夏の頭皮ケアで紫外線によるダメージを回復させましょう


夏は一年のうちで、最も紫外線が降り注ぐ季節です。

肌と同じように頭皮も紫外線対策をしなければ、ダメージが蓄積されて、思わぬトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

頭皮が紫外線を浴び続けると頭皮の老化を招き、健康な髪が育ちにくくなります。

豊かで艶やかな髪を育てるには、紫外線を防ぐ対策と、紫外線を浴びた後のケアが大切になります。

また、夏は気温が上昇するため、頭皮の汗や皮脂が増えやすくなります。

汗や皮脂のケアをしっかりとすることも大切です。

紫外線が頭皮に与えるダメージは重大です

頭皮の紫外線対策は見過ごされがちですが、紫外線にさらされた頭皮にはダメージがどんどん蓄積されていきます。

紫外線の恐いところは、頭皮の表面だけでなく、頭皮の奥にまで届いてしまうことです。

夏は特に紫外線が強い季節なので、知らず知らずのうちに頭皮がダメージを受けて老化が進んでしまいます。

薄毛の原因になる

紫外線は髪を育てる「毛母細胞」を攻撃し、機能を低下させてしまいます。

髪が抜けやすくなったり、再生されなくなったりすることで、全体の髪の量が減って、薄毛を招きます。

白髪の原因になる

紫外線にはメラニンを分解する作用があるため、長時間紫外線を浴びると髪が変色するといわれています。

メラニンが破壊されると髪が黒くならないので、白髪の割合が増えることになります。

かゆみの原因になる

毎日シャンプーしているのに頭皮にかゆみを感じるのは、紫外線が原因の可能性があります。

紫外線を長く浴びると頭皮のバリア機能が低下し、頭皮が乾燥しやすくなります。

乾燥した頭皮は水分が失われて刺激に弱くなり、かゆみが出やすい状態になります。

炎症の原因になる

長時間紫外線にさらされると、頭皮が真っ赤になることがあります。

これは頭皮が火傷のような状態になって、炎症を起こしているからです。

頭皮の炎症は痛みやフケの原因になるといわれています。

嫌な臭いの原因になる

紫外線の影響で頭皮の老化が進んでしまうと、頭皮が臭いを発するようになります。

頭皮が老化すると免疫力が低下するため、雑菌が繁殖しやすくなるからです。

臭いを消そうとシャンプーを1日に何度もすると、さらに頭皮にダメージを与えることがあるので、注意が必要です。

紫外線が頭皮に悪影響を及ぼす仕組みがあります


紫外線が頭皮に悪影響を及ぼすのは、紫外線のA波(UV-A)とB波(UV-B)の性質に違いがあるためです。

太陽の光には目に見える「可視光線」と、目には見えない「赤外線」があります。

紫外線も赤外線と同じく目に見えない光で、波長の長さによってA波、B波、C波に分かれています。

このうちのA波とB波が地表に届き、頭皮の上に降り注ぐことになります。

A波の特徴と頭皮への影響

太陽から届く紫外線の9割がA波になります。

日焼けをすると肌が黒くなるのは、A波によってメラノサイトが活性化されて、メラニンがつくられるためです。

A波は頭皮に急激な症状を引き起こすことはありませんが、頭皮の奥にある真皮まで届き、じわじわとダメージを与え続けます。

頭皮のハリや弾力を保つ「エラスチン」を変質させ、「コラーゲン」を切断して、頭皮の老化を進めます。

このように紫外線によって肌が老化することを、「光老化」といいます。

光老化が起きた頭皮は細胞が傷つけられ、頭皮のたるみやシワが増えます。

A波は波長が長いため、曇りの日であっても窓ガラスも通り抜けて、頭皮にダメージを与えます。

B波の特徴と頭皮への影響

B波は太陽から届く紫外線のうちの1割ほどですが、わずかな量で表皮を中心にダメージを与えます。

A波のように窓ガラスを通り抜けないので、晴れた日の屋外に出なければ浴びることはありませんが、非常に強いエネルギーを持っています。

B波は表皮のメラノサイトを活性化し、大量のメラニンをつくり出します。

頭皮への影響が強く、サンバーンによる炎症を起こしたり、色素が沈着するサンタンの原因になったりします。

B波は波長が長いため、炎症やシミといった目に見えるトラブルだけでなく、遺伝子レベルで細胞を傷つけるため、人体への影響が懸念されています。

夏は頭皮の紫外線対策をしましょう

紫外線の影響から頭皮を守るためにも、特に夏の間は紫外線対策を怠らないようにしましょう。

日焼け止めクリームを直接頭皮に塗るわけにもいかないため、頭皮の紫外線対策は工夫が必要になります。

日傘や帽子を使う

紫外線対策の基本といえば、日傘と帽子になります。

頭皮が紫外線を浴びるのを確実に防いでくれるため、日傘と帽子は有効なアイテムだといえます。

日傘は、紫外線を防ぐ効果がついているものがおすすめです。

頭皮が蒸れるとさらなるトラブルの原因になるため、帽子はデザイン性だけでなく通気性も重視しましょう。

日傘と帽子を一緒に使うと、紫外線を防ぐ効果が高まります。

UVカットスプレーを使う

頭皮に直接日焼け止めクリームを塗るのは難しいですが、UVカット効果のあるスプレーを使うと、つむじや分け目の日焼けを防ぐ効果が期待できます。

