クエン酸リンスには、頭皮のニオイを消す効果はありません


石鹸シャンプーを使用した後や、湯シャンの後に、使うのがすすめられていることの多いクエン酸リンス。

クエン酸リンスは、頭皮や髪に優しく作用するため、頭皮環境を整える効果があるといわれています。

しかし、クエン酸リンスを使っただけでは、頭皮のニオイを抑えることはできません。

なぜなら、頭皮のニオイのもとは皮脂で、クエン酸は皮脂汚れにはあまり効果がないからです。

あくまでもクエン酸リンスは、石鹸シャンプーや湯シャン後の髪のきしみを軽減し、頭皮を弱酸性に戻すために使うものです。

クエン酸リンスを使っただけでは、頭皮のニオイは改善できないので注意しましょう。

頭皮のニオイのもとは、皮脂です

頭皮の嫌なニオイの元凶となっているのは、皮脂です。

頭皮は、体の中でも皮脂腺が多く、皮脂がたくさん分泌されています。

そのため、頭皮にはたくさんの皮脂が存在しているのです。

とはいえ、皮脂自体には、もともとほとんどニオイはありません。

それなのに臭ってしまうのは、分泌されてから時間が経った皮脂は徐々に酸化し、ニオイを発生させてしまうからです。

古い食用油から独特の油っぽいニオイがするのと同じように、皮脂も空気に触れ、体内から出る活性酸素によってだんだん酸化し、油臭いニオイを放ってしまうのです。

また、皮脂が頭皮にたくさんある状態が続くと、常在菌の増殖を助けてしまい、常在菌から嫌なニオイ物質を発生させてしまうという点にも注意が必要です。

このように、頭皮のニオイの原因は頭皮に残った皮脂にあります。

クエン酸は、アルカリ性のニオイを消す効果があります


クエン酸は、水垢掃除やトイレのニオイを消すのに有効だといわれています。

それならば、頭皮のニオイに対しても消臭してくれるのではないか?と思われるのではないでしょうか。

しかし、実際には、クエン酸リンスを使っても、頭皮のニオイを直接消すことはできません。

なぜなら、クエン酸が得意なのはアルカリ性の汚れやニオイだからです。

クエン酸がトイレの消臭効果があるといわれるのは、トイレ内のニオイのもとがアルカリ性のアンモニア臭であるためです。

ところが、頭皮のニオイのもとにあるのは皮脂で、酸性の汚れです。

酸性の皮脂汚れには、クエン酸は十分な効果を発揮することができません。

よって、クエン酸リンスを使ったからといって、頭皮のニオイを直接消すことはできないのです。

石鹸シャンプーや湯シャンとの組み合わせがおすすめです

これまで説明してきたように、頭皮のニオイのもとは酸性の皮脂です。

クエン酸リンスだけでは、皮脂を落としたり、皮脂のニオイを消したりできません。

しかし、石鹸シャンプーと併用する、もしくは湯シャン後に使用すれば、頭皮環境を整え、頭皮のニオイを改善したり、予防したり効果が期待できます。

石鹸シャンプーで汚れをしっかり落とす

石鹸シャンプーは、洗浄力が高く、頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。

そのため、頭皮のニオイのもとである皮脂を落として、ニオイの原因を取り去ることができます。

ところが、石鹸シャンプーには、頭皮がアルカリ性に傾いてしまう、髪がゴワつくといったデメリットがあります。

このデメリットを補ってくれるのがクエン酸リンスです。

クエン酸リンスは、アルカリ性になってしまった頭皮を、弱酸性に戻し、髪のゴワつきやパサつきを解消する働きがあるからです。

湯シャンの仕上げに使用する

頭皮が乾燥しやすい方は、湯シャン後に使用するのもおすすめです。

湯シャンであれば頭皮の乾燥を防げるので、乾燥からくる皮脂の過剰分泌を防げるでしょう。

そして、最後にクエン酸リンスで仕上げれば、滑らかで手触りの良い髪にしてくれます。

このように、クエン酸リンスは石鹸シャンプーと一緒に、あるいは、湯シャンの後の仕上げに使用すれば、皮脂残りや皮脂の過剰分泌を防ぎ、頭皮のニオイを改善するのに一役買ってくれるでしょう。

(まとめ)クエン酸リンスには、頭皮のニオイを抑える効果があるの?

1. クエン酸リンスには、頭皮のニオイを消す効果はありません

クエン酸リンスは、クエン酸を含んだリンスのことで、石鹸シャンプーや湯シャンと一緒に使うと髪や頭皮に良いといわれています。

しかし、クエン酸自体には、頭皮のニオイを消す効果はありません。

あくまでも髪の毛のコンディションを整えるためのものです。

2. 頭皮のニオイのもとは、皮脂です

頭皮には、他の体の部位よりも皮脂がたくさん分泌されています。

この皮脂は、分泌された直後は無臭に近いのですが、時間が経つにつれて酸化し、ニオイを放ちます。

また、常在菌の増殖を助け、さらにニオイを発生させてしまうのです。

3. クエン酸は、アルカリ性のニオイを消す効果があります

掃除などによく使われるクエン酸は、トイレの消臭効果が高いアイテムとして知られています。

これはクエン酸がアンモニア臭などのアルカリ性のニオイに強いためです。

しかし、頭皮のニオイのもとである皮脂は酸性であるため、クエン酸で消臭するのが難しいのです。

4. 石鹸シャンプーや湯シャンとの組み合わせがおすすめです

クエン酸リンスを使用するだけでは、頭皮のニオイを消せません。

しかし、洗浄力の高い石鹸シャンプーと併用することで、頭皮のニオイを解消しながら、髪の手触りをよくする効果があります。

また、湯シャン後に使えば、頭皮の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を防げます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む