頭皮の乾燥にはケアオイルをすると良いといわれています


頭皮の乾燥対策には、ケアオイルが向いているといわれています。

ケアオイルを使って頭皮マッサージや頭皮クレンジングをすると、頭皮の水分バランスが保たれて、乾燥の改善に効果的です。

ケアオイルは使い方にコツがいるため、自己流の使い方をするとかえって頭皮環境の悪化を招くことがあります。

また、頭皮が敏感な人はケアオイルが合わないことがあるので、頭皮トラブルが起こらないか確認してから使用しましょう。

ケアオイルは正しい使い方をすることで、頭皮の乾燥を予防・改善する効果が期待できます。

ケアオイルには、乾燥などの頭皮トラブルを改善する効果が期待されています

ケアオイルを使って頭皮ケアを行うと、乾燥などの頭皮トラブルを改善できるといわれています。

頭皮ケアは自宅で簡単に行えるので、どのような頭皮トラブルに良い効果が期待できるのかを把握しておきましょう。

頭皮の乾燥を改善する

ケアオイルを使った頭皮ケアをすると、頭皮の乾燥を改善できるといわれています。

頭皮が乾燥するとフケやかゆみが出ることがありますが、ケアオイルの効果によって皮脂バランスが整い、外部からの刺激に負けにくくなるのです。

頭皮が乾燥すると、頭皮がカサカサになるイメージがありますが、逆に皮脂が増えてベタつきが気になることもあります。

皮脂は健やかな頭皮環境に欠かせないものなので、必要な皮脂が失われると、頭皮を守ろうとして皮脂の分泌が過剰になるのです。

頭皮のにおいを改善する

頭皮が脂っぽくなると、においを発することがあります。

ケアオイルを使うと余計に頭皮がベタついて、においが強くなるように思えるかもしれません。

しかし、ケアオイルを使うと毛穴にたまった汚れや、古い角質をきれいに落とすことができます。

においの原因物質を除去できるので、頭皮のにおいが抑えられるでしょう。

頭皮の余分な皮脂を取り除く効果

頭皮にケアオイルを塗ると、頭皮の余分な皮脂となじみます。

どちらも「油」を成分としているので、相性が良いためです。

過剰に分泌された皮脂を抑え、頭皮環境を整える効果が期待できます。

ただし、頭皮が極度に敏感な人や、頭皮に深刻な炎症などがある人は、頭皮トラブルを悪化させることがあるため、ケアオイルの使用を見合わせましょう。

ケアオイルを使った頭皮マッサージが頭皮の血行を促進します


ケアオイルを使って頭皮マッサージをすると、頭皮の血行が促されて、抜け毛や白髪が改善されるといわれています。

頭皮はストレスによって血行が悪くなりやすいですが、頭皮マッサージをすることにより、血の巡りが良くなって、頭皮全体に栄養が運ばれやすくなるのです。

ケアオイルを使って頭皮マッサージをすると、指の滑りが良くなるので、頭皮に負担をかけることなく血行を促進できます。

まず、500円玉大×3の量のケアオイルを手に取り、指の腹を使って頭皮全体になじませます。

髪をかき分けながら両手でしっかりなじませて、親指を耳の後ろのくぼみに添えてください。

残りの指4本を側頭部に置き、頭皮をゆっくりと持ち上げながら5秒ほど押します。

次に両手をスライドさせて、後頭部や頭頂部、耳の後ろ、頭の付け根などを押していきます。

特に耳の後ろはリンパが流れている場所なので、丁寧にマッサージをしましょう。

手のひらの付け根部分でこめかみを押したら、最後は首から鎖骨にかけてリンパを流します。

こぶしをつくって第二関節を使うと、リンパの流れが促されるのです。

マッサージが終わった後は、2回のシャンプーでケアオイルを洗い落とします。

1回目のシャンプーで頭皮に残った汚れやケアオイルを流し、2回目は頭皮をマッサージしながら頭皮を洗います。

ケアオイルで頭皮クレンジングをすると、頭皮の汚れが落ちやすくなります

ケアオイルは頭皮マッサージに使えるだけでなく、頭皮クレンジングにも使うことが可能です。

落とし切れなかった皮脂汚れや、整髪料の残りなどをすっきりと落とせるので、頭皮を清潔に保てるでしょう。

頭皮クレンジングをする前に、乾いた髪をブラッシングして指通りをよくしておきます。

髪がからまっていると汚れを落としづらくなるため、事前にブラッシングをすると、頭皮クレンジングの効果を高めるといいます。

髪のからまりが取れたら、髪が乾いた状態でケアオイルを頭皮につけます。

濡れた髪ではケアオイルとのなじみが悪くなるので、髪を濡らさないことがポイントです。

頭皮全体をマッサージするようにケアオイルをなじませたら、食品用のラップを頭全体に巻いていきます。

ラップを巻いたら蒸しタオルをその上に巻き、5分ほど待ちます。

もし、ラップがない場合はラップなしでも大丈夫です。

待機時間中に頭皮の毛穴が開いて、汚れが落ちやすくなります。

5分経過したらお湯でケアオイルを洗い流し、仕上げにシャンプーで頭皮を洗ってください。

ケアオイルで頭皮ケアをすると、頭皮の皮脂バランスが整いやすくなります


ケアオイルを使った頭皮ケアで、頭皮の皮脂バランスを整いやすくなるのです。

顔の肌は水分と皮脂のバランスが大切だといわれるように、頭皮も水分と皮脂のバランスが整っているのが良い状態だといえます。

