夏です、季節によって変化する肌質を考え頭皮ケアしましょう


頭皮の状態は、食事やストレスなどの生活習慣、体調などさまざまな要因が積み重なって変化します。

また、春、夏、秋、冬と四季の変化がはっきりしている日本では、季節による影響も大きいものです。

とくに夏は、汗や皮脂の分泌が盛んになるため、頭皮が臭いやすくなる季節です。

しかし、暑い日に出る汗を毛嫌いしてはいけません。

それは健康を維持するために人が備えている「ホメオスタシス」という働きだからです。

「ホメオスタシス」という言葉をはじめて聞く方も多いでしょう。

具体的に説明すると、「ホメオスタシス」とは「生体恒常性」とも呼ばれ、体内のバランスを保とうする働きのことをいいます。

たとえば、夏の暑い日に汗をかいて体を冷やし、体温を一定に保とうとしたり、逆に冬の寒い日には鳥肌を立てることで熱を逃さないようにしたりします。

このホメオスタシスがあるからこそ、私たちはどんな環境でも適応できるのです。

そして頭皮もまたホメオスタシスの影響を受けています。

頭皮は、汗や皮脂を出すことで、頭を含め体全体のバランスを保っているのです。

つまり、ホメオスタシスを高めることが、頭皮環境を整える近道になります。

さらに季節によって変化する肌質を知り、それに合わせたお手入れを実践していくことが大切です。

体の内側から見直し、ホメオスタシスを高める

体の不調を取り除かない限り、頭皮トラブルや臭いの問題は解消しません。

いくら頭皮に良いシャンプーを使っても、どんなに高級な育毛剤を使っても、無意味です。

まずは体の内側から見直し、本来、人が備えている機能「ホメオスタシス」を高めることです。

では、ホメオスタシスを高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、食事、睡眠、運動、入浴など生活の中で少しだけ意識的に行うことです。

たとえば、オフィスではエレベーターではなく階段を使用するなど、自分のできることからはじめましょう。

自分のライフスタイルに合わせて、継続することが大切です。

食事
  • 良質なたんぱく質を摂る
  • 食物繊維や乳酸菌で腸内環境を整える
  • ビタミンやミネラルを摂取して、新陳代謝をスムーズにする
  • よく噛んで食べる
  • 無理なダイエットはしない
睡眠
  • 寝る前はスマホをオフにする
  • リラックスできる環境をつくる
  • 寝る3時間前から食事を摂らない
運動
  • ウォーキングなど体を動かす機会を増やす
  • オフィスでもこまめにストレッチする
入浴
  • 半身浴で冷えから体を守る
  • お風呂に浸かっている間に、マッサージする

夏の暑い時期は、汗を拭くことを習慣にする


暑いときに頭皮から出る、大量の汗や皮脂ですが、これは「ホメオスタシス」が正常に機能している証拠でもあります。

つまり、汗は自分自身で体を守ろうとする反応で、防ぐことができないのです。

それでも汗から発生する臭いは予防できます。

そもそも汗自体は無臭です。

汗は、そのまま放置することで臭いが発生してしまうのです。

具体的には、皮膚いる菌が、放置された汗や皮脂が食べ、悪臭を放つ脂肪酸を作り出し、不快な臭いを発生させます。

臭い対策としては、清潔なハンカチや濡れタオルで汗を拭き取ることです。

実は、夏は汗をよくかくのにもかかわらず、拭き忘れることが多いのです。

たとえば外出中に汗をかいたとしても、室内の冷房で汗が引きます。

その結果、一度かいた汗が皮膚の表面に残り、それをエサに菌が増えて、知らず知らずのうちに臭いが発生してしまうのです。

臭いをつくらないために、汗を拭くことを習慣にしましょう。

あらかじめ、衣類に消臭スプレーしておくこともおすすめです。

春は花粉に注意する&秋冬は乾燥や血行不良対策を

では、夏以外の季節はどのようなことに注意するべきでしょうか。

春は、気温や天候の変化が激しい時期です。

体はその変化に追いつけず、体調もそして頭皮も不安定になりやすいものです。

また、花粉症に悩ませる方が増える時期でもあります。

普段使用しているシャンプーでも、皮膚がデリケートになり、刺激を感じることさえあります。

もし体調の変化や花粉の影響から、敏感肌に傾く場合は、洗浄力の弱いタイプのアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

頭皮の臭いの原因には、洗い過ぎによるものを多いため、しっかり洗うのではなく、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

さて、秋から冬は、空気が乾燥して頭皮もカサカサしやすくなる時期です。

頭皮には、頭皮用のローションがあります。

保湿ケアも適度に行い、肌のバリア機能を高めてあげましょう。

また、冷えは血行不良を招き、新陳代謝を悪くします。

できるだけ体を動かし、ビタミンEなど血行をスムーズにするようなものを積極的に食べましょう。

とくに寒い日は、冷たい外気に直接さらされる頭を守るために、帽子を使用することもおすすめです。

(まとめ)頭皮が臭いやすい季節はありますか?

1. 夏です、季節によって変化する肌質を考え頭皮ケアしましょう

汗や皮脂の分泌が盛んな夏は、頭皮の臭いが気になる季節です。

毛嫌いされやすい汗ですが、これは「ホメオスタシス」という体の大切な働きから起こる現象です。

頭皮の臭いは、季節によって変化する肌質を知り、季節ごとのお手入れを見直すことが重要です。

2. 体の内側から見直し、ホメオスタシスを高める

体の不調を取り除かない限り、頭皮トラブルや臭いの問題は解決しません。

まずは、体の内側から見直しましょう。

頭皮環境をよくするためには、食事、睡眠、運動、入浴などを意識的に行い、「ホメオスタシス」を高めることが大切です。

3. 夏の暑い時期は、汗を拭くことを習慣にする

頭皮の臭いは、放置された汗や皮脂を菌が食べ、悪臭を放つ脂肪酸を作り出すことで発生します。

とくに夏は、外出中に汗をかいたとしても、室内の冷房で汗が引き、拭き忘れてしまうことが多くなります。

清潔なハンカチや濡れタオルで、汗を拭き取ることを習慣にしましょう。

4. 春は花粉に注意する&秋冬は乾燥や血行不良対策を

春は体調不良や花粉の影響から敏感肌に傾く場合があります。

そのときは、洗浄力の弱いタイプのアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

秋冬はローションで保湿したり、帽子でかぶったり、乾燥や冷えからくる血行不良に注意しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む