ドライヤーで乾かした方が、頭皮の乾燥やかゆみを防げます


「ドライヤーで乾かすと、乾燥して髪の毛が傷む」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

確かにドライヤーの熱風で髪の毛は傷みます。

しかし、髪の毛を濡れたままにして放置している方が、ドライヤーの熱よりも悪影響が多いのです。

その理由は雑菌。

ドライヤーを使わずに自然乾燥する場合、頭皮も髪の毛も長時間に亘って、濡れた状態が続くことになります。

その間、頭皮は蒸れて湿度の高い環境になるので、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

そのため、髪の毛を長時間濡れたまま放置しておくことは頭皮の炎症を誘引し、かゆみや嫌なニオイの原因となります。

ドライヤーで乾かさないと、頭皮はかゆくなります

シャンプー後の頭皮は濡れた髪の毛で覆われているために、乾くまで湿った状態が続きます。

頭皮には複数の皮膚常在菌がいますが、健やかな頭皮を維持していくために必要なものなので普段はトラブルの元にはなりません。

しかし、脂漏性皮膚炎などを引き起こす原因となる一部の真菌は、湿った環境が大好きなのです。

そのため、髪の毛が濡れたまま長時間過ごしていると、頭皮では真菌が増殖をしていき、ニオイ、炎症、かゆみの原因になってしまいます。

もちろん、ドライヤーの使い過ぎは乾燥を引き起こす原因になりますので問題です。

でも、上手に使いこなせば短時間で頭皮を乾燥させることができ、菌の繁殖を防ぐことができるようになります。

自然乾燥は、頭皮や髪の毛へのダメージ大です


自然乾燥とは、頭を洗った後にドライヤーを使わずに乾かすことです。

「ドライヤーは髪にダメージを与える」と言われているため、タオルドライのみで自然乾燥なさる方も結構多いのではないでしょうか。

しかし、実は自然乾燥でもドライヤーとは異なるダメージが発生してしまいます。

髪の毛は「キューティクル」というウロコ状の組織で守られていて、そのおかげでツヤツヤとした美しい髪の毛になっています。

健康な髪の毛の場合、キューティクルがきれいに下を向いて並び、蓋のようになって内部の水分蒸発を防いでくれるのです。

しかし、濡れた状態ではキューティクルが閉じないため、乾くまでの間にどんどん水分が蒸発して逃げ出してしまう結果に。

内部の水分がなくなった毛髪は、乾燥してツヤのない状態になってしまうのです。

また、キューティクルは濡れた状態だと傷つきやすくなっています。

自然乾燥の場合、どうしても乾くまでに時間がかかってしまうので、傷つく可能性が高くなるのです。

一度傷ついたキューティクルは修復不可能なため、パサパサしたツヤのない髪の毛になりがちです。

頭皮を守るために、正しく髪を乾かしましょう

シャンプー後の濡れた髪の毛を守るために、ドライヤーで手早く乾かすことが大切です。

しかし、正しい乾かし方をしないと、ドライヤーの熱でかえって傷んでしまうのも事実。

頭皮と髪を守るために、正しい髪の乾かし方をしていただく必要があります。

ドライヤーの前にタオルドライをしましょう

濡れた髪の毛はキューティクルが傷つきやすくなっていますので、ゴシゴシと力任せに拭くのはNGです。

まず、タオルを持った手で頭全体をやさしく包み込みこみ、根元の水分を先に吸い取ります。

その後、タオルで挟み込むようにして毛先までポンポンと叩くように水分を吸い取って下さい。

ドライヤーの使い方のコツ

タオルドライである程度の水分がなくなったら、ようやくドライヤーの出番です。

ドライヤーは頭から10 cm以上離した位置から使います。

キューティクルを閉じたいので上から下へ、風が髪の根元に当たるように調節して下さい。

イメージとしては、髪の毛を乾かすというよりも、頭皮を乾かす感じです。

菌の繁殖を防ぐためにも、髪のダメージを防ぐためにも、できるだけ短時間で乾かすことが理想です。

なお、開いたキューティクルは熱を当てることで閉じてくれるので、温風で9割程度乾かしてから冷風で引き締めるようにすると更に効果が期待できます。

(まとめ)ドライヤーを使うと、頭皮が乾燥してかゆみが出るって本当?

1. ドライヤーで乾かした方が、頭皮の乾燥やかゆみを防げます

昔から「ドライヤーの熱は髪を傷つける」というイメージが強いのですが、濡れたまま長時間放置している方が髪にとってはよくありません。

湿った頭皮は雑菌を繁殖させるので、かゆみやニオイの原因になります。

2. ドライヤーで乾かさないと、頭皮はかゆくなります

シャンプー後の頭皮は濡れた髪の毛で覆われているので、乾かず湿った環境が続きます。

頭皮の皮膚常在菌の一部は湿った環境で繁殖しやすくなり、かゆみの原因になります。

短時間で頭皮を乾燥させることが大切です。

3. 自然乾燥は、頭皮や髪の毛へのダメージ大です

髪の毛を自然乾燥させる場合、ドライヤーとは異なるダメージが発生します。

髪を保護しているキューティクルは濡れた状態だと開いていて傷つきやすいため、水分が蒸発してパサパサしたツヤのない髪の毛になりがちです。

4. 頭皮を守るために、正しく髪を乾かしましょう

頭皮や髪の毛を守るために、髪の毛ではなく頭皮を乾かす必要があります。

タオルドライである程度水分をとってから、一気にドライヤーで乾かすのが理想的です。

温風で9割ほど乾かし、冷風で引き締めると効果的です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む