頭皮の気になるニオイは、汚れだけのせいではありません


頭が臭いのは汚れているせいだと思われがちですが、必ずしも「頭皮の汚れ=ニオイの原因」とういうわけではありません。

実は、頭皮の嫌なニオイの原因は2種類あります。

ひとつは「細菌の増殖」、もうひとつは「皮脂の酸化」です。

頭皮には皮膚常在菌といわれる菌が生息しています。

しかし、一部の菌が増殖し過ぎるとバランスを崩し、ニオイが気になるようになるのです。

また、古くなった油のような嫌なニオイの場合は、皮脂の酸化が原因。

過度なストレスや喫煙、アルコールなどが原因で、皮脂の酸化が促進されてしまうことがあります。

どちらの場合も皮脂の過剰分泌がニオイを悪化させる原因になるので、気になりだしたら頭皮環境を整えることが大切です。

細菌が異常繁殖しないようにする必要があります

頭皮のニオイの原因が汚れであるという説明は、あながち間違いでもありません。

しかし、厳密にいうと汚れそのもののせいでニオイが発生するのではありません。

根本的な原因は、付着した汚れによって頭皮が炎症をおこしてしまっていること。

頭皮にホコリや古い表皮などの汚れが溜まってくると、毛穴を詰まらせてしまいます。

その結果、詰まった毛穴が炎症をおこし、細菌を繁殖させて嫌なニオイがするようになるのです。

更に、皮脂が過剰分泌されてしまっている場合、皮脂をエサとする細菌が繁殖しやすくなり、頭皮が炎症をおこしがちになります。

皮脂が酸化しやすくなる主な原因はストレスです


キッチンで使う食用油が古くなると、嫌なニオイがする時がありませんか?

あのニオイの原因は、油の酸化です。

人の体から分泌される脂も同様で、皮脂が酸化するとニオイを発するようになります。

皮脂が酸化する原因を作っている活性酸素は、体内で酸素を使うと自然に発生してしまうものです。

活性酸素はウィルスや菌から体を守る働きを持っている反面、量が増え過ぎると体内のあちこちを酸化させて老化や病気の原因にもなってしまいます。

そのため、過剰に発生させないことが重要です。

人はストレスによって負荷がかかると、体内で大量の活性酸素が発生しやすくなります。

その結果、皮脂が酸化してニオイが強くなってしまうことも。

そのため、活性酸素の過剰発生を防ぐためには、ストレス過多に気をつける必要があります。

皮脂が出やすくなる3つの主な原因

毎日の皮脂汚れ

毎日ちゃんと洗っているのにニオイが気になる方は、もしかして朝シャン派ではありませんか?

朝のシャンプーはとスッキリした頭で出かけられるので良いように思われますが、実はそれがかえって良くない結果になっていることがあります。

夜の10時から翌2時までが頭皮にとって新陳代謝が1番活発な時間帯です。

その時に、頭皮の汚れが付着したままになっていると、汚れで妨げられてしまうので正常な代謝ができなくなってしまうことがあります。

そのため、できることならば就寝前のシャンプーがおすすめです。

シャンプーをし過ぎている

頭皮のニオイが気になって、1日に何度もシャンプー剤を使っていたりしませんか?

必要以上に皮脂を洗い流すと、頭皮が乾燥してしまいます。

その結果、乾燥を防ごうとして頭皮はいつも以上に皮脂を分泌するようになってしまうのです。

ニオイが気になって何度もシャンプーをする行為は逆効果。

よけいに頭皮がべたついたり、炎症をおこしやすくなったりしてしまいます。

食生活の乱れ

食生活の乱れも、頭皮に悪影響を与えます。

肉類や揚げ物、ジャンクフードなどの脂が多い食べ物ばかり食べていると、過剰分が皮脂として体外に分泌されてしまうのです。

また、皮脂の酸化を促進する活性酸素の発生を防ぐためにも、抗酸化物質が体内で作られるような食事がおすすめ。

例えば、緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンC、E、βカロチンは脂質の酸化を防ぐ効果があります。

また、バナナ、キャベツ、ニンニク、生姜なども抗酸化作用が高いことで有名です。

皮脂を余分に溜めないことと、抗酸化作用が高い食べ物を摂取することで、ニオイの発生を防ぐことができます。

(まとめ)頭皮の気になるニオイは汚れのせい?

1. 頭皮の気になるニオイは、汚れだけのせいではありません

頭が汚れているとニオイが気になるようになるものと思われがちですが、本当の原因は「細菌の増殖」と「皮脂の酸化」です。

どちらも皮脂が過剰分泌されていると、ニオイの発生を促しやすくなるので気をつける必要があります。

2. 細菌が異常繁殖しないようにする必要があります

頭皮に汚れや古い表皮が溜まっていると、毛穴を詰まらせて炎症をおこしやすくなってしまいます。

バリア機能が弱まった頭皮は、皮膚常在菌のバランスを崩し、一部の細菌だけが増殖してしまってニオイの元になります。

3. 皮脂が酸化しやすくなる主な原因はストレスです

古くなった油のようなニオイがしたら、皮脂の酸化が原因です。

強いストレスを受けると、体内では酸化を促す活性酸素の働きが活発になってしまいます。

活性酸素が増えると皮脂が酸化しやすくなるので注意が必要です。

4. 皮脂が出やすくなる3つの主な原因

ニオイの原因となる「細菌の増殖」も「皮脂の酸化」も、皮脂の過剰分泌のせいで悪化します。

皮脂が余分に分泌されないよう、頭皮環境を整えたり、揚げ物やジャンクフードなどの脂の多い食事を避けたりするようしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む