あります、生理前は体臭が強くなる傾向があります


女性の体は、女性ホルモンの影響を大きく受けています。

もちろん、頭皮の状態も女性ホルモンの働きに左右されます。

とくに生理前は、女性ホルモンの影響を受け、皮脂の分泌量が増えます。

この皮脂があまりに増えると、皮脂腺の出口が詰まり、それが酸化して臭いを出すことがあります。

これが原因で、生理前になると体臭を強く感じてしまうのです。

さらに生理前は、肌トラブルを起こしやすく、頭皮のバリア機能も乱れがちです。

頭皮は、脂っぽい状態でも乾燥した状態でも、臭いの原因になります。

大切なのは、必要な皮脂を残し、余分な皮脂をとりすぎないように汚れを落とすことです。

また、頭皮の臭いと嗅覚の変化も関係があります。

たとえば、風邪を引いて鼻が詰まると食べ物の臭いを感じないように、嗅覚は体調やストレスによって感じ方が変わります。

さらに、嗅覚の能力は「人種」「性別」「年齢」などによって個人差があります。

一般的に、女性は男性の嗅覚よりも敏感で、生理中は鈍くなるといわれています。

頭皮の臭いが気になるときは、まずは自分の生理のリズムを確認しましょう。

そして、肌が敏感になりやすい生理前は、低刺激で保湿性の高いシャンプーを選ぶなど生理周期に合わせたケアが必要です。

個人差がありますが、生理周期によって体臭が変化します

生理周期は、女性ホルモンの分泌量によって変化しています。

女性ホルモンとは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモンのことをいいます。

まず、ひとつめの「エストロゲン」は、生理が終わり頃から排卵期にかけて分泌量が増えていきます。

このエストロゲンには、女性の魅力を最大限に引き出すような力があります。

エストロゲンの分泌量がピークを迎える頃には、体調も安定し、肌トラブルが起きにくい時期です。

一方の「プロゲステロン」は、排卵後から次の生理にかけて分泌量が増えていきます。

プロゲステロンは、妊娠や出産を助ける力があり、体温を上げる、水分や栄養を溜めこむなどの働きをします。

この働きから、女性の体はむくみや便秘になったり、イライラしたり、体も心も不安定になります。

さらに、肌も影響を受け、皮脂の分泌量が増えてしまいます。

その結果、生理前になるとニキビができたり敏感肌になったり、頭皮もバリア機能が乱れたりするのです。

このようなときは、比較的刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使用することがおすすめです。

更年期による汗は、汗そのものが臭いやすくなります


更年期になると、前触れもなく急に汗をかくことということがしばしば起こります。

これも、頭皮に臭いと関係しているかもしれません。

更年期になると、卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。

この影響は、自律神経にも大きな影響を与えます。

自律神経は、「内臓」「血圧」「体温調整」などを自動的にコントロールする働きがあります。

汗が出ることも、この働きのひとつです。

そのため、更年期から自律神経のバランスが乱れ、急に汗をかくという現象が起こるのです。

また、更年期の汗は、運動をしてかくサラサラとした汗とは異なります。

更年期の汗は、手足にはほとんどかかず、「顔」「首」「胸」などに汗をかき、濃厚でベタベタした蒸発にくい汗です。

さらに、更年期は体温調節の働きが鈍いため、汗をかき続けることになります。

その結果、汗そのものが臭いやすくなるのです。

それでも、汗はすぐに拭けば臭いは出ません。

汗が出たこと自体に緊張して、さらに汗が出るという場合もあるため、まずは深呼吸して落ち着きましょう。

そして、汗をハンカチや濡れタオルで拭き取り、頭皮もその日のうちにシャンプーして、清潔に保つようにして下さい。

臭いを強く感じる場合、嗅覚の変化も関係しています

頭皮の臭いを強く感じる場合、嗅覚の変化も関係しているかもしれません。

嗅覚とは、臭いを感じる感覚のことです。

私たちは、たくさんの臭いの中で生活していますが、それが何の臭いなのか瞬時に嗅ぎ分けることができます。

これは、嗅覚の働きによるものです。

私たちは、何かしらの臭いを嗅ぐと、その臭いの成分が鼻を通り、鼻の中にある細胞を刺激します。

すると、その細胞は臭いの情報を電気信号に変えて脳へと伝わり、それが何の臭いなのかわかるというわけです。

しかし、臭いはその「種類」「強さ」「広がり」「自分の好みかどうか」によっても、反応が異なります。

一般的に、嗅覚は加齢とともに低下し、ストレスや体調不良によっても感じ方が変化します。

とくに、女性の嗅覚は男性よりも敏感で、ホルモンの分泌とも関係があります。

女性は、排卵日前後になると嗅覚が敏感になり、生理時には鈍感になるといわれています。

また、妊娠中にも嗅覚が敏感になります。

(まとめ)頭皮の臭いを強く感じるのは、生理に関係がありますか?

1. あります、生理前は体臭が強くなる傾向があります

女性の体は、女性ホルモンの影響を受け、皮脂量や嗅覚が変化し頭皮の臭いが強くなることがあります。

脂っぽい頭皮でも乾燥した頭皮でも、臭いの原因になるため、肌が敏感になる生理前は、低刺激で保湿性の高いシャンプーを選ぶなど生理周期に合わせたケアが必要です。

2. 個人差がありますが、生理周期によって体臭が変化します

生理前は、女性ホルモンの影響を受け、皮脂の分泌量が増えます。

皮脂量が増えすぎると皮脂腺の出口が詰まり、それが酸化して臭いが出ることがあります。

その結果、生理前になると体臭が強く感じるとともに頭皮の臭いも強く感じてしまうのです。

3. 更年期による汗は、汗そのものが臭いやすくなります

更年期に急に出るような汗は、ベタベタした蒸発にくい汗で、汗そのものが臭いやすいものです。

臭いを防ぐために、汗はハンカチや濡れタオルで拭き取り、頭皮もその日のうちにシャンプーして、清潔に保つようにしましょう。

4. 臭いを強く感じる場合、嗅覚の変化も関係しています

一般的に嗅覚は、加齢とともに低下し、ストレスや体調不良によっても感じ方が変化します。

女性は、排卵日前後になると嗅覚が敏感になり、生理時には鈍感になるといわれています。

妊娠中にも嗅覚が敏感になります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む