女性の頭皮のべたつきはシャンプーで改善できます

Fotolia_29671151_Subscription_Monthly_M
頭皮のべたつきが気になる方は、シャンプー選びやシャンプーの仕方が間違っている可能性があります。

頭皮のべたつきは皮脂汚れが原因で起こりますから、適切に皮脂を落とせれば改善させることができます。

皮脂汚れに向いたシャンプー剤を使ったり、正しい方法でシャンプーをしたりするように心がけましょう。

また、皮脂が分泌しすぎないよう生活を見直すことも大切です。

頭皮のべたつきに適したシャンプーを使いましょう

きちんと毎日シャンプーをしているのに頭皮がべたついているという場合は、シャンプーが合っていない可能性があります。

洗浄力が弱すぎる

シャンプーの中には、洗浄力が特に弱いものもあります。

こうしたシャンプーでも問題がない体質の人は良いですが、頭皮のべたつきが気になる、汚れが取れていない、などと感じる場合はシャンプーを変えるようにしましょう。

特に皮脂分泌が過剰な人の場合は、汚れが落としきれないことがあります。

洗浄力が高すぎる

男性向けのべたつき防止シャンプーなどは、洗浄力がかなり高く作られています。

いくら頭皮の皮脂が気になるからといっても、こうしたシャンプーを女性が使うことはお勧めできません。

皮脂を落とし過ぎると、肌が皮脂不足だと勘違いをして余計に皮脂分泌が過剰になってしまうことがあるからです。

べたつきに適したシャンプー

頭皮のベタつきを取り除くためには、適切な洗浄力を持ったシャンプーを選ぶ必要があります。

アミノ酸系のシャンプーは、べたつきを防いでしっとり洗い上げる効果が高いものです。

しかし、具体的にどのシャンプーが良いかについては個人差が大きいため、実際に使ってみて選ぶのが一番です。

頭皮のべたつきを防ぐためにはシャンプーの仕方に注意が必要です

美容 イメージ
頭皮のべたつきを防ぐためには、べたつきを防ぐためのシャンプー方法を心がける必要があります。

事前準備

頭皮のべたつきを防ぐためには、皮脂をしっかり落とすことが大切です。

シャンプーだけですべてを落とそうとするのではなく、事前にブラッシングをして余計な汚れを落とし、ぬるめのお湯で予洗いをするようにしましょう。

洗髪

お湯の温度が高すぎると、皮脂の落とし過ぎに繋がり、却って皮脂が過剰に分泌されてしまいかねません。

皮脂を溶かして洗い流すことができる、38度から40度程度のぬるめの温度を心がけましょう。

また、シャンプー剤をつけすぎると、頭皮にシャンプー滓が残ってベタつきの原因になります。

シャンプーの使い過ぎに注意しましょう。

すすぎ

シャンプー剤や皮脂のすすぎ残しがないように、十分に頭皮を洗い流します。

シャンプーで汚れを洗い流すことも大切ですが、すすぎもしっかり行うことが大切です。

ドライヤー

頭皮を生乾きのまま放置すると、雑菌が繁殖する原因になります。

ドライヤーで完全に乾かすようにしましょう。

この時、熱過ぎる温風を至近距離からあてると、頭皮が乾燥して皮脂分泌が過剰になることがあります。

一定の距離をあけ、冷風を併用しながら乾かします。

皮脂の分泌を抑える生活を心がけましょう

頭皮のべたつきを抑えるためには、頭皮の皮脂をシャンプーで取り除くと共に、皮脂分泌を活発にしすぎないことが大切です。

そのためにも、皮脂の分泌を抑える生活を心がけるようにしましょう。

夜更かしをしない

皮脂の分泌を正常に保つためには、体のリズムを整えることが大切です。

自律神経が乱れると、皮脂の分泌量も正常を保てなくなってしまうからです。

夜更かしをせず、朝起きたら日の光を浴びる生活をするようにしましょう。

食生活

食事のリズムも大切です。

3食きちんと食べることや、栄養バランスに気を配ることはもちろん、間食やジャンクフードを控えることも大切です。

また、眠る前に食べることは寝つきを悪くしてしまいます。

生活リズムを整えるためにも、だらだらと物を食べたり夜遅くに食事を摂ったりすることは避けましょう。

運動

運動をすると血行がよくなって肌のターンオーバーが活発になるほか、自律神経も整えられます。

頭皮の健康のために適度な運動を行うようにしましょう。

(まとめ)女性の頭皮のべたつきはシャンプーで改善できる?

1.女性の頭皮のべたつきはシャンプーで改善できます

頭皮のベタつきが気になる女性は、シャンプーの選び方やシャンプー方法が間違っている可能性があります。

べたつきの原因である皮脂を適度に落とし、皮脂が分泌しすぎない生活を心がけましょう。

2.頭皮のべたつきに適したシャンプーを使いましょう

毎日シャンプーをしているのに頭皮がべたつく人は、シャンプーが合っていない可能性があります。

洗浄力が弱すぎたり高すぎたりするとベタつきの原因となります。

個人によって合うシャンプーは異なりますから、実際に使ってみて検討しましょう。

3.頭皮のべたつきを防ぐためにはシャンプーの仕方に注意が必要です

頭皮のベタつきを防ぐために、事前のブラッシングと予洗い、洗髪時のお湯の温度、シャンプー剤の量などに気を配るようにしましょう。

しっかりすすぐことや、ドライヤーで完全に髪を乾かすことも大切です。

4.皮脂の分泌を抑える生活を心がけましょう

頭皮のベタつきを抑えるために、夜更かしをせずに健康的な食生活をするよう心掛けましょう。

適度な運動をすることも効果的です。

生活リズムを意識して自律神経を整えることが大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む