洗髪後の冷水は頭皮環境を改善します

98a9aeffe9784fd21bae25f28bfce855_s
洗髪の後に冷たいシャワーをかけると、抜け毛や髪のベタつきなどが改善されるといいます。

これは頭皮を冷やすことで頭皮の血行が促進されるからです。
冷やすとむしろ血行は悪くなるのでは?と思われる方もいるでしょう。

でも水で洗いものをした後などに手先がポカポカと温まってきた経験はないでしょうか。

人間の身体には、温まりすぎたら冷まし、冷えすぎたら温めようとする働きがあります。

冷たい水で冷やされた頭皮の毛細血管は、冷えた頭皮を温めようと拡張し、血行はよりスムーズになるのです。

血行がよくなることで頭皮の新陳代謝が活性化し、栄養も行き渡りやすくなります。

さらに毛穴を収縮させることで頭皮に水分を保持する力を取り戻させる効果もあります。
結果として、頭皮のトラブルが抑えられ、抜け毛予防や育毛促進にもつながるというわけです。

ただ、冷たすぎたりかける時間が長すぎたりすると逆に血行が悪くなるため、冷水の使い方には注意が必要です。

また風邪をひく、心臓に負担をかけるなどのリスクがあるため、高齢者や心臓の弱い人にはおすすめできません。

冷水シャワーにはこんな効果があります

冷水で頭皮を冷やすことで頭皮にどのような影響があるのでしょうか。

まず血行がよくなり頭皮が温まることで、頭皮が柔らかくなり、髪に栄養が届きやすくなります。

頭皮が活性化することで、ツヤのある元気な髪が生える土壌が作られ、抜け毛予防や育毛の促進につながるのです。

もう一つ、冷やされることで毛穴が引き締まり、毛穴に余分な皮脂や老廃物が溜まらないようになります。

この効果は大きく、冷水シャワーを始めてから頭皮のベタつきやにおいが気にならなくなったという人は多いようです。

逆に熱いお湯ですすぐと必要な皮脂を落としすぎたり、角層細胞にある保湿成分が溶け出したりする可能性があります。

そのため必要な水分が逃げて頭皮が乾燥してフケやかゆみなどを誘発します。
冷水シャワーには、こういった、熱いお湯が髪に与えるダメージを防ぐという面もあるのです。

効果的な冷水シャワーのポイント

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s
ただ冷たい水を浴びればいいというものでもありません。
頭皮に効果的な刺激を与える冷水シャワーの手順をこころがけましょう。

まずシャンプーやリンス・トリートメントのすすぎは熱すぎない38度くらいのお湯で行います。

湯温が高すぎると頭皮の乾燥が早くなるので、ぬるめの温度でじっくりと温めることが大切です。

そして頭皮が温まったところで18度くらいのぬるめの水ですすぎます。
血管は頭皮を温めようと血流を促すので、次第にぽかぽかと温まってきます。

冷水は1度だけでなく、温水を交互に何度もかけるという人もいます。

しかしこの方法では体への負担が大きいため、風邪を引いた、逆に抜け毛などのトラブルが増えたというケースもあります。

冷水は洗髪の「締め」に1回かけるくらいで丁度いいようです。

冷水シャワーの注意点

間違った方法で冷やすとかえって髪にダメージを与えてしまう場合もあるので、冷やし方には注意が必要です。

まず冷水を当てる時間です。
あまり長時間冷やしすぎると血管を極端に収縮させ、逆に血行を悪くしてしまいます。

あくまで血行を良くするための方法ですから、メインはお湯で温めて血管を拡張させることです。
冷水はさっと流して表面を冷やす程度にしましょう。

次に温度を低くしすぎないことです。
あきらかに冷たいと感じる温度は心臓へ負担をかけます。

慣れないうちはぬるめのお湯くらいで慣らして、慣れてきたら冷水を使うようにしましょう。

とくに心臓の弱い方、高齢者の方は心臓の負担が大きいため、この方法はおすすめしません。

また頭皮に炎症を起こしている人の場合は、炎症の原因を治療してからでないと逆にトラブルを引き起こしてしまうこともあるので注意してください。

(まとめ)冷水シャワーは血行をよくするので女性の頭皮の健康によい?

1. 洗髪後の冷水は頭皮環境を改善します

温まった頭皮を冷水で冷やすことで、逆に血行を促す効果があります。
血行がよくなると頭皮全体の新陳代謝が活性化し、抜け毛の予防や育毛促進につながるのです。

皮脂成分の過剰な分泌が抑えられるため、髪のベタつきやにおいに対しての効果も期待できます。

2.冷水シャワーにはこんな効果があります

血行が促進されることで頭皮が柔らかくなり、髪に栄養が届きやすくなります。

地肌が健康になることで元気な髪が生える土壌ができ、結果として抜け毛予防や育毛の促進につながります。

逆に熱いお湯は必要な皮脂や水分を失う原因になるため、冷水でなくてもぬるめのお湯での洗髪が好ましいのです。

3. 効果的な冷水シャワーのポイント

熱すぎない38度くらいのお湯で充分に頭皮が温まったところで18度くらいのぬるめの水でひきしめます。

冷水と温水を交互に何度かかける方法もありますが、心臓への負担や冷やしすぎによるダメージもふまえ、洗髪後に1度かける程度でよいでしょう。

4. 冷水シャワーの注意点

長い時間冷やしすぎると逆に血行を悪くしてしまいます。
また冷たすぎる水は心臓に負担をあたえたり、風邪をひいたりする可能性があります。

慣れないうちはぬるめのお湯くらいで慣らしていくとよいでしょう。
高齢者や心臓に疾患のある人にはおすすめできません。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む