セラミドは肌の保湿やバリア機能の役割があるので頭皮の乾燥予防には大切です


頭皮だけではなく皮膚にはセラミドがあります。

このセラミドは細胞や水分をつなぐ役割を持っていると考えられており、また、外部からの異物を防ぐバリア機能も持っているのです。

セラミドが不足するとバリア機能も弱まり、肌荒れにつながりますが、逆に十分に満たされていれば、肌のうるおいを保つことができます。

このセラミド不足を予防するためには、使うシャンプーに注意する、ストレスがたまらないように発散する、睡眠不足や栄養バランスなどにも注意することが必要でしょう。

セラミドが不足するとバリア機能も潤いも低下すると言われています

頭皮の乾燥が気になりだしたら、セラミドを意識してください。

このセラミドは誰の肌にも存在している成分です。

肌には角層という層があり、そこには角層細胞が重なっている状態です。

その角層細胞と角層細胞のすき間にセラミドはあり、細胞や水分をつなぐ役割があるとも考えられています。

そしてセラミドは、外部からの異物が体内に侵入するのを防ぐバリアのような役割を持っているのです。

普通に生活をしているだけでも人間は乾燥やほこりという外部からの刺激物にさらされています。

セラミドが不足をするとバリア機能の働きは弱くなるため、ちょっとしたことでも外部からの異物によって肌が荒れることにつながると言われているのです。

またフケが生じやすくなる原因の一つも言われています。

しかしセラミドが満たされているなら肌も潤いも保持でき、外部からの刺激にも強い肌となることが考えられるのです。

これは頭皮だけではなく肌全体にも言えることです。

セラミドは人間の肌全体に必要な成分と言えるでしょう。

加齢や洗浄力の強いシャンプーでもセラミドは減ると言われています


セラミドが不足する原因は複数ありますが、その中の一つに加齢があると考えられています。

年齢を重ねる内にセラミドは減っていき、50代にもなれば20代と比較をすると約半分も減少していると言われているぐらいです。

そのため年齢を重ねて来たら、セラミドを減らさない生活習慣で対策をする必要があるでしょう。

たとえば汚れの洗浄だけ意識して洗浄力の強すぎるシャンプーは少し控えた方が良いと言われています。

皮脂は大量にあると頭皮環境の悪化につながるのですが、少ない場合でも問題が生じると考えられているからです。

洗浄力の強いシャンプーは必要な皮脂まで洗い流してしまうのですが、同時にセラミドも流れる可能性が考えられています。

これは、汚れが落ちているような気分になるため、爪を立てて乱暴に頭皮を洗うという行為も同じと言われています。

そのためシャンプー選びや髪の洗い方についても注意しなければなりません。

また、ストレスも頭皮のターンオーバーに悪影響を与えると考えられています。

ターンオーバーによって肌がスムーズに古いものから新しいものに変わらなければ、セラミドが上手く作れなくなると言われています。

このターンオーバーに悪影響を与えるのはストレスだけではなく睡眠不足や紫外線などが挙げられるでしょう。

シャンプーを変えることや睡眠不足やストレスを改善することが大切です

セラミド不足による頭皮の乾燥を予防したいのでしたら、まず具体的な対策の一つとして、シャンプーを変えることが挙げられます。

特に洗浄力の高いものとして石油系の界面活性剤を使用しているものがあります。

洗浄力があるというのは良いことですが、強すぎることでバリア機能が低下し頭皮環境が悪化する原因の一つになるとも考えられているのです。

また、合成着色料や合成香料などが入っているのも控えた方が良いでしょう。

さらに、乾燥対策のために保湿成分が含まれているものを使用すると良いです。

ストレスにも注意してみてください。

睡眠不足などもストレスにつながりますのでしっかりと眠る必要があります。

ただ、まったくストレスがない状況をつくることは非常に難しいので、自分なりの発散方法を見つけておくのも良いでしょう。

ほかにも、頭皮の血流が滞ることで栄養不足になり、頭皮環境に悪影響を与えます。

そのため暴飲暴食などをせず、栄養バランスの整った食事を心がけるようにしましょう。

そして頭皮に良いシャンプーやコンディショナーなどを使用し、正しい方法で髪の毛を洗うことで頭皮の乾燥対策ができると言われています。

(まとめ)頭皮の乾燥予防はセラミドが重要って本当?

1.セラミドは肌の保湿やバリア機能の役割があるので頭皮の乾燥予防には大切です

セラミドは頭皮だけではなく肌の保湿やバリア機能として重要な役割を持っています。

不足するとバリア機能も弱まり、肌荒れにもつながるのです。

セラミド不足を予防するなら使うシャンプーや生活習慣に注意してください。

2.セラミドが不足するとバリア機能も潤いも低下すると言われています

セラミドは肌の角層細胞のすき間にあり、外部からの異物を防ぐバリア機能や、うるおいを保つ役割などを持っていると言われています。

セラミドが不足すると、肌が荒れやすくなってしまうのですが、これは頭皮だけでなく肌全体に共通して言えることです。

3.加齢や洗浄力の強いシャンプーでもセラミドは減ると言われています

セラミドが不足する原因は複数あり、その中の一つに加齢が挙げられます。

そのため年齢が高くなるとセラミドが減らない生活習慣で対策を考えましょう。

たとえば、洗浄力の強すぎるシャンプーは控えるなどが挙げられます。

4.シャンプーを変えることや睡眠不足やストレスを改善することが大切です

セラミド不足による頭皮の乾燥を予防したいなら、具体的にはシャンプーを変えることが挙げられます。

また、合成着色力などが含まれているものも注意してください。

そして生活習慣やストレスや栄養バランスに気をつけることで対策が期待できます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む