運動は汗腺の機能を高め、頭皮の臭い予防に役立ちます


運動をすると大量の汗をかくため「頭皮が汗臭い」と感じる人も多いはずです。

しかし、かいたばかりの汗は無臭です。

そのため、汗をかいても、こまめに拭き取ることで臭いを予防できます。

また、汗を拭き取るとき、吸収性の良い素材を選んだり、濡れタオルを使用したりすると、皮脂や雑菌もきれいに拭き取れ清潔を維持できます。

では、なぜ「汗が臭い」と感じるのでしょうか。

それは汗が人にとって排出物だからです。

人は排出物に対して、「汚い」「臭い」など悪いイメージを持ちやすく、汗が臭いと感じやすいのです。

汗や臭い対して、神経質になり過ぎないように注意しましょう。

さて、運動は全身にさまざまな良い効果をもたらします。

まず、運動をすると汗を出す汗腺の機能が高まり、サラリとしたいい汗をかけるようになります。

これは、頭皮の臭い予防にも役立ちます。

逆に、運動不足になると、汗に臭いを発生させる物質が混ざり、不快な臭いを発生しやすくします。

汗の臭いを恐れず、こまめに運動をして頭皮環境を整えましょう。

汗腺は再吸収という機能があり、血液から汗をつくります

汗には、「いい汗」と「悪い汗」の2つのタイプがあります。

ひとつめの「いい汗」とは、臭いのない、サラリとした水のような汗です。

もう一方の「悪い汗」とは、臭いを発生させる物質が混ざった、ベタベタとした濃い汗です。

汗は、水分を蒸発させて体温を一定に保つ重要な働きをしています。

では、その汗はどのようにつくられているのでしょうか。

その答えは、汗腺という場所で、血液からつくり出しているのです。

しかし、血液の中には、酸素、ミネラル、ホルモン、免疫物質、老廃物などさまざまな物質が含まれています。

もし、これらが汗と一緒にすべて出てしまったら、生命を維持することができません。

そこで、汗腺には「再吸収」と呼ばれる機能が備わっています。

これは、くみ取った血液の中から体に必要な物を血管に戻し、必要のない物を汗として出すという機能です。

しかし、この機能は、運動不足など汗をかかないような生活を繰り返していると低下してしまいます。

すると、ミネラルなどを含んだベタベタとした悪い汗をかくようになり、臭いが発生してしまうのです。

そのため、運動をして汗腺の機能を高めることが大切です。

適度な運動をすると、いい汗をかけるようになります。

日頃から運動をして、汗の臭いをコントロールしましょう。

運動は全身への効果があり、ストレス解消にも有効です


頭皮の下には、筋肉がありません。

しかも、頭皮は、体の中でも高い位置にあるため、もともと血流が悪く、栄養分も届きにくい場所です。

そのため運動をして、血行を良くすることも頭皮にとっては良いのです。

また、適度な運動を続けると、体の基礎的な働きを高めることができ、さまざまな効果が期待できます。

運動による全身への効果

  • 免疫機能の強化
  • 生活習慣病予防
  • 骨粗鬆症予防
  • 基礎代謝量の上昇
  • 自律神経機能の改善
  • 血行促進
  • 食欲増進
  • 便秘解消
  • 筋肉維持&強化など

さらに運動はストレス解消にも有効です。

運動すると心地の良い疲労感が生まれ、リラックスやリフレッシュを感じることができます。

たとえば、家事や育児に追われて疲れている人、仕事で神経を使うような細かい作業が多い人は、とにかく体を休めようと、うちでゆっくり寝ているという人もいるでしょう。

しかし、実はその逆で、運動することで心の緊張がほぐされ、ストレス発散につながる場合もあります。

人によって、ストレス解消法が違いますが、運動することもひとつの方法です。

こまめに体を動かして、普段の動作や行動も意識しましょう

運動が体に良いと分かっていても、仕事で忙しかったり、家事や育児に追われていたりと「運動する時間ない」という人も多いはずです。

さらに、最近ではインターネットやスマートフォンの普及したため、家にいても買い物などを手軽に楽しめるようになり、外出しないという人が増えています。

では、どのような運動が効率的なのでしょうか。

まず、運動には2種類のタイプがあります。

ひとつめは、全力疾走や筋肉トレーニングなどの無酸素運動です。

無酸素運動は、激しい動きを短時間に行う運動です。

もうひとつは、ウォーキングや軽いジョギング、マイペースな水泳などの有酸素運動です。

有酸素運動は、比較的弱い動きをある程度の時間継続して行う運動です。

おすすめなのは、誰にでも受け入れられやすい有酸素運動です。

有酸素運動は、血液循環の促進や生活習慣病予防の効果があるといわれています。

とくにおすすめしたいのが15分以上のウォーキングです。

ウォーキングは、心の安定につながるというセロトニンというホルモンが分泌され、イライラの軽減に役立ちます。

それでも、運動が苦手という人は、「歯磨き中や料理中など足首を上げてつま先立ちをする」「バスや電車では座席に座らずに立つ」「お風呂にゆっくり浸かる」など普段の動作や行動を意識してみましょう。

(まとめ)気になる頭皮の臭いと運動には関係がありますか?

1. 運動は汗腺の機能を高め、頭皮の臭い予防に役立ちます

運動をすると、汗を出す汗腺の機能が高まり、臭いのないサラリとしたいい汗が出るようになります。

逆に、運動不足になると、汗に臭いを発生させる物質が混ざり、不快な臭いを発生しやすくします。

汗の臭いを恐れず、こまめに運動をして頭皮環境を整えましょう。

2. 汗腺は再吸収という機能があり、血液から汗をつくります

汗腺には、くみ取った血液の中から体に必要な物を血管に戻し、必要のない水分を汗として出す「再吸収」という機能があります。

しかし、運動不足などで汗をかかないでいると、この機能が低下して臭いのある悪い汗を発生させてしまいます。

3. 運動は全身への効果があり、ストレス解消にも有効です

頭皮は、筋肉がなく、もともと血流が悪いため、栄養分が届きにくい場所にあります。

そのため、運動をして血流を促進させることが大切です。

また、適度な運動を続けると、体の基礎的な働きを高めることができ、ストレス解消にも有効です。

4. こまめに体を動かして、普段の動作や行動も意識しましょう

運動には、有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動には、血液循環の促進や生活習慣病予防の効果があるといわれています。

運動が苦手という人は、「つま先立ちをする」「バスや電車では座席に座らずに立つ」など身近なところからはじめてみましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む