地肌の炎症は原因に合わせた対処法を行うことで改善が期待できます


地肌に炎症を起こす原因はさまざまありますが、それらを見直すことでかゆみや赤みなどの症状の改善が期待できます。

原因には、日頃から使っているヘアケア製品・生活環境・生活習慣が考えられます。
また1つの原因だけではなく複合して地肌の炎症を起こしていることが多いです。

地肌の炎症の原因はシャンプー・生活環境・生活習慣などがあります

地肌に炎症が起きると肌のバリア機能が低下し、あらゆる症状につながってしまいます。
その原因は次のようなものです。

ヘアケア製品の成分が強い

毎日使うヘアケア製品としてシャンプーがあります。

しかしシャンプーに含まれる洗浄成分の刺激が強すぎると必要な皮脂まで落とし、むき出しになった皮膚が傷ついてしまうことがあります。

また軽度でも炎症がある状態の地肌にワックスやスプレーを使うと、症状を悪化させたり、ほかの症状を併発したりすることがあります。

さらにシャンプーの回数が1日に2回以上の場合は洗いすぎのため、さらにバリア機能を下げてしまっている可能性が高いです。

エアコンなどの乾燥による

頭皮が乾燥すると皮脂不足と体が捉え、皮脂を過剰に分泌するようになります。
その結果、余分な皮脂が頭皮に残って雑菌がつき、繁殖すると炎症を起こすのです。

たとえば一日中エアコンの効いた室内で仕事をしている場合などは、頭皮がとても乾燥しやすい環境にあるといえます。

偏った食生活とストレス

毎日の食事が偏り、脂肪分が多くなると中性脂肪が溜まって地肌から分泌される皮脂も過剰になってしまいます。

皮脂の量が多くなると洗い残しになりやすく、毛穴の奥まで皮脂が溜まってしまいそこで雑菌が繁殖することによって炎症が起こるのです。

ストレスも頭皮トラブルの原因になりますが、それはストレスが体内のホルモンバランスを乱れさせているためです。

炎症を放置すると症状が悪化し痛みや悪臭などがする場合もあります


地肌に炎症が起きたまま放置すると症状が悪化したり、ほかの症状が併発したりすることがあります。

なぜなら頭皮にトラブルが起きている状態は、肌のバリア機能が低下し小さな刺激や普段なら殺菌できる雑菌の侵入も許してしまうからです。

軽い地肌の炎症であっても、症状が軽いからと放置してしまうと、いつの間にか深刻な症状に進んでいることもないとはいえません。

具体的な症状としては、強いかゆみ・痛み・悪臭・ニキビなどがあります。

また悪臭を改善しようと香りの強いヘアケア製品をつけたり、ニキビをつぶしたりすると自分の力で回復することは難しくなり、病院にかからなくてはならないこともあります。

症状が進行するほど完治するまでには時間がかかり、通院するとなれば治療費もかさむことになるのです。

もし通院を考える場合でも、炎症が軽度のうちのほうが完治までの時間も短くなります。
そのため地肌に炎症が起こった場合は早めに対策を行いましょう。

優しいシャンプーの仕方や乾燥しない生活環境と健康的な生活習慣をしましょう

地肌の炎症を招かず悪化させないためには、日頃の生活環境や生活習慣などに配慮する必要があります。

具体的に次のようなことを行ってみましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使う

炎症を防ぐためには洗浄成分の優しいシャンプーを選び、よく泡立てて指の腹で優しく洗うことが大切です。

また洗浄成分だけでなく、頭皮や髪に嬉しい成分が入っているものを選ぶと美しく強い髪を期待することもできます。

シャンプーした後は熱すぎないお湯でよくすすぎ、シャンプーの成分が残らないようにしましょう。

エアコンに直接当たらない

エアコンを使う場所に長時間いる場合は、エアコンの風に直接当たらない場所にいるようにします。

どうしても席順などの理由により避けることが難しい場合は、保湿タイプのシャンプーを使うなどして、バリア機能を高める工夫をしましょう。

脂肪をとりすぎず、ストレスを発散する

栄養バランスのよい食事を心がけ、適度に運動をして中性脂肪を減らしましょう。
体を動かすことは脂肪の燃焼にもなるほか、ストレスの発散にもなりおすすめです。

(まとめ)地肌に炎症がおきた時の対処法とは?

1.地肌の炎症は原因に合わせた対処法を行うことで改善が期待できます

地肌に起こる、かゆみや赤みなどの炎症はさまざまな原因があって起こっています。

その原因になるものは、ヘアケア製品・生活環境・生活習慣の中にありしかも要素が重なっていることが多いのです。

2.地肌の炎症の原因はシャンプー・生活環境・生活習慣などがあります

地肌の炎症がおこるかどうかは、ヘアケア製品・生活環境・生活習慣が大きく関わっています。

具体的には、ヘアケア成分の刺激・乾燥・栄養の偏り・ストレスなどがあります。

3.炎症を放置すると症状が悪化し痛みや悪臭などがする場合もあります

地肌の炎症をそのまま放置し変わらない生活習慣を続けていると、いつの間にか症状が悪化している可能性があります。

症状には、強いかゆみ・痛み・悪臭・ニキビなどがあり、症状が進むほど回復までには時間がかかります。

4.優しいシャンプーの仕方や乾燥しない生活環境と健康的な生活習慣をしましょう

地肌の炎症を改善するには、普段の生活習慣を変えていくことが効果的です。

具体的には、洗浄成分の優しいシャンプーで刺激を少なくして洗う、エアコンの風に直接当たらない、バランスのよい食事、運動によりストレス解消をすることなどです

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む