してですが、プラスチックやポリエステル素材のものは避けたほうが無難でしょう。

木や竹のものは静電気が起きづらいと考えられています。

また、自宅でトリートメントを使用する際は塗った後、少し長めに放置することも対策になると言われています。

蒸しタオルなどを使用すると浸透率が高まるので利用してみても良いでしょう。

このように様々な工夫を凝らすことで静電気に負けない、起きづらい頭皮環境を作ることが大切なのです。

(まとめ)頭皮の乾燥に静電気が関係している?

1.頭皮の乾燥で静電気が生じるとホコリなどがついて頭皮環境が悪化します

頭皮が乾燥をすると静電気が発生しやすくなります。

その静電気が髪に帯びていると、ゴミやホコリを引き寄せることにつながるのです。

結果、頭皮環境の悪化につながると考えられています。

2.頭皮が乾燥していると静電気が生じて頭皮環境が悪くなります

頭皮の乾燥は静電気を引き起こし、髪の毛や頭皮にダメージを与えると言われています。

ゴミやホコリを引き寄せて頭皮環境が悪化させる以外にも、枝毛や切れ毛の原因になるとも言われており、薄毛につながる可能性もあるのです。

3.静電気予防のためにもシャンプーや髪の洗い方に普段から注意が必要です

静電気から頭皮を守るには髪の洗い方やシャンプーの見直しによって対策ができると言われています。

また、熱すぎるお湯も頭皮にダメージを与えると言われているのです。

また、ブラシについても静電気が発生しやすいものは控えましょう。

4.保湿ケアで静電気のない頭皮にすることが期待できます

保湿ケアも重要です。

化粧水やクリームやオイルを使用して、頭皮に水分補給をして保湿を行うことが大切です。

また、使うブラシにも気をつけてください。

部屋にいる時も、湿度などに注意が必要でしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む