ダメージを受けた頭皮をケアするには、質のよい睡眠を取りましょう


ダメージを受けた頭皮をケアする方法はいくつかありますが、よく眠ることも頭皮の環境を整える上で、大切なことです。

主に就寝中の時間帯に、頭皮は日中に受けたダメージを回復します。

頭皮のダメージを回復するのは「成長ホルモン」の働きによるものです。

成長ホルモンが就寝中に最も多く分泌されるため、頭皮ケアと睡眠には深い関わりがあると考えられています。

夜更かしなどが習慣化している人は、慢性的な睡眠不足に陥っています。

睡眠が足りない状態が続くと、頭皮のダメージを回復する時間が足りなくなり、頭皮の環境がだんだんと悪化していきます。

深い眠りが髪をつくり、頭皮のダメージをケアします

健やかで深い眠りが髪を育て、頭皮のダメージを回復するといわれています。

また、深く眠ると「成長ホルモン」の分泌が増えます。

脳の下垂体から分泌される成長ホルモンは、その名の通り、身体の成長に関わりのあるホルモンです。

成長期の子どもが急激に発育するのは、成長ホルモンが骨を伸ばし、筋肉を発達させるからです。

子どもの成長を促す働きだけでなく、代謝を助け、エネルギーを生み出す働きも持っているので、年齢を問わず生涯にわたって必要なホルモンだといえます。

さらに成長ホルモンには、タンパク質を構成するアミノ酸を取り込み、タンパク質を合成するという役割もあります。

成長ホルモンが合成するアミノ酸には、髪の主成分である「ケラチン」が含まれています。

もし、成長ホルモンの分泌が不足すると、髪をつくる素となるケラチンも不足し、髪の生育に大きなダメージを与えることになります。

睡眠には2通りあり、浅い眠りである「レム睡眠」と深い眠りである「ノンレム睡眠」に分かれています。

私達は眠っている間にレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しており、成長ホルモンが分泌されるのはノンレム睡眠の時になります。

