パーマが原因となって頭皮が乾燥することがあります


パーマをかけた後、頭皮が乾燥してしまうことがあるのはパーマをかける際に使われる薬剤が強いためです。

何度も繰り返しパーマをかけていると、頭皮へのダメージが蓄積してしまい、頭皮の乾燥や抜け毛などの症状が出ることがあります。

特に頭皮が敏感な方はパーマ液の刺激を感じやすいので、体調が優れない時はパーマをかけるのをやめるなどの対処が必要になります。

パーマをかけると頭皮が乾燥する原因はパーマ液の成分です

パーマをかけると頭皮が乾燥してしまう原因は、パーマ液に刺激の強い薬剤が使われているためです。

パーマ液は「パーマ液1剤」と「パーマ液2剤」に分かれますが、このうちパーマ1剤はアルカリ性がとても強く、頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。

パーマ1剤の強さにより、パーマのかかり具合が決まります。

パーマ1剤の役割はキューティクルを開き、髪の中に存在する「シスチン結合」という繋がりを切り離すことです。

その後使用するのがパーマ2剤になりますが、これには切断されたシスチン配合を再結合させる働きがあります。

こうしてシスチンを再び結びつけると、ロッドで巻きつけていた髪がカールしたまま固定され、パーマがかかるという仕組みです。

パーマ1剤に含まれるアルカリ性にはシスチン結合を切り離す役割がありますが、頭皮のたんぱく質を分解してしまう働きも持ち合わせています。

パーマ液による刺激は頭皮の乾燥を招くだけではなく、たんぱく質が失われた頭皮から生える髪の毛は徐々に細くなっていき、やがて抜け毛や薄毛を招いてしまうことがあります。

頭皮の乾燥を防ぐパーマのかけ方があります


頭皮の乾燥や抜け毛の原因になることがあるとはいえ、今すぐパーマを辞めるのは難しい場合もあるでしょう。

どうしてもパーマを辞められないのであれば、できる限り頭皮が乾燥しないようなパーマのかけ方をしましょう。

できるだけ頭皮が乾燥しないよう工夫をしながら、パーマを楽しむ方法を下記に紹介します。

コールドパーマ

コールドパーマも一般的なパーマと同様にパーマ1剤とパーマ2剤を使用しますが、熱を加えず常温で行うため、髪や頭皮へのダメージが比較的少なく済みます。

スタイリングする際は髪を少し濡らしてからにすると、ヘアアレンジがしやすくなります。

デジタルパーマ

薬剤と熱の力によってパーマをかけるのは一般的なパーマと同じですが、デジタルパーマの場合は専用の機械を使います。

別名「形状記憶パーマ」とも呼ばれ、専用の機械で髪のたんぱく質を低温で加熱することでパーマをかけるという方法です。

低温のため、髪や頭皮へのダメージを抑えることができます。

デジタルパーマは乾かすだけでスタイリングができるので、髪を乾かす際にはカールを潰さないようにしましょう。

水パーマ

髪を機械で加熱することなくパーマをかけるのが水パーマです。

水の力を利用してキューティクルを開きパーマ液を浸透させるので、髪と頭皮への影響が少ないのがメリットです。

スタイリングする時は髪を濡らしてから行うと、カールが出やすくなります。

この他にも髪と頭皮にやさしい成分のシスティンパーマ剤を使ったパーマなどが人気です。

頭皮の乾燥と抜け毛を防ぐためにも自分に合ったパーマのかけ方を検討してみましょう。

パーマ以外にも髪をボリュームアップする方法があります

パーマをかけると髪にボリュームを持たせることができますが、パーマに頼りすぎてしまうのはリスクもあります。

どんなに負担の少ないパーマでもダメージがゼロということはありません。

あまり頻繁にパーマをかけ続けてしまうと、髪や頭皮へのダメージはどうしても出てきてしまいます。

パーマに頼らず、頭皮の力を上げることで髪をボリュームアップする方法も取り入れてみましょう。

まずは頭皮にやさしいシャンプーとトリートメントを選ぶことから始めてみましょう。

好きな香りだからという理由でシャンプーとトリートメントを選んでいるのなら、1度選び方を見直してみてください。

なぜなら、好みの香りが必ずしも自分の頭皮に合ったものだとは限らないからです。

女性用の育毛剤を使ってみるのも、頭皮を育てるには効果的です。

乾燥したままでの頭皮では健康な髪は育ちません。

頭皮の乾燥を防ぐためにも、まずは頭皮の状態を健やかに保つことから始めましょう。

(まとめ)パーマをかけると頭皮が乾燥してしまうの?

1.パーマが原因となって頭皮が乾燥することがあります

パーマをかけた後で頭皮の乾燥が気になる場合、パーマ液の刺激によって頭皮がダメージを受けている可能性があります。

パーマに使われる薬剤は刺激が強いものが多く、パーマをかけ続けていると頭皮が乾燥しやすくなり、抜け毛の原因になることもあります。

2.パーマをかけると頭皮が乾燥する原因はパーマ液の成分です

パーマ液には2種類ありますが、このうちパーマ1剤は強いアルカリ性を持っています。

このアルカリ性の強さによってパーマのかかり具合が決まりますが、同時に頭皮のたんぱく質を溶かしてしまうため、頭皮の乾燥や抜け毛を招く恐れがあります。

3.頭皮の乾燥を防ぐパーマのかけ方があります

頭皮の乾燥や抜け毛を防ぐためには、パーマのかけ方を見直すことも大切です。

パーマにはコールドパーマ、デジタルパーマ、水パーマなどがあります。

自分に合った方法で髪や頭皮への負担を軽減しましょう。

4.パーマ以外にも髪をボリュームアップする方法があります

パーマは気軽にヘアスタイルのアレンジを楽しめ、髪にボリュームを持たせることもできますが、大切なのは頭皮を健康な状態に保つことです。

健やかな頭皮からは健やかな髪が育つので、頭皮にやさしい育毛剤などを使用するのが効果的です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む