正しいシャンプー方法を実践すれば改善が見込めます


ノンシリコンシャンプーは、頭皮や髪に優しいというイメージをお持ちではないでしょうか。

確かにノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っておらず、自然な洗い上がりが人気のシャンプーです。

洗浄力がマイルドなものが多く、皮脂のとりすぎを防げるので、正しく使えば頭皮環境を整え、頭皮のニオイも改善する可能性があるでしょう。

しかし、ノンシリコンシャンプーは、間違ったシャンプー方法で使用すると、頭皮に皮脂汚れが残ってしまい、ニオイのもとになってしまうことがあるので注意が必要です。

頭皮のニオイを改善するには、シャンプーの見直しとともに、使い方についてもしっかり見直しましょう。

頭皮のニオイ対策では、余分な皮脂を落とすことが大切です

頭皮のニオイの原因は、皮脂残りや皮脂の過剰分泌です。

そのため、ニオイ対策をするのであれば、皮脂をしっかり洗い流すこと、そして、皮脂が過剰に分泌されないような環境に整えてあげることが大切です。

もし、不十分なシャンプーで皮脂が残ってしまえば、皮脂が酸化して油臭いニオイを発生させてしまいます。

また、皮脂を好む常在菌の増殖によって、さらにニオイが強くなり、頭皮ニキビや皮膚炎などの頭皮トラブルを生むこともあります。

反対に毎回、皮脂を洗い流しても、必要な皮脂まで落としてしまうと、皮膚のバリア機能によって皮脂を補おうと、必要以上に皮脂が分泌されてしまっては意味がありません。

頭皮のニオイを対策するのであれば、潤いを保ちながら、きちんと不要な皮脂を洗い流すことが一番大切です。

間違ったシャンプーの使い方では、意味がありません


巷には、有効成分をたくさん配合しているもの、無添加のもの、オーガニックにこだわった製品など、さまざまなシャンプーが販売されています。

しかし、どんなに良い成分が配合されていても、どれだけこだわった製法のものであっても、頭皮の汚れを落とすことができなければ、何の意味もありません。

シャンプーとして、汚れを落として、頭皮を清潔にするということができなければ、どのシャンプーを使っても効果は得られないのです。

どんなシャンプーを選ぶかは、もちろん大切ですが、それ以上に大切なのは正しく使えているのかどうかです。

正しい使い方、洗い方がわかっていなければ、どのシャンプーを使ったとしても、頭皮環境の改善は見込めません。

頭皮の気になるニオイをさらに強めることすらあるでしょう。

そうならないためにも、まずは使い方をしっかり見直すことが大切です。

正しいシャンプー方法をマスターしましょう

頭皮のニオイ対策をするためには、余分な皮脂を洗い流し、清潔に保つことが大切です。

そのためには、シャンプー選びとともに、洗い方もしっかり見直しておきましょう。

そこで、具体的な洗い方について紹介します。

どんなシャンプーであっても、基本の洗い方は同じですので、これを機に正しいシャンプー方法を身につけましょう。

1.予洗いをきちんと行う

予めブラッシングした髪と頭皮に、ぬるめのお湯でしっかり予洗いをします。

ほとんどの汚れは、お湯だけで十分落ちるので丁寧に行いましょう。

2.泡立てたシャンプーで頭皮を洗う

ゴシゴシこすらないように気をつけながら、泡立てたシャンプーを頭皮につけます。

マッサージするような感覚で、頭皮を揉むように洗いましょう。

揉み洗いをすることで、毛穴の汚れをすっきり落とせます。

3.すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す

すすぎが甘いと、頭皮に汚れやシャンプー成分が残ってしまい、悪臭の原因になります。

襟足、耳の後ろ、生え際付近は、忘れがちな部分なので、意識して丁寧にすすぎましょう。

また、シャワーの温度はぬるめに設定して、皮脂の過剰分泌を予防しましょう。

4.タオルで水気をきり、しっかりと乾かす

丁寧にタオルで水分をとってから、ドライヤーで素早く乾かしましょう。

濡れている時間が長いと、その分頭皮が蒸れて雑菌が増殖したり、頭皮が荒れたりする原因になります。

できるだけ早く乾かしましょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーで、頭皮のニオイを改善できる?

1. 正しいシャンプー方法を実践すれば改善が見込めます

ノンシリコンシャンプーは、洗浄力が弱く、必要以上に皮脂を奪わないので、頭皮環境を改善し、頭皮のニオイにも効果を発揮する可能性があります。

ただし、間違った使い方をしていれば、かえってニオイのもとになることがあるので注意しましょう。

2. 頭皮のニオイ対策では、余分な皮脂を落とすことが大切です

頭皮のニオイの根本的な原因は、皮脂残りや皮脂の過剰分泌です。

これにより、皮脂が酸化し、あるいは皮脂を好む常在菌の増殖によりニオイが発生します。

頭皮のニオイを防ぐには、潤いを保ちながら、余分な皮脂を落としてあげることが大切です。

3. 間違ったシャンプーの使い方では、意味がありません

たとえ優秀なシャンプーだったとしても、使い方が間違っていれば、汚れを落とすことができません。

どのシャンプーを使うかも大切ですが、正しい使い方、洗い方をしなければ、シャンプー本来の目的である頭皮を清潔に保つことができなくなります。

4. 正しいシャンプー方法をマスターしましょう

自分に合ったシャンプーで、頭皮の余分な皮脂を洗い流し、頭皮のニオイ対策をしましょう。

  1. 予洗いをきちんと行う
  2. 泡立てたシャンプーで頭皮を洗う
  3. すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す
  4. タオルで水気をきり、しっかりと乾かす

基本の洗い方を身につけ、頭皮環境改善に役立てましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む