大人の女性の地肌にもあせもはできることがあります


あせもは体温調節が上手くできない赤ちゃんや子供によく起こる症状です。
しかし最近では急激な気候の変化の影響もあり、体温調節できる大人でもあせもで悩む人は増えています。

「頭皮湿疹」という皮膚炎は、頭皮が赤くなり、湿疹やかゆみの症状が出る皮膚炎ですが、あせもが原因で発症してしまうこともあります。

とくに汗をかきやすい夏場や、野外で長時間スポーツをする場合などはしっかりと対策をしましょう。

あせもは汗が溜まりやすいところにできやすいです

あせもは汗が溜まりやすく、逃げにくいところにできます。
とくに首や背中、肘などにできやすいですが、頭皮は髪に覆われ蒸れやすいため、あせもができやすい場所のひとつです。

また頭皮にできたあせもは髪で覆われているため、気づきにくく発見が遅れがちです。
頭がかゆい場合は、あせもができているかもしれません。

あせもには大きく分けて2種類あります。
頭皮にはどちらのあせももできることがあります。

白いあせも(水晶様汗疹)

透明の小さい水疱が密集して発生するあせもです。
とくに日焼け後や発熱後などに多く見られます。

この白いあせもは炎症は起こっていない状態のため、放って置いても自然と治ることが多いです。

赤いあせも(紅色汗疹)

赤い丘疹が密集して発生します。
高温多湿の環境下などで長時間発汗し続けることにより、ベルトや帽子などの下で皮膚が湿潤し続けたときなどに起こります。

この赤いあせもは炎症が起こっているため、かゆみを伴います。

肌を清潔にしていなかったり、かきむしったりしてしまうと、細菌が飛び散り急性湿疹を併発してしまう可能性があるため注意しましょう。

あせもにならないために対策を行うことが大切です


あせもは大量の汗をかくことにより起こる湿疹です。
汗をかきやすい夏場などは、特にしっかりと次のような予防・対策を行いましょう。

帽子は通気性のよいものを選ぶ

帽子はメッシュ素材など、通気性のよいものを選ぶことが大切です。
また長時間帽子をかぶると、汗が溜まりやすく蒸れやすいため、長時間かぶり続けることは避けましょう。

清潔にする

汗をかいたらこまめに拭くようにし、シャワーを浴びるなどして地肌を清潔に保ちましょう。

汗を抑える

エアコンの効かせ過ぎはよくありませんが、室内であれば適切にエアコンを使用するのも有効です。

患部を冷やす

体温が高いとかゆみの感じ方は強くなるため、あせもができてしまったら、患部を冷やすようにしましょう。

かゆみを緩和することが可能です。

皮膚を受診する

あせもができてしまい症状がひどい場合などは、早めに皮膚科へ行きましょう。

塗り薬などで炎症を抑えたり、かゆみを抑えたりすることができます。

あせもが悪化するととびひや汗疹腫瘍になる危険があります

あせもは放置すると、頭皮湿疹になる恐れがあるだけでなく、とびひなどを誘発してしまう可能性があります。

そのためあせもを放置してしまうことは危険なのです。
赤いあせもは炎症が起きているため、強いかゆみを伴います。

日中は我慢しているつもりでも、夜中寝ているときにかきむしったりしてしまうことがあります。

その結果、傷口から雑菌などが入ってしまい、化膿してしまったり、とびひにかかったりしてしまうのです。

とびひとは、黄色ブドウ球菌などの化膿球菌が入り、感染してしまう感染性の皮膚疾患です。
発症すると、水ぶくれがどんどん広がっていきます。

また通常あせもは小さい水疱などが集まってできますが、悪化すると膿んだあせもが集まって大豆くらいの大きさになり、赤いしこりや腫瘍になってしまう「汗疹腫瘍」になる場合もあります。

この状態になってしまうと、かゆみだけでなく、痛みまで起こることもあります。

(まとめ)女性の地肌にもあせもはできるの?

1.大人の女性の地肌にもあせもはできることがあります

あせもは体温調節が未発達の子供だけでなく、体温調節できる大人の女性にも悩む人が増えています。

あせもは他の皮膚炎を誘発してしまう恐れがあるため、汗をかきやすい夏場などは特にしっかりと対策をすることが大切です。

2.あせもは汗が溜まりやすいところにできやすいです

あせもには2種類あり、どちらのあせもも頭皮にできることがあります。
また原因はどちらのあせもも大量に汗をかくことにより起こります。

白いあせもは自然と治ることが多いですが、赤いあせもは悪化してしまうこともあるため注意が必要です。

3.あせもにならないために対策を行うことが大切です

あせもは高温多湿の環境下で汗をかき続けると、起こりやすくなります。
もしできてしまった場合は触れることは避け、冷やすなどして炎症を抑えましょう。

また炎症が治まらない場合は放っておかず、皮膚科を受診しましょう。

4.あせもが悪化するととびひや汗疹腫瘍になる危険があります

あせもはかきむしったりしてしまうと、化膿したり汗疹腫瘍になってしまう可能性があります。

こうした症状では、かゆみだけでなく痛みを伴うこともあるため、あせもができた場合は早めに治療しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む