最初のノンレム睡眠が訪れた時に、最も多くの成長ホルモンが分泌されます。

深く眠った状態になると血流が改善されて、皮膚に多くの血液が流れるようになります。

血流がよい頭皮は栄養を吸収しやすくなるため、日中の間に受けたダメージの回復がスムーズに行われます。

諸説ありますが、夜の10時から2時の間が頭皮を含めた皮膚の細胞が、最もつくられる時間帯だといわれています。

睡眠不足を招く習慣を断ち切りましょう


睡眠不足に悩む人が増えているといわれていますが、睡眠が足りなくなる原因は主に生活習慣にあると考えられています。

就寝直前のスマートフォンやパソコン

睡眠不足になっている人の多くが、スマートフォンやパソコンを寝る直前まで操作しているといわれています。

人によっては、布団の中に入ってからも、ついスマートフォンを触ってしまい、SNSやゲームを楽しんでしまうこともあるでしょう。

スマートフォンやパソコンの画面からは、「ブルーライト」という光が出ています。

ブルーライトの健康への影響が懸念されていますが、睡眠不足になる原因もブルーライトにあるといわれています。

ブルーライトは紫外線に次いでエネルギーが強く、目に大きな負担をかけることがわかっています。

太陽の光にも含まれていますが、夜になってスマートフォンやパソコンの画面からブルーライトを浴びてしまうと、体内時計が狂う原因になります。

体内時計が狂うと本来、眠くなるはずの時間に眠気をもよおさず、昼間の活動時間帯に眠気を感じやすくなります。

就寝直前のタバコや飲酒

喫煙や飲酒をした直後に布団に入ると、眠りが浅くなるといわれています。

タバコやお酒は、くつろぎのひとときに口にするものですが、実はニコチンやアルコールには、自律神経の交感神経を刺激する作用があります。

交感神経が優位になった状態で布団に入っても、眠りに落ちにくく、眠れたとしても浅い眠りになってしまい、睡眠不足となります。

タバコやお酒を口にするなら、就寝する3時間前までにしましょう。

成長ホルモンを増やすカギはプロテインです

成長ホルモンの分泌を促すには、プロテインの摂取が効果的です。

プロテインとはタンパク質のことで、タンパク質を摂取する目的でつくられたサプリメントのことを、プロテインと呼びます。

プロテインは、就寝する30分~1時間前に摂取するとよいといわれています。

就寝前に摂ると、成長ホルモンの分泌が活発になる夜に作用して、タンパク質の吸収率が上がります。

また、起床時は体内のタンパク質が減少している状態なので、朝の時間帯にプロテインを摂取するのも効果的だと考えられています。

睡眠中に成長ホルモンがタンパク質を消費しているため、失われたタンパク質を補うことができます。

朝、目が覚めたらできるだけ早いタイミングで、プロテインを摂取するのがよいといわれています。

タンパク質などの身体に必要な栄養は、基本的に食事から摂るのが望ましいとされています。

時間がなく、食事の支度が難しい時などにはプロテインを活用して、成長ホルモンの分泌を促してあげましょう。

枕カバーの汚れが、頭皮にダメージを与える原因になります


枕カバーの汚れを放置すると、頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。

普段使っている枕カバーから、嫌な臭いを感じた経験はないでしょうか。

もし枕カバーから脂っぽい臭いや生乾きの臭いがする場合は、枕カバーが汚れている可能性があります。

枕カバーは睡眠中にかいた汗を吸い取っているため、見た目には綺麗でも、雑菌やダニの温床となりやすい環境です。

頭皮から分泌される汗や皮脂は、雑菌やダニのエサとなります。

また、シャンプー後の髪を乾かさないで寝ると、湿気を好むカビ菌が増えることもあります。

枕カバーは頭皮や髪が直接触れるため、枕カバーの汚れは頭皮にダメージを与える原因になります。

頭皮のかゆみや湿疹、臭いなどが気になる時は、枕カバーの汚れを疑いましょう。

人間の睡眠時間は、人生の3分の1に相当するといわれています。

枕カバーは目に見える汚れがなくても、2~3日に1回は洗濯し、清潔を保つように心がけましょう。

頭皮のダメージを防ぐためには、枕カバーのケアも必要です。

いつもの習慣が頭皮のダメージを蓄積させます

睡眠不足や枕カバーの汚れ以外にも、頭皮にダメージを与える原因があります。

普段何気なく行っている行動が、知らず知らずのうちに頭皮に負担をかけます。

健康な髪を育てるためにも、何が頭皮のダメージの原因になるのかを把握しておきましょう。

シャンプーの際に力を入れすぎている

頭皮を洗う時に無理な力を加えたり、爪を立てたりすると、頭皮を傷つけてダメージを与えてしまいます。

また、摩擦によって髪のキューティクルがはがれるので、髪がぱさつきやすくなります。

乱暴なブラッシング

髪をとかす時に乱暴にブラッシングをすると、頭皮が傷ついたり、髪が痛んだりします。

丁寧にブラッシングをしても、頭皮に合わないブラシを使うことで、頭皮のダメージになることもあります。

ドライヤーの熱

シャンプーの後はしっかり頭皮を乾かす必要がありますが、ドライヤーを頭皮に近づけすぎるのは、頭皮や髪が乾燥する原因です。

タオルドライをしないまま、ドライヤーで頭皮を乾かすのも、頭皮へのダメージになります。

頭皮ケア効果の高いシャンプーで、ダメージを回復しましょう

シャンプーを選ぶ時に、頭皮の汚れ落ちを重視するのは大切です。

しかし、過剰な洗浄力があるシャンプーでは、頭皮が必要とする皮脂までも洗い流してしまい、結果的に頭皮にダメージを与えることになります。

頭皮ケアに適したシャンプーとは、余分な皮脂や汚れをしっかり落とす力と、頭皮を健やかな環境へ導く効果を併せ持ったシャンプーです。

「高級アルコール系」と呼ばれる、比較的安価なシャンプーには、人工的な洗浄成分を使ったものが数多くあります。

シャンプーは「価格が安いから頭皮に悪い」、「価格が高いから頭皮ケアに向いている」というものでもありません。

しかし、安価で手に入れやすいシャンプーには、コストを抑えるために人工的な洗浄成分が含まれている可能性が高いことを覚えておきましょう。

頭皮ケアには「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。

マイルドな洗浄力で敏感肌の人でも安心して使え、頭皮に潤いを残しながらも、汚れをすっきりと洗い落としてくれます。

ひと手間かけるとシャンプーの効果が高まります

頭皮をシャンプーで洗う際、ひと手間かけてあげることで、シャンプーの効果を高めることができます。

シャンプーの正しい手順を確認して、頭皮ケアに役立てましょう。

頭皮を洗う前にブラッシングをする

髪を濡らす前にブラッシングをすると、髪の指通りがよくなるので、シャンプーがしやすくなります。

また、頭皮や髪の汚れが落としやすくなる効果も期待できます。

お湯で洗う

シャンプーを使う前に、お湯で頭皮と髪をよく洗いましょう。

頭皮が温まり、シャンプーの泡立ちもよくなるので、毛穴の汚れが落ちやすくなります。

マッサージしながら洗う

シャンプーを泡立てたら、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。

頭皮の血行が改善し、コリもほぐれます。

よくすすぐ

頭皮を洗い終わったら、お湯でしっかりとすすぎをしましょう。

耳の裏や生え際のすすぎ残しに注意しながら、シャンプーを全て洗い流します。

(まとめ)頭皮のダメージケアをするには、普段の睡眠環境を見直しましょう。


夜更かしや寝不足が続くと、成長ホルモンの分泌や頭皮の血行を阻害し、頭皮へダメージを与えてしまいます。

成長ホルモンを増やすにはタンパク質を含むものを食べ、プロテインのサプリメントも併用しながら、身体の中からも頭皮ケアをしましょう。

シャンプーをする際は、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

頭皮を洗う前にブラッシングをしたり、お湯で頭皮を洗ったりすることで、シャンプーの汚れ落ちがよくなります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む