一般的には、水分量が40~50%あるのが皮膚にとって最適だとされています。

頭皮の水分量8に対し、皮脂が2という状態が理想的です。

皮脂と汗が混じってできた「皮脂膜」によって、頭皮は守られています。

ケアオイルでの頭皮ケアをすると、足りない皮脂が補われるため、豊かできれいな髪が育つ頭皮環境へと近づくでしょう。

皮脂は頭皮のベタつきやにおいの原因になりますが、それは皮脂が過剰に分泌された時の話です。

本来、皮脂は頭皮の保湿力と柔軟性を高め、紫外線やホコリなどの外部の刺激から頭皮を保護する役目を持っています。

皮脂が角質に浸透することによって、頭皮のなめらかさや潤いが保たれているのです。

健康な頭皮であれば皮脂と水分のバランスが正しく釣り合い、乾燥やベタつきのない頭皮になると考えられます。

頭皮が乾燥する原因があります

いつもの生活習慣や環境が、頭皮の乾燥を悪化させていることがあります。

どのようなことが原因となって、頭皮の乾燥を招いているのかを知り、頭皮ケアの取り組みに生かしましょう。

頭皮に合わないシャンプー

頭皮が乾燥しやすい人が洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮の皮脂バランスが崩れて、フケやかゆみを引き起こしやすいです。

自分では脂性肌だと思っていても、実は「隠れ乾燥肌」だったということもあります。

自分の頭皮がどのようなタイプなのかをきちんと理解し、やさしい洗浄力のシャンプーを使って頭皮を洗いましょう。

ドライヤーとブラッシング

からまった髪を無理矢理とかしたり、ドライヤーの熱を長時間当てたりすると、頭皮の乾燥を招くことがあります。

頭皮の角質層がダメージを受けることで、乾燥が進むのです。

頭皮の老化

年を重ねると顔の肌にたるみやシワが気になるように、頭皮も年を重ねると老化の症状が現れます。

セラミドや天然保湿因子が減少して水分量が減るだけでなく、皮脂腺の衰えから皮脂量も減少します。

頭皮ケアによく使われるケアオイルは自然由来のものが多いです

頭皮ケアに使われるケアオイルには、いくつもの種類があります。

やさしい成分の自然由来のものが多く、中には食用油としてなじみの深いものもあります。

好みのものを使って問題ありませんが、自分の頭皮タイプを考えながら、最適なケアオイルを選びましょう。

椿油

頭皮に良いケアオイルといえば、椿油を真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。

椿油には頭皮の乾燥を防ぐ「オレイン酸」が豊富に含まれています。

オレイン酸は皮脂と同じ成分なので、なじみやすいという特徴があります。

頭皮を保湿し、足りなくなった皮脂を補って皮脂バランスを調整します。

オリーブオイル

オリーブオイルをケアオイルとして使うと、頭皮の乾燥を改善する効果があるといわれています。

食用油として使われることが多いですが、ケアオイルとして使う際には注意が必要です。

食用として売られているオリーブオイルは頭皮の刺激となることがあるので、必ず化粧用のオリーブオイルを使用しましょう。

もし食用タイプを使う場合は、エクストラバージンオイルを選んでください。

ホホバオイル

自然界にあるオイルの中で最も皮脂に近いといわれているのが、ホホバオイルです。

さらっとした使い心地で頭皮とよくなじみ、乾燥や刺激から頭皮を守るといわれています。

頭皮を洗うシャンプーも自然由来のものを選びましょう

自然由来成分のケアオイルを選んだのであれば、シャンプーも自然由来の成分が含まれたものを選びましょう。

頭皮に合わないシャンプーが乾燥を悪化させるため、シャンプーは洗浄力が強すぎないものを選ぶことが大切です。

髪の手触りや香りを重視したシャンプーの中には、頭皮に強すぎる洗浄成分が使われていることがあります。

シャンプーは、頭皮へのやさしさが考慮されたもの、頭皮環境を整える効果があるものを選びましょう。

シャンプーはよく泡立てて、泡で頭皮を洗うイメージで行うと、頭皮に必要な皮脂だけを残して、余分な汚れはすっきりと落とせます。

頭皮ケアは、今や男性だけのものではありません。

乾燥が心配であれば、シャンプー後に育毛剤を併用して、頭皮の水分が奪われるのを防止しましょう。

(まとめ)頭皮マッサージや頭皮クレンジングをする際には、ケアオイルを使うのがおすすめです。


頭皮の乾燥が気になる時は、ケアオイルを使った頭皮ケアが有効だといわれています。

ケアオイルとして使えるオイルには、椿油、オリーブオイル、ホホバオイルなどがあるので、頭皮に合ったオイルを選んでケアをしましょう。

また、頭皮に合わないシャンプーや無理なブラッシング、ドライヤーの熱、加齢などが頭皮を乾燥させます。

日頃の習慣を見直し、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶという意識が、頭皮の乾燥を防ぐために必要です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む