頭皮の乾燥を自宅ケアするならシャンプーや髪の洗い方に注意しましょう


頭皮の乾燥について自宅ケアをするならどんなシャンプーを使うのかや髪の洗い方に注意してください。

刺激の強い石油系の界面活性剤は、洗浄力は強いのですが、同時にセラミドなど保湿に必要な保湿成分まで洗い流すリスクが指摘されています。

そのため石油系の界面活性剤には注意が必要でしょう。

植物由来のものや、アミノ酸系・石けん系のもの、そして保湿成分が含まれているものが頭皮の乾燥に良いシャンプーと言われています。

また、髪の洗い方についても気をつけなければなりません。

刺激の強いシャンプーは頭皮の乾燥につながります

頭皮の乾燥を自宅ケアするときにまず注意したいのは、どんなシャンプーを使うかです。

これは頭皮ケアの基本中の基本とも言える大切なことでしょう。

刺激が強すぎるシャンプーなどの場合、頭皮の乾燥が悪化してしまうことがあるとされています。

特に注意したいのは石油系の界面活性剤でしょう。

洗浄力が強い分、頭皮への刺激が強いことがその理由と言えます。

強力な洗浄力は皮脂だけではなく肌のうるおいを保っている成分の一つ、セラミドも洗い流してしまうと考えられています。

頭皮の乾燥に対し自宅でケアすることを考えた上でシャンプー選びをするなら、植物由来のものなど、刺激の弱いものを選ぶと良いでしょう。

また、保湿成分が含まれているのもポイントになります。

自宅ケアをする場合、まずは適切なシャンプー選びから始めましょう。

洗浄力が強いシャンプーかどうかは成分表を見て確かめましょう


洗浄力が強いシャンプーかチェックするためには成分表を見ることが大切です。

その中の界面活性剤が何系のものなのかが重要となります。

基本的に頭皮に対して刺激が強いと言われるのは石油系のものと言われていますが、逆に刺激が弱いものとしてアミノ酸系が挙げられるでしょう。

弱酸性なので刺激が弱いという特徴がありますが、同時に洗浄力が弱いという側面もあります。

また、自然由来の石けん系は洗浄力が強いと言われていますが、アルカリ性であるため、髪のパサツキやきしみなどがデメリットと考えられているのです。

洗浄力の強いものは必要な皮脂まで洗い流してしまうと言われています。

皮脂の分泌量はバランスが保たれているなら頭皮環境の健康を維持する上でも有効と言われています。

しかし皮脂が少ない状態だと、頭皮を守るバリア機能や潤いも低下しますから頭皮の乾燥につながると考えられているのです。

頭皮が乾燥すれば肌のターンオーバーの乱れにつながると言われています。

そうなると成熟していない角質が表面に出るためバリア機能も弱くなり、頭皮が乾燥しやすくなる悪循環に陥るのです。

そのため洗浄力のあるシャンプーには注意が必要と言えるでしょう。

髪を乱暴に洗うと頭皮トラブルにつながります

頭皮の乾燥を自宅ケアするために良いシャンプーを購入したとします。

しかし、髪の洗い方が間違っていれば十分な対策は期待できないでしょう。

まず、髪を洗う際に爪を立てるようなことをしてはいけません。

これは爪により頭皮の角質層がダメージを受けることがその理由の一つと言えます。

角質層がダメージを受けると、水分を保持する力やバリア機能が低下することにつながるからです。

また、頭皮がダメージを受けるとそこにニキビなどできものが生じるリスクも高くなると言われています。

そのため爪を立てて洗うのは思わぬトラブルの原因になると考えた方が良いでしょう。

さらに頭皮の乾燥に良いシャンプーだとしても、1日に何度も使用していればそれだけ負担をかけることになると言われています。

特に頭皮が乾燥しやすい人の場合、何度もシャンプーを使って髪を洗うことで症状が悪化する可能性さえ出て来るからです。

そして洗い流す際も、シャンプーやコンディショナーが残っていれば毛穴づまりやかぶれのリスクも生じるでしょう。

そのため、残らないようにきっちりすすいで洗い流してください。

髪を洗い終わった後は、保湿成分の含まれた化粧水やローションで頭皮の保水をすることでより良い効果が期待できます。

(まとめ)頭皮の乾燥を自宅ケアする時に注意することとは?

1.頭皮の乾燥を自宅ケアするならシャンプーや髪の洗い方に注意しましょう

頭皮の乾燥について自宅ケアをするなら基本は刺激の少ないシャンプーを使用し、髪の洗い方にも注意しなければなりません。

石油系の界面活性剤が含まれている場合は洗浄力が強すぎることもあるため注意しましょう。

2.刺激の強いシャンプーは頭皮の乾燥につながります

頭皮の自宅ケアで注意したいのは、まずは使うシャンプーから気をつけることです。

刺激が強いものだと頭皮の乾燥が悪化する可能性があると言われています。

そのため植物由来で保湿成分が含まれているものが良いでしょう。

3.洗浄力が強いシャンプーかどうかは成分表を見て確かめましょう

刺激が強いシャンプーかどうかは成分表をチェックすることが大切です。

アミノ酸系は弱酸性で刺激が弱いと言われています。

石けん系は自然由来でも洗浄力が強いです。

しかしアルカリ性なので髪のパサツキがあるのがデメリットと言われています。

4.髪を乱暴に洗うと頭皮トラブルにつながります

自宅ケアをするなら髪の洗い方にも気をつける必要があるでしょう。

適切なシャンプーを使用しても、爪を立てて洗うと頭皮が傷つく可能性があります。

また、1日に何度もシャンプーを使用すればそれだけ負担がかかるので注意しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む