抜け毛が気になる時の頭皮ケアは、アミノ酸系シャンプーがおすすめです


抜け毛が増える原因はいくつか考えられますが、頭皮に合わないシャンプーが原因になっていることがあります。

洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮を痛めるので、抜け毛が起こりやすくなります。

アミノ酸系シャンプーであれば、やさしい洗浄力で頭皮を洗い上げ、健やかな髪を育てるサポートをしてくれます。

また、スペシャルケアとして育毛剤を使うのもおすすめです。

育毛剤に男性的なイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、豊かで美しい髪を目指して、育毛剤を愛用する女性が増えています。

抜け毛の予防と改善には、アミノ酸系シャンプーが適しています

抜け毛を予防・改善するには、アミノ酸系シャンプーで頭皮ケアをするのが効果的です。

アミノ酸系シャンプーは、従来のシャンプーより頭皮にやさしい洗浄力であり、頭皮に負担をかけずにスッキリと洗い上げることができます。

洗浄成分がアミノ酸なので、数あるシャンプーの中で最も刺激が少なく、どのような頭皮タイプの人でも、安心して使えるシャンプーです。

特に抜け毛に悩んでいる方や、頭皮が敏感な方に適しています。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力のやさしさが特徴ですが、頭皮の汚れをしっかり落としてくれるので、頭皮のべたつきに悩んでいる人にもおすすめです。

頭皮が脂性タイプの人の場合、頭皮の皮脂を落とそうとして洗浄力の強いシャンプーを選んでしまうことがあります。

しかし、頭皮の皮脂をごっそり洗い流してしまうと、頭皮を保護するために必要な皮脂も失われてしまうため、頭皮の環境が悪化して抜け毛の原因になります。

皮脂が不足した頭皮は乾燥してカサカサになったり、足りない皮脂を補おうとして大量の皮脂を分泌したりします。

頭皮の皮脂と水分バランスが崩れると健康な髪が育ちにくくなるので、シャンプー選びは慎重に行う必要があります。

アミノ酸系シャンプーは人間の頭皮や肌と同じ弱酸性であるため、頭皮にダメージを与える心配がありません。

汚れや不要な皮脂は落としながらも、頭皮が必要とする皮脂や水分はきちんと残してくれます。

植物由来成分で地球環境にもやさしく、排水溝に流した後も分解されて自然に還るというエコな一面も持ち合わせています。

アミノ酸は人間にとって欠かせない成分です


アミノ酸は人間が生きていく上で、欠かせない成分として知られています。

人間の身体の主要な部分は、タンパク質で構成されています。

多数のアミノ酸の集合体がタンパク質であり、髪や皮膚、ホルモン、血液、筋肉、臓器などがタンパク質からつくられています。

アミノ酸には多くの種類がありますが、このうち人間の身体に必要なアミノ酸は20種類です。

体内で生成できる「非必須アミノ酸」と、体内で生成できない「必須アミノ酸」に分かれています。

非必須アミノ酸(11種類)
  • アスパラギン酸
  • アスパラギン
  • グルタミン酸
  • グルタミン
  • アラニン
  • アルギニン
  • シスチン(システイン)
  • グリシン
  • プロリン
  • セリン
  • チロシン
必須アミノ酸(9種類)
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • トリプトファン
  • バリン
  • ヒスチジン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • スレオニン

