夏の頭皮のニオイは、適切なヘアケアで対策をしましょう


夏は、汗をかく機会も多く、頭皮のニオイが気になる季節だと思います。

毎日シャンプーをしているのに、午後の早い時間帯から自分の頭皮のニオイが気になる、という方は、頭皮環境がよくない状態なのかもしれません。

頭皮には常在菌と呼ばれるいくつかの菌が存在していて、それらの量のバランスが保たれている状態であれば、頭皮は健康といえます。

シャンプーのしすぎや、逆に汚れが残っている状態が続くと、常在菌が減り過ぎたり増え過ぎたりして、過剰な皮脂の分泌へとつながることがあります。

この皮脂の過剰分泌が、ニオイのもとです。

また、夏はどうしても汗をかく機会が増えるので、汗と皮脂が混じり合うことで、さらにニオイの発生しやすい環境がつくられてしまうのです。

皮脂の分泌を正常に整えるために、スカルプケアのシャンプー・コンディショナーで頭皮環境をよくしてきましょう。

また、汗が出たときにはそのままにせず、髪の生え際や首筋、耳まわりなどをそっと拭き取る、ということもニオイ対策には効果的です。

ニオイの原因は頭皮環境の悪化と汗かもしれません

頭皮には、表皮ブドウ球菌や、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌やアクネ菌といった常在菌と呼ばれるいくつかの菌が存在しています。

これら常在菌の量のバランスが保たれている状態であれば、頭皮のターンオーバーが規則正しくおこなわれている、健康な頭皮といえます。

シャンプーのしすぎは常在菌の極端な減少につながり、逆に汚れが残っている状態は常在菌の増加へとつながる恐れがあります。

常在菌のバランスが崩れると、頭皮の過剰な皮脂の分泌が起こりやすくなります。

また、汗をかきやすい夏は、汗と皮脂が混じり合うことで雑菌の繁殖が加速し、さらにニオイの発生しやすい環境がつくられてしまうのです。

まずは頭皮環境を整えることが、一番の対策といえるでしょう。

適切なヘアケアで頭皮環境を整えましょう


皮脂の分泌を正常に整えるためには、スカルプケアのシャンプー・コンディショナーがおすすめです。

頭皮の毛穴の汚れやつまりは取り除きながら、必要な皮脂を取り過ぎないように研究されたスカルプケアのシャンプーの使用を続けることで、頭皮環境の改善がはかれるでしょう。

女性専用のスカルプケア用品も登場しています。

ニオイは女性ホルモンの減少ともかかわりがあるといわれています。

その女性ホルモンの役割を補ってくれる成分も配合されたヘアケア商品もあるようです。

また、洗髪後の自然乾燥は避けたほうがよいとされています。

髪だけでなく、頭皮が濡れたままの時間が長いと、その間に雑菌が増殖して、ニオイの発生が加速されてしまうからです。

適切なヘアケアで、ニオイの原因を取り除き、健康な頭皮を維持しましょう。

さっとひと拭きでニオイを軽減しましょう

夏はどうしても汗をかきやすくなります。

汗をかくこと自体は悪いことではありません。

むしろレジャーやスポーツで汗をしっかり出すことも、頭皮のつまりや老廃物を除去するためには効果的ともいえます。

お出かけの際、汗が出たときにはそのままにせず、額や首筋、耳まわりなど、髪の生え際をハンカチなどでそっと押さえるように拭き取りましょう。

顔・体用の汗取りシートを、頭皮にも使用することをすすめている化粧品メーカーもあるようです。

その際にも、ゴシゴシこするようなことはせず、髪の分け目をかえながらやさしくおこないましょう。

また、紫外線対策も、ニオイの軽減には重要といわれています。

紫外線によって、皮脂の酸化が加速するからです。

日差しの強い日中は、日傘や帽子を活用しましょう。

帽子はかぶり続けていると多汗やムレを引き起こしますから、気をつけてください。

(まとめ)夏の頭皮の臭いニオイ、どうにかならない?

1. 夏の頭皮のニオイは、適切なヘアケアで対策をしましょう

汗と皮脂が混じり合うことで、ニオイの発生しやすい環境がつくられてしまうことがあります。

スカルプケアのシャンプー・コンディショナーで頭皮環境をよくしてきましょう。

また、汗が出たときには、髪の生え際や首筋、耳まわりなどをそっと拭き取る、ということも効果的です。

2. ニオイの原因は頭皮環境の悪化と汗かもしれません

シャンプーのしすぎや、逆に汚れが残っている状態が続くと、頭皮の常在菌が減り過ぎたり増え過ぎたりして、過剰な皮脂の分泌へとつながることがあります。

また、汗をかきやすい夏は、汗と皮脂が混じり合うことで雑菌の繁殖が加速し、さらにニオイの発生しやすい環境がつくられてしまうのです。

3. 適切なヘアケアで頭皮環境を整えましょう

皮脂の分泌を正常に整えるために、スカルプケアのシャンプー・コンディショナーがおすすめです。

また、洗髪後の自然乾燥は避けたほうがよいとされています。

頭皮が濡れている間に雑菌が増殖して、ニオイの発生が加速されてしまうからです。

4. さっとひと拭きでニオイを軽減しましょう

お出かけの際、汗が出たときにはそのままにせず、額や首筋、耳まわりなど、髪の生え際をハンカチなどでそっと押さえるように拭き取りましょう。

また、日差しの強い日中は、日傘や帽子を活用しましょう。

帽子はかぶり続けていると多汗やムレを引き起こしますから、気をつけてください。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む