地肌が赤い場合や痒い場合はシャンプーや洗い方を見直しましょう


健康的な地肌は殆どの場合、青白い色をしています。
地肌が赤いということは何か炎症が起きているサインです。

シャンプーやリンス、整髪料などの刺激が強いものや自分の地肌に合わないものを使っていると、地肌が赤く炎症を起こし、痒みを伴うことがあります。

また爪を立て洗ったり、地肌をゴシゴシと洗ったりして、地肌を傷つけてしまうと炎症を起こし、赤みや痒みの原因になります。

指の腹で優しく洗うように気をつけましょう。
そのほかにも、食生活が原因となり赤みや痒みを引き起こしている場合もあります。

赤みや痒みといった地肌トラブルにはさまざまなことが関係しています

地肌が赤くなったり、痒みが生じたりする原因には下記のものも考えられます。

皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしている

何日も髪を洗っていなかったり、脂肪の多い食事が多かったりすることにより、地肌の毛穴に皮脂が詰まってしまい、炎症を起こしてしまうことがあります。

地肌が乾燥している

地肌が乾燥すると、痒みが生じることがあります。

ストレス

ストレスは血管を収縮させる要因です。
血行が悪くなると皮脂の分泌が過剰になってしまい、細菌が繁殖しやすい状態になることがあります。

これにより炎症が起こってしまうことがあります。

日焼けや紫外線によるダメージ

頭は体の一番上にあるため、紫外線によるダメージを受けやすいです。

そのため、シャンプーのし過ぎや洗浄力の強いシャンプーを使うことにより、地肌の皮脂を必要以上に落としすぎてしまうと、紫外線の影響を受け炎症を起こしやすくなります。

とくに夏など紫外線の強い時期は、皮脂を落としすぎていなくてもダメージを受けやすいため、注意が必要です。

乱れた生活習慣や食生活

睡眠不足や夜更かし、外食やインスタント食品が多い食生活などでは、地肌の環境が悪くなり、炎症を引き起こしやすくなります。

地肌の赤みや痒みの対策方法にはいくつかの種類があります


地肌の赤みや痒みの対策には次のような方法があります。

低刺激のものに変える

シャンプーやリンス、整髪料などを低刺激のものに変えることが効果的です。

洗い方を見直す

髪を濡らす前にブラッシングし、シャンプーは髪に直接つけずに、手に取りよく泡立ててから髪につけて洗うようにします。

爪を立てたり、地肌をゴシゴシ洗ったりしないように注意し、指の腹を使い優しくマッサージするように地肌を洗うことがポイントです。

また洗った後はしっかりすすぎましょう。

乾燥がひどい場合は化粧水を使う

頭皮は乾燥しやすいですが、乾燥し荒れてしまうと炎症を引き起こしやすくなります。
乾燥がひどい場合は、化粧水や乳液でケアをしましょう。

紫外線から地肌を守る

外に出るときは、日傘をさしたり帽子を使用したりするなど、紫外線からのダメージを受けないように対策しましょう。

バランスのよい食事を心がける

髪はケラチンというタンパク質でできています。

魚や大豆製品、赤身の肉などの良質なタンパク質や海藻、緑黄色野菜などを積極的に食べましょう。

十分な睡眠を取る

肌や髪、筋肉などは寝ている間に修復されるため、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

適度な運動をする

軽い運動はストレスの発散にもなり、新陳代謝を促します。
自分ができる範囲の運動から始めてみましょう。

症状が改善しない場合に医者の診察を受けることも大切です

痒みが気になるからといって、シャンプーをし過ぎてしまうと、症状が悪化してしまう可能性があります。

炎症がひどい場合は、シャンプーを使った洗髪は1~2日に1回にするのも1つの方法です。
すすぎ残しは炎症の原因になるので、しっかりと洗い流すことを意識しましょう。

トリートメントや整髪料などを使用した際に、刺激を感じた場合はすぐに使用をやめるなども大切です。

また自分で判断して薬を塗るなどの処置をしてしまうと、症状が悪化してしまう場合があります。

ヘアケアや生活習慣などの見直しをしても、症状が改善しない場合は、自分で勝手に判断せず早めに皮膚科を受診しましょう。

(まとめ)地肌が赤い場合や痒い場合の対策法とは?

1.地肌が赤い場合や痒い場合はシャンプーや洗い方を見直しましょう

シャンプーなどは低刺激のものに変え、洗い方を見直し、指の腹で優しくマッサージするように洗うようにしましょう。

また食生活や生活習慣などが原因で赤みやかゆみの症状が出る場合もあります。
これらを見直して改善していくことが大切です。

2.赤みや痒みといった地肌トラブルにはさまざまなことが関係しています

地肌が赤くなり痒みが出るのは、シャンプーなどの刺激以外に生活習慣や食生活、ストレスや紫外線などの原因が考えられます。

とくに不摂生な生活習慣や食生活、ストレスは地肌や髪だけでなく、身体や健康にも悪いので早めに改善することが大切です。

3.地肌の赤みや痒みの対策方法にはいくつかの種類があります

地肌の赤みやかゆみの対策法は、シャンプーなどを低刺激のものに変えるだけでなく、髪の毛の洗い方を見直し、バランスの良い食事や十分な睡眠を取ることが大切です。

生活習慣を含めて対策を行っていきましょう。

4.症状が改善しない場合に医者の診察を受けることも大切です

ヘアケアや生活習慣などを見直しても、症状の改善が見られない場合は自分で勝手に判断したり、薬を塗ったりせずに皮膚科へ行きましょう。

自分で判断して処置してしまうと、症状を悪化させてしまう可能性があります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む