洗髪後に時間が経つと頭皮に汚れが溜まり臭うことがあります


前日に洗髪をせずに過ごしていたら、時間が経つにつれて頭皮のニオイが気になってきた…というような経験はありませんか?

そして、そんなときは同時に、髪の毛が皮脂でベタついているのも気になるのではないでしょうか。

頭皮は汗をかいたり、皮脂を分泌したりしています。

そのような汗や余分な皮脂を日々の洗髪で洗い流しているのですが、洗髪から時間が経過すると、また汗や皮脂が溜まってくるのです。

この汗や皮脂は長時間放置されると酸化します。

そうなると、酸化した汗や皮脂を養分にして、菌が繁殖を始めます。

その菌が、不快なニオイの成分であるノネナールを発生してしまうのです。

頭皮に菌が増殖して臭ってきた状態を放置すると、さらに菌が増えてニオイも強まっていきます。

ですから、きちんと洗髪を行い、頭皮に溜まった汗や皮脂を洗い流すことが大切です。

一日一度は洗髪をしたいものですが、とくに、夜寝る前に髪を洗い、日中に溜まった汚れを落とすのが効果的です。

頭皮を清潔に保つよう心がけ、ニオイの予防に努めましょう。

間違った洗髪方法では頭皮の汚れを取り除けません

正しい方法での洗髪が大切

毎日洗髪をしても洗い方がよくないと、頭皮の汚れを落としきることができません。

そうなると、こまめに洗髪をしていても、頭皮に余分な皮脂などの汚れが残ってしまい、雑菌の繁殖を防ぐことができず、ニオイが発生することがあります。

日々の洗髪を、正しい方法で行うことが大切なのです。

洗髪前のブラッシングや予洗いが効果的

それでは、どのように洗髪を行えば、しっかりと汚れを落とすことができるのでしょうか。

まず、頭皮の汚れを落としやすくするために、髪をぬらす前にブラシで解きほぐしておくとよいでしょう。

そして、シャンプー剤をつける前に、お湯だけで頭皮を洗い流す予洗いを2分程度行ってください。

予洗いで汚れを大まかに洗い流したら、シャンプー剤を手のひらでよく泡立ててから髪や頭皮につけます。

頭皮を洗うときは、指の腹で優しくマッサージするように行うのがコツです。

洗髪時の流し残しに注意しヘアドライは速やかに行いましょう

洗髪時のすすぎは念入りに

洗髪時には、シャンプー剤やコンディショナー、トリートメント等はしっかりとすすいで流しきってください。

髪や頭皮にシャンプー剤などが残っていると、菌の養分になり繁殖を促してしまいます。

そうなると、洗髪時の流し残しが頭皮のニオイの原因となってしまいますので、注意をしましょう。

洗髪後はすぐにヘアドライを

髪や頭皮がぬれた状態のときは、菌が繁殖しやすくなっています。

そのため、洗髪を終えた髪をそのままにしておくと頭皮の菌が増え、ニオイの元となってしまうことがあります。

洗髪を終えたらぬれた髪は放置せず、すぐにヘアドライをしましょう。

その際には、ドライヤーを使って手早く乾かしてください。

自然乾燥は髪が乾ききるまでに時間を要するため、菌が繁殖する危険があるので避けましょう。

頭皮の乾燥がニオイの原因となることもあります

頭皮の過度な乾燥にも注意

ぬれた状態の頭皮は、菌が繁殖しやすくニオイの原因となることがあると述べましたが、その逆に乾燥のし過ぎから頭皮が臭ってしまうことがあります。

頭皮が乾燥し過ぎてしまうと、それを補おうとして、皮脂分泌が活発になります。

そうなると、頭皮は、皮脂過剰をおこしやすくなるのです。

頭皮の皮脂が過剰だと菌が繁殖しやすい環境となり、ニオイが発生する危険が高まってしまいます。

ですから、乾燥しがちな冬場には、頭皮の状態をこまめにチェックするなど、とくに乾燥に注意をしたいものです。

また、ドライヤーでの乾燥のし過ぎもよくありません。

ドライヤーの熱風を同じ個所にあて続けるのは避け、排風口と頭部は15 cm以上離して使用するなどして、過度な乾燥はしないように気をつけましょう。

(まとめ)洗髪してから時間が経つと頭皮のニオイが発生するって本当?

1. 洗髪後に時間が経つと頭皮に汚れが溜まり臭うことがあります

洗髪することで頭皮に溜まった汗や皮脂が洗い流されるのですが、時間が経つとまた皮脂や汗が頭皮に溜まっていきます。

洗髪を怠ると頭皮に溜まった皮脂や汗を養分にして、菌が繁殖します。

その菌がノネナールという悪臭の成分をつくり出すため、洗髪してから時間が経過した頭皮はニオイやすくなるのです。

2. 間違った洗髪方法では頭皮の汚れを取り除けません

洗髪の方法がよくないと、頭皮の汚れを落としきれないことがあります。

効率よく頭皮の汚れを落とすには、洗髪前にブラシで髪を解きほぐしておき、シャンプー剤を使う前にお湯だけで予洗いをするとよいでしょう。

また、シャンプー剤は頭につける前に予めよく泡立てておき、頭皮を洗う際には指の腹で優しくマッサージするように行ってください。

3. 洗髪時の流し残しに注意しヘアドライは速やかに行いましょう

洗髪後にシャンプー剤やコンディショナー等が髪や頭皮に残っていると、それらが養分となって雑菌の繁殖を促しニオイの元となってしまいます。

ですから、すすぎはしっかりと行ってください。

また、ぬれた状態の頭皮は菌が繁殖しやすいので、洗髪後はドライヤーを使い、速やかにヘアドライをしましょう。

4. 頭皮の乾燥がニオイの原因となることもあります

頭皮の乾燥のし過ぎが、不快なニオイを招くことがあります。

頭皮は乾燥すると、それを補うために皮脂を多く分泌させます。

そうなると皮脂過剰をおこしやすく、余分な皮脂によりニオイの元となる雑菌が増殖することがあります。

冬の乾燥や、ドライヤーでの乾かし過ぎに注意をして、頭皮のニオイを予防しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む