生理前は頭皮のニオイが強くなる可能性があります


女性の生理をコントロールしているのが女性ホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のふたつです。

ふたつある女性ホルモンのうちのひとつ、プロゲステロンには、皮脂の分泌を促進する働きがあります。

プロゲステロンの分泌量が増えるのは生理前ですので、生理前にニキビなどの肌トラブルが起きやすいのは、このためです。

皮脂は、時間が経つと酸化や常在菌の働きによってニオイを放つようになりますが、皮脂の分泌量が増えると、毛穴詰まりやベタつき、洗い残しやすすぎ残しも起こりやすくなります。

清潔が保てなくなるとニオイやすくなるといえるでしょう。

頭皮は、そもそも皮脂が分泌される皮脂腺の数が多い部分で、それに加えてホルモンの働きによって分泌量が増加します。

女性ホルモンによる皮脂の分泌量増加は周期的なものです。

女性ホルモンとは長く付き合っていく必要がありますので、上手に対処できるようにしておくと良いでしょう。

頭皮は皮脂の分泌量が多いため、臭いやすい部分です

皮脂はどこから分泌されるかご存知ですか。

汗が分泌される汗腺とは違う、皮脂腺というところから分泌されます。

皮脂腺は体中にありますが、中でも頭皮は皮脂腺の数が多いことで知られています。

体の下部の方から上部に向かって数が増えていく傾向があり、頭皮(頭)は顔(Tゾーン)の3倍近くにもなります。

皮脂は、分泌直後には臭わないといわれていますが、時間が経つほどニオイを発するようになります。

その原因は、酸化と常在菌の働きです。

酸化とは、物質が酸素に触れることにより変化することで、時間が経つと揚げ物のニオイが鼻をつくようになることからもお分かりいただけるでしょう。

もうひとつは、常在菌の働きによるものです。

常在菌は、皮脂膜という頭皮を保護する膜にいて、感染症を引き起こす雑菌などから守ってくれたり、古い皮膚や皮脂を食べたりするという、頭皮に欠かせない働きをしています。

この常在菌が皮脂を分解するときにニオイを発する物質を作るといわれています。

生理前、プロゲステロンの働きで皮脂分泌が促進されます


女性ホルモンはふたつあります。

ひとつはエストロゲン(卵胞ホルモン)、もうひとつはプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

このふたつのホルモンの分泌量が増減することにより、生理がコントロールされています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)には、皮脂分泌を促進する働きがあります。

プロゲステロンは月経(生理)前に多く分泌されるため、その時期に肌トラブルが増える傾向があります。

そもそも頭皮は、皮脂を分泌する皮脂腺が体の中で最も多い部分です。

それに加えて、プロゲステロンの働きによって皮脂分泌が活発になるのです。

この女性ホルモンの分泌量や周期が乱れると、肌のターンオーバーや皮脂の分泌量に影響を及ぼす可能性があります。

食生活を始めとした生活習慣の見直しや生活リズムを規則的にすることで、女性ホルモンの乱れを整えましょう。

女性ホルモンの分泌サイクルを知りましょう

女性ホルモンの分泌は周期的なものですので、一定のサイクルで分泌され続けます。

閉経を迎えるとまったく分泌されなくなるのではなく、分泌されるものの量が非常に少なくなります。

一般的には20~30代が分泌のピークで、更年期に差しかかってくると分泌量が急速に減少します。

女性ホルモンによる生理前の皮脂量増加とは長く付き合うことになりますので、ご自分の周期を知っておくと良いでしょう。

生理周期を知るには、いつ生理が来たかの記録をつけることから始めます。

ホルモンの分泌を知るには、基礎体温を測る方法や排卵日予測検査薬があります。

自分のサイクルが分かるようになると、体調管理がしやすくなるというメリットがあります。

生理周期が比較的安定している人は、乱れた場合の対処を考え、乱れやすい人は、原因を考えてみるきっかけにするのも良いかもしれません。

(まとめ)生理前に頭皮のニオイが強くなるというのは本当ですか?

1. 生理前は頭皮のニオイが強くなる可能性があります

生理は、ふたつある女性ホルモンが分泌量の増減を繰り返すことでコントロールされています。

生理前に増加するプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きで皮脂の分泌が活発になるときには、頭皮は汚れやすくニオイやすいといえます。

2. 頭皮は皮脂の分泌量が多いため、臭いやすい部分です

頭皮は皮脂腺の数が多く、Tゾーンの約3倍あります。

皮脂は、分泌直後は臭わないといわれていますが、酸化による脂の変質と頭皮の常在菌による皮脂の分解が原因で、ニオイを放つようになります。

3. 生理前、プロゲステロンの働きで皮脂分泌が促進されます

女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンには皮脂の分泌を促進する働きがあり、生理前に分泌量が増加します。

このことにより、生理前に皮脂の分泌量が増加するため、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすいといえます。

4. 女性ホルモンの分泌サイクルを知りましょう

一般的に女性ホルモンは20~30代に最も分泌量が多く、閉経後は急激に減少するものの、分泌は続きます。

生理と生理前の皮脂量増加とは長い付き合いとなりますので、ご自分の周期を知っておきましょう。

体調管理に役立ちます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む