秋や冬や夏は頭皮が乾燥しやすい時期なので注意が必要です


秋や冬は温度も低く空気が乾燥しやすい時期です。

空気が乾燥していると体の水分が失われやすくなると言われています。

また、乾燥することで皮膚バリアの力も低下するので、余計頭皮が乾燥しやすくなると考えられているのです。

また寒くなると血行不良につながるので、頭皮に必要な栄養分が届きづらくなると言われています。

一方、夏場の場合は、紫外線が頭皮に負担をかけます。

すると、頭皮の乾燥だけではなく炎症も引き起こされるので注意しなければなりません。

秋や冬や夏は頭皮が乾燥しやすいことが原因と考えられます

頭皮の乾燥には時期も大きく関係しています。

特に大きな影響を受けやすいのが、秋冬の期間と夏だと言われています。

秋や冬は湿度も低く空気が乾燥しやすいことが挙げられます。

空気が乾燥していれば体の水分を失いやすく、頭皮の乾燥にもつながると考えられるのです。

頭皮が乾燥することで皮膚バリアの力も低下してしまい、余計乾燥しやすい状態となりさまざまなトラブルにつながると言えるのです。

温度が低いということは血行不良にもつながりますから、頭皮に必要な栄養分が届かない可能性があります。

また室内などで暖房を使って部屋を暖かくし過ぎることも、頭皮の乾燥につながることが指摘されています。

夏場も頭皮の乾燥につながる原因があります。

その代表的なものが紫外線と言えるでしょう。

紫外線によって頭皮が日焼けをすると乾燥だけではなく、炎症も引き起こされると言われています。

頭皮が乾燥すると抜け毛やかゆみ、フケなどさまざまな症状が引き起こされる可能性があります。

このように秋冬と夏という時期は、頭皮環境の悪化につながるので注意しなければなりません。

刺激の弱いシャンプーを使用することが大切です


頭皮の乾燥対策としては、まず使っているシャンプーをチェックしてみてください。

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮が弱い人にとって症状を悪化させる要因の一つになることが考えられるからです。

汚れは落ちるかもしれませんが、同時に保湿成分でもある皮脂まで取り除く可能性があるからです。

元々皮脂が大量に出て髪がべたつくという方であれば、そのようなシャンプーでも良いでしょう。

しかし頭皮が乾燥しやすい人にとっては必要な皮脂まで取ってしまうことがあるため、あまり適していないと言えます。

ですから、頭皮が弱い人は刺激の弱いシャンプーを使用した方が無難と言えるのです。

また、髪の洗い方にも注意した方が良いでしょう。

シャンプーを直接髪の毛に塗り、さらに爪を立ててかきむしるような洗い方をしていると頭皮を傷つける原因になるからです。

基本的にシャンプーは泡立てて使い、マッサージをするように優しく洗うのが良いと言われています。

また髪を洗うお湯の温度についても、頭皮へ強い刺激にならないよう38度から40度のぬるま湯にしたほうが良いでしょう。

紫外線や体が冷えることに注意し頭皮の保湿をしましょう

夏場の乾燥対策のためには、まず紫外線を避けるように注意してください。

そのためUVカットがある日傘や帽子をかぶり、紫外線が直接頭皮に当たらないよう気をつける必要があるでしょう。

可能ならできるだけ日差しの強い時間帯に外へ出るのは控えることも大切です。

また、夏場は汗が出やすい季節です。

そのため入浴時は髪をきちんと洗うことを心がけましょう。

ただ、頭皮が乾燥しやすいタイプの人は、何度もシャンプーを使わないようにする必要があります。

自分の頭皮状況に合わせた髪の洗い方を心がけてください。

秋や冬でも、寒さにより頭皮の血流に影響が出ないよう対策をしましょう。

体を冷やさないように厚着をして温める、ニット帽を被るなどの対策が考えられます。

また、シャンプーも刺激の弱いものだけではなく保湿成分が含まれているものを使用すると良いでしょう。

さらに髪を乾かす際にも、頭へドライヤーを近づけすぎたり、時間をかけすぎたりするのも控えた方が良いと考えられます。

そのような髪の乾かし方も頭皮への刺激や乾燥につながるからです。

もちろん専用の化粧水やローションなどを使用し、保湿を行うのも一つの対策と言えるでしょう。

(まとめ)頭皮が乾燥しやすい時期ってあるの?

1.秋や冬や夏は頭皮が乾燥しやすい時期なので注意が必要です

秋や冬は空気が乾燥しているので体から失われることや、寒いことで血行不良にもつながると言われています。

また、皮膚バリアの力も低下する時期なので頭皮が乾燥しやすくなるでしょう。

また、夏も紫外線が頭皮に負担をかけてしまうとされています。

2.秋や冬や夏は頭皮が乾燥しやすいことが原因と考えられます

秋や冬は温度も低く空気が乾燥していますので、頭皮の水分も失われやすいと考えられています。

また、血行不良にもつながるも注意したい所です。

一方夏は紫外線が頭皮の負担となり乾燥が生じると考えられています。

3.刺激の弱いシャンプーを使用することが大切です

対策としては洗浄力の強いシャンプーを使わないようにすることが基本です。

また、爪を立てるような髪の毛の洗い方ですといたずらに頭皮を傷つけることにつながります。

髪を洗う際、お湯の温度もぬるめにしましょう。

4.紫外線や体が冷えることに注意し頭皮の保湿をしましょう

夏場は紫外線に注意して日傘や帽子を使うようにしましょう。

冬は頭や体を冷やさないように、ニット帽を被る、厚着をすることが対策になると言われています。

そして専用の化粧水やローションをして保湿を心がけると良いでしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む