頭やおでこや髪の付け根などの皮脂やあぶらとり紙で拭きましょう


頭皮ケアの方法にも色々ありますが、その1つにあぶらとり紙が挙げられます。

あぶらとり紙は顔だけではなくおでこや頭皮に使うことができるので、皮脂で脂っぽい皮膚対策として期待できます。
ただし、あぶらとり紙で頭皮をこすったりすると皮膚に負担をかけるので注意しましょう。

また、頭皮はある程度の皮脂が必要なので、あぶらとり紙で取りすぎると頭皮の乾燥につながるので注意が必要です。

このあぶらとり紙と、アミノ酸シャンプーなどの頭皮に優しいシャンプーでケアをしましょう。

頭皮の汗やおでこのケアにあぶらとり紙が便利です

頭皮の皮脂対策の1つとしてあぶらとり紙も利用できます。
一般的にあぶらとり紙は顔にしか使っていない人もいるでしょう。

あぶらとり紙を使用することで大量に出た皮脂を取り除き頭皮トラブル対策が期待できるのです。

たとえば、夏場は気温も高いため、とくに外へ出れば汗もかくでしょう。
また、冬についても、暖房が効きすぎている所でしたら汗をかくのも必然です。

たかが汗、たかが皮脂と考えてはいけません。

皮脂が過剰に分泌されていると、炎症やかゆみが生じて頭皮環境が悪化することも多いのです。
頭皮の場合、髪の毛が生えているため頭皮が蒸れやすく汗をかくことで雑菌が増えることも考えられるでしょう。

この皮脂を放置していると酸化をして臭いを発生させる場合もあります。

好きな人とデートの時や、会社で働いている時に頭皮から臭いが出ているのは嫌な人も多いでしょう。
そのことを考えるなら、皮脂や汗が出やすい季節にはあぶらとり紙を顔だけではなく頭皮に使うことをおすすめします。

そうすることで頭皮トラブルの悪化予防が期待できるのです。

あぶらとり紙でこすりすぎると皮膚への負担が大きくなります


あぶらとり紙で髪の生え際やおでこの周辺を拭くとよいでしょう。
このあたりは汗が非常に出る部分で、通気性も良くないとされています。
そのためあぶらとり紙を使用し、皮脂を取りたいならまずは髪の生え際あたりやおでこの周辺に軽く当てましょう。

注意したいのはあぶらとり紙を使って頭皮を強くこすることです。
こすることで頭皮にダメージを与えることがあるからです。

頭皮は頑丈に感じられますが、実際は非常にデリケートな部位なので、あぶらとり紙をこするだけでも負担をかける可能性があるので注意しましょう。

また、あぶらとり紙を使いすぎるのが良くないのは、皮脂のとりすぎを防ぐためです。
頭皮の皮脂は適度にあるのが理想だからです。
皮脂は絶対に不要な厄介な存在ではなく、皮膚バリアのような役割を持っていると言われています。そのため、あぶらとり紙で皮脂を取り過ぎれば頭皮環境が悪化する可能性もあるので注意しましょう。

基本は皮脂が適度にある状態がよいと言われているのです。

あぶらとり紙を使いすぎると頭皮が乾燥するので注意が必要です

あぶらとり紙で皮脂を取りすぎれば頭皮環境は悪化する可能性が高まります。

では具体的にどんなことが起きるのかと言えば、乾燥などが生じます。
皮脂は頭皮を守るバリアのような役割を持っていますが、同時に皮膚の潤い成分が外へ逃げないようにする役割を持っているのです。

このように皮脂を取り除きすぎると、頭皮の乾燥が生じる可能性も考えられるのです。
また、頭皮が乾燥しすぎれば、逆に異常を感じた皮膚が皮脂を過剰分泌する場合もあります。

過剰な皮脂は脂漏性皮膚炎のような皮膚疾患の原因の1つにつながります。

また、毛穴に詰まった皮脂がニキビを生じさせることも考える必要があるでしょう。
あぶらとり紙で皮脂対策を考えるなら、頭皮の皮脂バランスも考えて行う必要があります。

また、あぶらとり紙以外の皮脂対策として、アミノ酸シャンプーがあります。
必要以上に皮脂を取り除かず、汚れを取る頭皮によいシャンプーなので、あぶらとり紙と併用しながら頭皮環境を守っていきましょう。

(まとめ)頭の皮脂はあぶらとり紙でも対策ができるって本当?

1.頭やおでこや髪の付け根などの皮脂やあぶらとり紙で拭きましょう

あぶらとり紙で余分な皮脂や汗を取り除くのも頭皮ケアの1つになります。
しかしあぶらとり紙も適切に使わなければ頭皮の乾燥などのトラブルにつながるので注意しましょう。

また、あぶらとり紙とともにアミノ酸シャンプーを使うのもおすすめです。

2.頭皮の汗やおでこのケアにあぶらとり紙が便利です

頭皮の皮脂や汗対策についてもあぶらとり紙を利用するのがよいでしょう。
汗や皮脂が過剰に分泌されると炎症やかゆみなどにつながるので注意が必要です。

また、臭いが出てしまうので、あぶらとり紙は対策として期待できます。

3.あぶらとり紙でこすりすぎると皮膚への負担が大きくなります

あぶらとり紙で頭皮ケアをするなら、通気性の悪い髪の生え際や、汗や皮脂が多いおでこなどを拭くとよいでしょう。

ただし頭皮環境は皮脂が適度にある状態がよいので、取りすぎには注意が必要です。

4.あぶらとり紙を使いすぎると頭皮が乾燥するので注意が必要です

あぶらとり紙で皮脂を取り除きすぎるとどうして頭皮環境が悪くなるのかですが、理由は頭皮の乾燥につながる場合があるからです。
頭皮が乾燥したことで、皮脂の過剰分泌を招く場合もあります。

あぶらとり紙とともにアミノ酸シャンプーで頭皮ケアをしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む