毛が細いときは地肌の様子を確かめ、それに応じたケアをする必要があります


髪の毛は地肌から生えているものですから、地肌の調子が悪くなると、髪の毛の元気もなくなってしまいます。
最近髪の毛が細い気がすると感じたら、地肌の状態に異常がないか確かめてみましょう。

具体的には、地肌の柔軟性や色、痒みやフケの有無などについてチェックします。
異常が見つかった場合は、内容に応じた対処をとるようにしてください。

髪の毛が細くなる原因には栄養不足やホルモンの異常が挙げられます

髪の毛のボリュームや太さには、生まれ持った個人差があります。
もともと髪の量が少ない人や、細い髪の毛の人というのもいるのです。

そういう人の場合は、髪が細いからといってそれほど大きな心配をする必要はありません。しかし、もともとの太さよりも髪が細くなってきた、と感じる場合は、地肌になんらかの問題が起こっている可能性があります。

血行不良による栄養不足

髪の毛は、地肌からの中の毛根にある毛乳頭に繋がる毛細血管から栄養や酸素を得て成長していきます。
ところが、地肌が血行不良になってしまうと、うまく栄養や酸素が髪の毛に届けられなります。

すると、髪の毛の成長が妨げられて細い髪の毛になってしまうことがあるのです。

女性ホルモンの異常

女性ホルモンは、髪の毛やお肌の状態を健康に保つための働きを担っています。
ところが、加齢やストレスなどによってホルモンバランスが崩れると、その働きが損なわれるため、髪の毛が薄くなったり、細くなったりする原因となります。

また、ホルモンバランスが崩れることで頭皮の状態が悪くなり、肌荒れが起こることもあります。

健康的な生活を送ることを心がけましょう


健康的な生活を送ることは、体調を整えてくれるだけでなく、ホルモンバランスをとることにも役立ちます。

睡眠

決まったリズムでまとまった睡眠をとることは、心身の健康のために役立ちます。
特に新陳代謝や髪の成長については、成長ホルモンが眠っている間に多く分泌されるため、良質な睡眠をとることが大切です。

リラックスしてスムーズに入眠できるような環境を整えましょう。
また、朝はいつまでもごろごろとしているのではなく、朝の光を浴びて心地よく目覚めるようにしてください。

食事

髪に栄養を届けるためには、まず栄養のある食事を食べることが必要です。
髪によい働きをする亜鉛やビタミン、ミネラル、また、髪の材料となるたんぱく質などをバランスよく摂取するようにしてください。

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む豆腐や豆乳などを定期的に食事に取り入れるのもお勧めです。

清潔

衛生的な毎日は、病気を予防するだけでなく、肌トラブルの回避のためにもなります。1日から2日に1度は髪を洗って、地肌を清潔に保つようにしてください。

乾燥を防ぐために、洗浄力が弱く保湿力の高いシャンプーを使うことも大切です。

頭皮マッサージやパックなどで外からのケアも行いましょう

髪の毛の細さをケアするためには、体の健康について意識するのと同時に、体の外側からの対策も大切です。

頭皮マッサージ

頭皮をマッサージすることで、頭皮の血行を良くする効果が期待できます。
指の腹を使って、頭皮をゆっくりと押さえるように揉んでみましょう。

強く押しすぎると逆効果になってしまうので、「気持ちいい」と思える強さを意識するようにしてください。
頭皮マッサージは、オイルなどを使って行うと、頭皮の毛穴汚れを除去したり潤いを与えたりする効果も期待できます。

オイルを塗布した頭皮をマッサージして、蒸しタオルでしばらく包んでから洗い流しましょう。

保湿ケア

地肌の荒れを防ぐために、保湿ケアを行いましょう。
ローションやオイルを地肌に塗布したり、乾燥した室内に長くとどまらないように心がけてください。

また、紫外線も頭皮の乾燥の原因になるため、紫外線予防にも気を配る必要があります。
地肌が乾燥すると、髪が細くなる原因になるだけでなく、フケが出たり痒みに繋がることもあるため、顔と同じように潤い対策をすることが大切です。

(まとめ)毛が細いと感じた時に地肌ケアは必要なの?

1.毛が細いときは地肌の様子を確かめ、それに応じたケアをする必要があります

地肌の調子が悪くなると、髪の毛が細くなってしまうことがあります。髪の細さが気になったら、地肌に異常がないか、柔軟性や色、痒み、フケの有無などについて確かめてみましょう。

2.髪の毛が細くなる原因には栄養不足やホルモンの異常が挙げられます

髪の毛のボリュームや太さには、生まれ持った個人差があります。髪の毛の太さは生まれつきひとりひとり違いますが、もともとの太さよりも細くなってしまった場合には、血行不良による栄養不足や、ホルモンバランスの崩れによる頭皮の新陳代謝の阻害などの原因が考えられます。

3.健康的な生活を送ることを心がけましょう

一定のリズムを保ってまとまった睡眠をとることや、栄養バランスの良い食事をとること、地肌を清潔に保つことなどが大切です。女性ホルモンと似た働きをする大豆製品をメニューに取り入れるのもお勧めです。

4.頭皮マッサージやパックなどで外からのケアも行いましょう

地肌が荒れると髪が細るだけでなく、痒みやフケなどの原因にもなってしまいます。頭皮マッサージをして頭皮の血行を促進したり、保湿ケアをして地肌の荒れを防ぎましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む