女性の頭皮が弱酸性であっても、酸性が頭皮に悪いわけではありません

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s
女性の頭皮は弱酸性だからといって、酸性が頭皮に悪いということはありません。

実際に温泉でも酸性の湯をメインに売り出しているところがあるくらいですので、酸性が一概に悪いわけではありません。

酸性のなかでも、強い酸性は皮膚や頭皮へのダメージを与える可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

強弱によって、良し悪しがありますので注意が必要です。

酸性やアルカリ性の強さには水素イオン濃度が関係しています

酸性かアルカリ性かを調べるには、pHでわかります。

このpHというのは、水素イオン濃度のことを示しており、この数値が高いとアルカリ性、逆に低いと酸性ということになります。

真ん中の場合は、中性といい代表的なものは水です。

女性の頭皮は5.0~5.5pHとなっていますので、弱酸性ということになります。

この数値は、レモンや酢の物といった比較的酸っぱい食べ物と同じ濃度です。

アルカリ性は、石鹸や各種洗剤で使用されることが多く、特徴としては洗浄力が高いです。

こう見てみると、頭皮は弱酸性ですが酸性のものが悪影響を及ぼすということはないといえます。

酸性雨を浴びてしまうと、髪の毛が薄くなるなどといわれていますが、これには根拠がなく、酸性雨に浴びても薄毛になることはありません。

ただ、外的な刺激やごみなどが蓄積し、そのままの状態にしておくことで、雑菌がどんどん広がってしまうことはあります。

これによって、頭皮環境が悪くなってしまいますので、薄毛や抜け毛へと発展してしまうことがあるため、これが酸性雨が薄毛になるといわれる原因でしょう。

頭皮に悪い状態を作らないことが、頭皮トラブルを避けるために必要なことです。

数値の強い酸やアルカリ性が頭皮に悪い影響を与えます

imasia_7112805_M
酸性は、強い濃度でなければ特に影響を与えることがありません。

しかし、濃度が強いと肌がやけど状態になってしまいますので注意が必要です。

これは酸性の飲み物にも同じことがいえます。

あまりにも酸が強い飲み物の場合、胃酸が多くなってしまったり、胃壁が負傷してしまったりするので、強い酸性にはより一層注意が必要でしょう。

食器用洗剤などに利用されているアルカリ性に関しても危険性が高いものがあります。

例えば、このアルカリ性の洗浄剤を手で触ってしまうことで、肌荒れを引き起こすことがあるのです。

ただ、最近ではアルカリ性の温泉が多くなってきました。

これまでの結果を見ると、アルカリ性は危険性が高いと言った認識になってしまいますが、肌とアルカリ性は相性抜群です。

アルカリ性のお湯につかることで、肌についた皮脂や角質を綺麗に除去してくれるため、つるつる、すべすべなお肌が期待できます。

しかし、アルカリ性のお湯はたんぱく質を除去する働きがあるため、パサつきのある髪の毛になりやすいです。

そのため、頭皮には避けた方がいいでしょう。

メリットなどを考え自分に合ったタイプを選ぶことが大切です

酸性かアルカリ性かに関しては、pH値を見ればすぐに確認することができます。

温泉の中でも、かなり高いpH値のものもあり実際に入浴をしても大丈夫なのか・・・と不安な気持ちになることもあるでしょう。

温泉の場合は、肌が極端に弱い人でない限りとくに問題なく入浴をすることができます。

pH値が高いアルカリ性のお湯は本物ではなく人工的に作られている可能性もありますので、実際の数値に関しては測定してみないとわかりません。

肌に関してでいえば、アルカリ性を弱酸性へと変化させてくれる効果もありますので、そこまで考える必要はありません。

弱酸性に関しては、肌はもちろんのこと、pH値もそれほど高くありませんので安心して利用しても問題はないでしょう。

逆にあまり神経質になってしまい、ストレスを抱えることのほうが、頭皮によくない影響を与えてしまいますので、注意しましょう。

アルカリ性、弱酸性などさまざまな種類がありますが、いずれにしても自分に合ったものを選ぶことが大切になります。

そのため、どちらがいいのかに関しては自分で決めていくことが求められます。

(まとめ)女性の頭皮は弱酸性なので酸性との相性はよくない?

1.女性の頭皮が弱酸性であっても、酸性が頭皮に悪いわけではありません

酸性と言っても、全て同じ数値であるとは限りません。

なかでも、強い数値の酸性は頭皮へのダメージが強くなってしまいますので、酸性でも数値を見ながら利用していくようにしましょう。

2.酸性やアルカリ性の強さには水素イオン濃度が関係しています

人間の頭皮は弱酸性ですので、酸性が頭皮になんらかの影響があるわけではありません。

そのため、今まで酸性のものを避けてきた人はそんなに気にしなくても大丈夫ですので安心してください。

3.数値の強い酸やアルカリ性が頭皮に悪い影響を与えます

強い酸性の場合、肌がやけどしたような状態になってしまいますし、アルカリ性の場合は肌にはいいですが、頭皮には良くないとされています。

ですので、利用する際にはきちんと確認をするようにしましょう。

4.メリットなどを考え自分に合ったタイプを選ぶことが大切です

アルカリ性、弱酸性にそれぞれメリットや特量があります。

どちらがいいのかを決めるのではなく、どちらが自分に合っているのかを決めることが重要です。

肌質に合わせて、自分に合ったものを利用することで、頭皮への影響を抑えることができます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む