ハゲない頭皮ケアのため生活習慣やシャンプーや洗髪方法に注意しましょう


頭皮環境が悪化すると女性でも脱毛症になる場合があります。
そうならないためには、女性ホルモンが乱れない生活習慣を心がけましょう。

睡眠不足になれば成長ホルモンが分泌されずダメージを受けた頭皮が回復しないと言われています。
また、髪や頭皮には女性ホルモンが必要なのですが、睡眠不足やストレスなども乱れにつながる可能性があります。

シャンプーや洗髪方法に注意することも、健康的な頭皮環境を保つために必要なことです。

女性でも脱毛症でハゲる可能性があるので気をつけましょう

女性だとしても、頭皮環境が悪化してハゲに進んでしまう場合もあります。

たとえば女性男性型脱毛症などが代表的なハゲになる症状の1つです。
原因として男性ホルモンや女性ホルモンが影響して薄毛や脱毛が起きると言われています。特徴としては髪全体で薄毛になっていく症状とされています。

女性の中にも男性ホルモンがあり、女性ホルモンの乱れや減少によって男性ホルモンが増えてしまうことが原因の1つとして考えられるのです。

また、髪の毛をポニーテールにしている人や、エクステなどを行っている人は髪の毛が引っ張られることになり、結果として牽引性脱毛症が生じてハゲるとも言われています。

ほかにも女性に多いと言われているのが円形脱毛症と呼ばれています。
円形や楕円形など局所的に脱毛が起きると言われているのです。

頭皮ケアをきちんとしていない、あるいは原因に対して無視をして放置をすると、頭皮環境が悪化することで、このような脱毛症につながる場合も多いのです。

女性でハゲてしまうのはやはり見た目的にも問題がありますし、なにより精神的な負担が大きくなるでしょう。
ストレスがますます脱毛症などを悪化させる可能性もあるので注意が必要です。

脱毛症につながる原因は不規則な生活など多数あります


ハゲにつながる頭皮ケアを考えるのでしたら、まず、原因についてきちんと予防をする必要があります。たとえば睡眠不足のような不規則な生活を行うことで、頭皮のダメージが大きくなる可能性が考えられるでしょう。

頭皮は日常的に生活をしていても紫外線や乾燥をして負担がかかっていると考えられます。
そのダメージについては、睡眠中に分泌される成長ホルモンなどで回復すると言われているのです。しかし睡眠不足になれば十分な成長ホルモンが不足するので、頭皮環境が悪化して薄毛につながる可能性もあります。

また、脂質や糖分などが豊富に含まれたジャンクフードやお菓子ばかり食べていると、栄養バランスが乱れてしまいます。
頭皮や髪の毛の健康を保つための栄養が不足するなどの問題も生じるでしょう。

さらに慢性的にストレスがあると自律神経が乱れることが考えられます。

自利神経が乱れるとホルモンバランスが乱れたり、血行が停滞するなどが生じて頭皮環境が悪化することも多いのです。

また、運動不足は新陳代謝や血行も悪化すると言われており、さらに過度な飲酒や喫煙なども良くないと言われています。
たとえば飲酒はアルコールを分解するためにはアミノ酸が必要です。
そのアミノ酸は髪の毛を構成する成分なので、髪がうまく育たないことも考えられるのです。

シャンプーの使い方や洗髪方法に気をつけましょう

シャンプーを使用した洗髪方法にも気をつける必要があります。
たとえば頭皮に合わせたシャンプーを使用しなければ頭皮環境の悪化につながると言われています。

基本的に健康的な頭皮環境を保つためには、皮脂のバランスも重要だからです。
皮脂が大量にあると、何度も頭皮をシャンプーで洗ってしまうことも少なくありません。
しかし皮脂が不足をすると、頭皮が乾燥してしまうことでハゲのきっかけになる場合もあります。

とくに石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーなどは、洗浄力が強すぎて、何度も洗ってしまうと必要量の皮脂まで取り除いてしまう可能性があるのです。
そうなるとターンオーバーの乱れなどが生じると考えられています。

もし頭皮環境を考えるのであればアミノ酸系のシャンプーを利用してみても良いでしょう。アミノ酸系シャンプーは必要な皮脂を残しつつ、汚れを取り除くことが期待できます。
もちろん、アミノ酸シャンプーであっても1日に何度も洗うのは良くありません。

ハゲを予防する頭皮ケアをするなら、日常にある原因を予防することはもちろん、使用しているシャンプーにも気をつかいましょう。

(まとめ)ハゲないための頭皮ケアってどうすればよいの?

1.ハゲない頭皮ケアのため生活習慣やシャンプーや洗髪方法に注意しましょう

頭皮環境を乱さないためには女性ホルモンが乱れるような原因を避けましょう。
睡眠不足などの不規則な生活臭やストレスに注意が必要です。

またシャンプーや髪の洗い方でも頭皮環境は悪化するので気をつけましょう。

2.女性でも脱毛症でハゲる可能性があるので気をつけましょう

女性でも頭皮環境が悪化すれば薄毛や脱毛が増えてハゲになる可能性はあります。
たとえば女性男性型脱毛症や、牽引性脱毛症、円形脱毛症などが考えられます。

脱毛症になるとストレスも生じ、症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

3.脱毛症につながる原因は不規則な生活など多数あります

脱毛症につながる、睡眠不足や紫外線、栄養バランスの悪い食生活などに注意しましょう。
また、ストレスなども女性ホルモンの乱れにつながって、脱毛症の原因の1つになるからです。

4.シャンプーの使い方や洗髪方法に気をつけましょう

頭皮の皮脂バランスを考えてアミノ酸シャンプーなどでケアをしましょう。
一般的なシャンプーは、皮脂を多く取り除きすぎるほど洗浄力が高いので、脱毛症が心配なら控えた方がよいと言われています。

また、1日に何度も洗髪するのも控えましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む