過剰な地肌の脂が毛穴を塞ぎ髪の成長を妨げます


地肌から分泌される脂の量が異常に増えると毛穴がつまりやすくなります。
そして毛穴が塞がってしまうことが、健康な髪の成長を妨げる原因となるのです。

健康な地肌からは適度な脂が分泌されていますが、加齢や乱れた生活習慣によって地肌からの脂の分泌量は増加します。

地肌からの脂分泌量が増えると、髪のベタつきやニオイ、髪のボリュームも出しにくくなるほか、悪化していくと薄毛にもつながってしまうのです。

さまざまな原因から地肌の脂量の異常は起こります

地肌の脂の量は、普段の生活のなかで起こるさまざまな要因が大きな影響を与えています。

そのなかでも代表的なものを下記で紹介します。

ホルモンバランスの影響

女性の場合、更年期以降は男性ホルモンの影響を受けやすくなるといわれています。

男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にする働きがあるため、地肌の脂の量が増加してしまうのです。
その結果、薄毛などの肌トラブルにつながってしまうこともあります。

甘いものや脂肪分の多い食事

甘いものや脂肪分の多い食事は中性脂肪に変化しやすいため、脂肪が蓄積につながり地肌から脂の分泌量が増えることがあります。

またこうした食事を続けていくことで、体も太りさらに地肌から脂が分泌される量は多くなるといわれています。

乱れた生活リズム

生活のリズムが乱れ、睡眠不足になったり眠る時間がバラバラになったりすると、体内のホルモンバランスが崩れることで頭皮の脂分泌が増えるのです。

年齢とともに崩れやすくなるホルモン分泌量なので、年齢を考えず乱れた生活リズムで過ごしていると地肌の過剰な脂から起こるトラブルに悩まされることもあります。

過度なストレス

適度なストレスは生活にメリハリをつけるためには必要です。
しかし強いストレスを受け続けることは悪影響であり、ホルモンバランスの乱れにつながります。

ホルモンバランスの乱れることにより、皮脂の分泌につながってしまうのです。
とくに年齢を重ねると些細なことでも影響を受けやすくなるため、髪に変化が現れやすくなってしまいます。

地肌の脂に悩んでいる方は、自分がどの要因に当てはまるか確認しておきましょう。

地肌の過剰な脂により髪が痩せ細ると薄毛などのリスクになります


過剰に皮脂が分泌されると、洗っても頭皮に残りやすくなります。
その結果、残った脂が古くなって酸化し嫌なニオイを放つようになってしまうのです。

これが地肌脂によるニオイの原因です。
しかしそれだけでなく酸化した脂が毛穴を塞ぐこともあり、健康な髪の成長を妨げにもつながります。

これは地肌に残った脂が毛穴につまることでさらに脂が落としにくくなり、髪が十分に成長するために必要な毛穴を狭くしてしまうからです。

こうした状態では、髪が満足に成長することができないため、痩せ細った弱い髪になってしまうでしょう。

髪全体が痩せて細くなると、髪全体の本数が同じでもボリュームが落ちるため薄毛になるのです。

また薄毛だけでなく、地肌や毛穴にたまった脂は酸化することで嫌なニオイを放つようになるので、悪臭の原因にもなります。

多すぎる脂により髪が脂っぽくなってベタつきを感じることもあるでしょう。
ニオイとベタつきのある髪は見た目の印象もあまりよくないため、人間関係にも影響を与えることがあります。

余分な地肌の脂を洗い生活習慣を整えましょう

地肌の脂が過剰になったとしても、対策を行うことで改善することは可能です。

気になる方は下記を参考に対策を行いましょう。

ヘア&頭皮ケアシャンプーで洗う

洗浄成分の強いシャンプーは頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうため、余分な脂だけを落とすシャンプーを使うようにしましょう。

また力を入れて洗うと皮脂の過剰分泌につながるため、優しく洗うことも大切です。
こうしたポイントに気をつけてケアを行うことで、少しずつ改善されていくでしょう。

バランスの良い食事を心がける

甘いものや脂肪分の多い食事は控えめにして、野菜など栄養バランスが取れた食生活を心がけましょう。

髪の成長にはたんぱく質や亜鉛などが必要なので、意識して摂るとより効果的です。

生活のリズムを整えストレスをためない

睡眠時間をきちんととり、生活のリズムを整えることも対策になります。

また日頃からストレスを発散するためにも体を動かしたり気分転換したりすることも大切です。

(まとめ)地肌の脂が薄毛の原因ってほんと?

1.過剰な地肌の脂が毛穴をふさぎ髪の成長を妨げます

地肌からの脂分泌量が異常になると毛穴を塞いでしまうため、健康な髪の成長を阻害してしまいます。

そして地肌の脂の分泌量が増える原因には、加齢や生活習慣が大きく影響しています。

2.さまざまな原因から地肌の脂量の異常は起こります

地肌の脂の分泌量が増える原因には、加齢・食生活・生活リズム・ストレスが関係しています。

自分がどの原因により、頭皮環境が悪化しているのかを知ることが対策を行うことで大切です。

3.地肌の過剰な脂により髪が痩せ細ると薄毛などのリスクになります

地肌からの皮脂分泌量が過剰になると、落としきれなかった脂が酸化して頭皮や毛穴に残ります。

その結果、毛穴を塞いで健康な髪の成長を妨げて薄毛を招いたり、頭皮からの嫌なニオイや髪のベタつきを起こしたりしてしまいます。

4.余分な地肌の脂を洗い生活習慣を整えましょう

地肌の余分な脂をヘア&頭皮ケアシャンプーでやさしく洗い頭皮環境の改善を目指しましょう。

そしバランスのよい食事を心がけ、生活リズムを整えてストレス解消を心がけるのがポイントです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む