窓のある室内で過ごす時は日傘や帽子を使えないので、UVカットスプレーで紫外線対策をしましょう。

分け目をときどき変えてみる

分け目をいつも同じにしていると、同じ個所に紫外線があたり、ダメージが蓄積されてしまいます。

気分転換も兼ねて、週に何度かは分け目を変えてみるとよいでしょう。

頭皮が紫外線を浴びたら必ずケアをしましょう


長時間頭皮が紫外線を浴びてしまった時は、忘れずにケアをしましょう。

今の段階で特に症状がなかったとしても、後になってトラブルが起こる可能性は充分に考えられます。

頭皮は髪の毛に隠されているため、日焼けをしても気づきにくく、症状が悪化しやすい箇所だといえます。

紫外線を極力浴びないようにすることが大切ですが、海やプールなどの夏のレジャーを楽しみたい時は、日傘や帽子の使用はあまり現実的ではありません。

頭皮が紫外線を浴びた時のケアをいくつかご紹介するので、是非実践してみてください。

とにかく冷やす

頭皮が日焼けをしたら、氷水や冷たいシャワーで患部を徹底的に冷やしましょう。

保冷剤や濡らしたタオルでも効果的です。

その日のうちにしっかり冷やして、なるべく頭皮の炎症を抑えることが大切です。

保湿をする

日焼けをした頭皮は、乾燥しやすくなっています。

きちんと保湿をしてあげないと皮がむけてフケのような状態になるので、保湿は念入りに行いましょう。

顔用の化粧水でもよいのですが、育毛剤を使うとより効果的です。

育毛剤には髪を育てるだけでなく、頭皮をいたわり、保湿をしてくれる効果も期待できます。

頭皮を冷やして炎症が落ち着いたタイミングで、使ってみましょう。

頭皮をマッサージする

マッサージすると血行がよくなり、頭皮に栄養が行き渡りやすくなります。

炎症が治まって頭皮にピリピリとした刺激がないのを確認してから、マッサージをしてみましょう。

マッサージ用のブラシなどを使うと、より効果的です。

汗と皮脂が夏の頭皮にダメージを与えます

夏は紫外線以外にも、汗と皮脂によって頭皮にトラブルが起こりやすくなっています。

気温が高い夏は汗をかきやすくなりますが、頭皮も身体と同じように汗をかき、皮脂を分泌しています。

かいた汗をそのままにしておくと、べたつきや臭いが発生する原因になります。

体温調節をするためには汗をかくことが必要になるため、夏に汗の量が増えてしまうのは仕方がありません。

しかし、汗の量が増えれば、汗によって運ばれる皮脂の量も増えることになります。

水分である汗はやがて蒸発してなくなりますが、皮脂は脂なので汗のように蒸発はしません。

頭皮のケアをせずに放置していると、残った皮脂が紫外線を浴びて酸化し、毛穴に詰まります。

この毛穴汚れがべたつきや臭いの発生源になり、頭皮のトラブルを起こします。

また、頭皮の汗は雑菌を繁殖させ、抜け毛が増えるという説もあります。

頭皮はもともと弱酸性ですが、汗をたくさんかくことによってアルカリ性に傾き、殺菌力が弱まって雑菌が増えやすくなります。

汗も皮脂も頭皮を保護する「皮脂膜」をつくるのに必要なものですが、あまり量が多すぎても、かえって頭皮に悪い影響を及ぼすことになります。

頭皮にやさしいシャンプーを選んでケアをしましょう

夏は頭皮ケアを重視して、頭皮にやさしいシャンプーを選びましょう。

髪の手触りをよくしたり、シャンプーの香りが長続きする効果よりも、頭皮をケアする効果をうたったシャンプーが適しています。

頭皮のタイプも人によって異なってくるため、自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

  • 頭皮がべたつくタイプ
  • 頭皮が乾燥するタイプ
  • 頭皮がかゆくなりやすいタイプ
  • 頭皮のフケが多いタイプ
  • 頭皮が敏感なタイプ

頭皮ケアができるシャンプーは、髪をケアする効果も高いため、頭皮と髪の両方をいたわることができます。

少しでも頭皮に気になる症状がある場合は、頭皮ケア効果のあるシャンプーに着目しましょう。

シャンプーをする際はぬるま湯を使い、すすぎをしっかり行いましょう。

どんなに優れたシャンプーでも成分が頭皮に残ったままでは、頭皮の環境を悪くする原因になります。

頭皮と髪を洗った後はドライヤーを使って乾かし

(まとめ)夏は一年のうちで、最も紫外線を浴びる量が増える季節になります。


肌と同じように頭皮の紫外線対策を行い、光老化による頭皮のダメージを防ぎましょう。

A波は頭皮の真皮まで届き、B波は表皮を中心にダメージを与えますが、日傘や帽子を使えば、頭皮が紫外線を浴びるのを防ぐことができます。

また、夏は気温が高くなるため、頭皮の汗や皮脂の量も増えてきます。

過剰な汗や皮脂は頭皮の毛穴を詰まらせ、べたつきや嫌な臭いの原因になります。

頭皮に合ったシャンプーを選び、しっかりすすぐことと、よく乾かすことを徹底しましょう。

夏の頭皮ケアは、紫外線、汗、皮脂の3点が重要ポイントです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む