タンパク質を合成するためには、使われるアミノ酸の数や種類、結合する順番が予め決められています。

もしひとつでもアミノ酸が不足すれば、人間の身体に重大な影響を及ぼすことになります。

髪はケラチンというタンパク質からつくられています

髪の主成分であるタンパク質は、「ケラチン」と呼ばれています。

髪をドライヤーで乾かす時に、うっかり熱を当てすぎると、焦げたような臭いがすることがあります。

このような臭いがするのは、髪がタンパク質でつくられているためです。

ケラチンは18種類のアミノ酸でつくられたタンパク質で、髪の90%以上を占める主成分となっています。

弾力性のある細い繊維状のタンパク質で、髪をつくるケラチンは「硬ケラチン」と呼ばれています。

ケラチンを構成する18種類のアミノ酸のうち、特に割合が高いのが次の3つになります。

シスチン

ケラチンの15%ほどを占めているアミノ酸です。

抗酸化作用があるため、皮膚の老化を遅らせ、美肌効果があるといわれています。

グルタミン酸

グルタミン酸は、ケラチンの14%ほどを占めるアミノ酸です。

美肌効果だけでなく、脳を活性化させる働きもあるといわれています。

ロイシン

ロイシンは、ケラチンの10%ほどを占めているアミノ酸です。

筋肉を強化したり、肝機能を高める働きがあると考えられています。

ケラチンは髪を育てるために、必要不可欠な成分です。

体内のケラチンが不足してしまうと、髪の成長が遅くなったり、抜け毛の原因になります。

たとえ髪が生えたとしても、ツヤのない細い髪質になりやすいので、ボリュームのある綺麗な髪には程遠くなるでしょう。

ケラチン不足を防ぐには、普段の食事から良質なタンパク質を摂りましょう。

肉や魚、乳製品などから動物性タンパク質を、大豆製品などから植物性タンパク質を摂ることができます。

タンパク質は身近な食品に多く含まれているので、栄養バランスを考えながら日々の食事から摂取しましょう。

抜け毛が起きやすくなる原因があります


抜け毛や起きる原因は、頭皮に合わないシャンプーを使う以外にも、さまざまなものが考えられます。

人間の髪は1日に100本ほどが自然に抜けるといわれていますが、明らかにそれ以上の抜け毛がある場合は、頭皮が髪を育てにくい環境になっています。

普段の習慣や生活環境などを振り返ってみて、抜け毛を招く原因が隠されていないか確認しましょう。

栄養バランスの悪い食事

いくら髪がタンパク質からつくられているといっても、タンパク質だけに偏った食事では頭皮で健やかな髪は育ちません。

肉類や脂っぽいものばかりの食事が続くと、抜け毛の原因になるといわれています。

野菜や果物、海藻類などもバランスよく食べ、ビタミンやミネラルの摂取も心がけましょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは健康を害する大きな要因となりますが、抜け毛の原因になることも指摘されています。

過度なストレスや睡眠不足などが影響し、ホルモンや自律神経の乱れを招いて、髪が育ちにくくなります。

出産後のホルモン変化

出産後の女性はホルモンバランスが大きく変化するため、抜け毛になりやすいといわれています。

妊娠中はホルモンの分泌が活性化しますが、出産後は急激に減少します。

人によっては、出産してから3ヶ月が経過した頃に大量の抜け毛に見舞われることもあります。

ヘアカラーやパーマによるダメージ

女性にとってヘアカラーやパーマはお洒落の基本ですが、あまり頻繁に行うと髪だけではなく、頭皮にもダメージを与えることがあります。

白髪染めなど、どうしてもヘアカラーが必要な場合は、頭皮にやさしい成分のものを選びましょう。

正しくシャンプーをして頭皮ケアをしましょう

自己流でのシャンプーが頭皮に負担を与え、抜け毛を引き起こしていることがあります。

摩擦で髪のキューティクルがはがれ、髪を痛める原因にもなります。

自宅で頭皮ケアをするのであれば、シャンプーの正しいやり方を身につけて、抜け毛を予防・改善しましょう。

事前にブラッシングをする

髪同士がもつれた状態でシャンプーをすると、シャンプーをする時に指に髪がからまり、抜け毛が起こりやすくなります。

ブラッシングをしておくことで、髪の指通りがよくなり、頭皮や髪の汚れも落としやすくなります。

お湯で予洗いをする

シャンプーで頭皮を洗う前に、まずはぬるま湯で頭皮を軽く洗いましょう。

水分が頭皮や髪にしっかりと含まれるので、シャンプーの泡立ちがよくなります。

アミノ酸系シャンプーで洗う

手のひらでしっかりとシャンプーを泡立て、頭皮をやさしく洗いましょう。

シャンプーは髪を洗うというよりも、頭皮を洗うイメージで、指の腹を使ってマッサージするように洗っていきます。

爪で頭皮を傷つけないように気をつけましょう。

ぬるま湯でしっかりすすぐ

シャンプーの泡でよく洗った後は、すすぎをしっかりと行います。

もしシャンプーの成分を頭皮に残したままにすると、頭皮の環境を悪化させることがあります。

2~3分を目安に、丁寧にすすぎをしましょう。

抜け毛の予防と改善には頭皮マッサージも効果的です

抜け毛の予防と改善をするには、頭皮マッサージも有効な方法です。

自宅で簡単にできるので、就寝前の時間などを使って取り組んでみましょう。

頭皮マッサージは、頭皮に点在するツボを意識して行います。

ツボを押すことにより、頭皮の血行を改善し、頭皮全体に栄養が届きやすい状態にして抜け毛を防ぎます。

おすすめのツボは、次の4つです。

百会(ひゃくえ)

頭頂部の中央に位置するのが、百会のツボです。

自律神経を整え、抜け毛を防止します。

風池(ふうち)

耳の裏のうなじ付近にあるのが、風池のツボです。

頭皮や首などの血行を改善し、眼精疲労の解消にも効果的です。

角孫(かくそん)

耳の上の生え際あたりにあるのが、角孫のツボです。

抜け毛の改善に効果があるといわれており、頭痛の緩和にもよいとされています。

合谷(ごうこく)

手の甲の親指と人差し指の骨が交わるところにあるのが、合谷のツボです。

頭皮や肌のツヤをよくし、首や肩のコリを改善する効果があるといわれています。

(まとめ)抜け毛が多くなるのは、どこかに必ず原因が隠されています。


まずはシャンプーの選び方を見直し、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーで頭皮を洗う習慣を身につけましょう。

頭皮に合わない洗浄力の強いシャンプーが、抜け毛を引き起こすと考えられています。

人間の身体に必要なタンパク質は、アミノ酸からつくられており、髪の主成分もケラチンというタンパク質です。

アミノ酸系シャンプーで頭皮ケアをすると、抜け毛が起きにくい頭皮に変化していきます。

頭皮マッサージなども取り入れて、抜け毛に悩まされない頭皮に育てましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む