ヘアカラーは頭皮に負担が大きいので丁寧なケアが必要です


ヘアカラーで使用する薬剤は、皮膚に付着することで大きな頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。
塗った薬剤が毛穴に詰まることで雑菌が増加すれば炎症などを引き起こす場合があるのです。

さらにヘアカラーを行った後は髪の毛について傷んでいる状態なので、日頃よりも丁寧なケアが大切です。

たとえば、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、色素が抜け出てしまう場合もあるので気をつけましょう。

ヘアカラーの成分は頭皮に大きな負担をかけると言われています

ヘアカラーを頻繁に行っている人は薄毛に注意しましょう。
ヘアカラーが薄毛につながる可能性があるからです。
薄毛の原因として考えられるのは、ヘアカラーの薬剤が頭皮に付着することです。

ヘアカラーの薬剤は刺激が強いため、付着した皮膚に大きなダメージを与える可能性があります。また、薬剤が毛穴に詰まってしまうことで、雑菌の増殖が起きる場合があるのです。そのため、頭皮の炎症につながると考えられています。

また、頭皮だけではなく髪の毛への負担も見逃せません。
ヘアカラーは髪の毛のキューティクルを開き、そこに色の成分を浸透させて髪の毛を染めるとされています。
キューティクルに対して自然ではなく強引に開くというものですから、髪の毛がダメージを受けるのも必然と言えます。

また、ブリーチに関しても色素を分解するというものですが、やはりこの方法もダメージを与えると言われているのです。
このように、ブリーチも含めたヘアカラーについては、頭皮だけではなく髪の毛にも大きなダメージを与えることは理解しておいた方がよいでしょう。

そのため、ヘアカラーを行った後は通常よりしっかりとしたケアが必要なのです。

ヘアカラーもその後もヘアケアが重要です


ヘアカラーは自分1人でも行える製品がたくさん販売されていますが、頭皮ケアを考えるなら、美容師などのプロに任せるのが1番でしょう。
自分でカラーリングを行えば頭皮に薬剤が付着しやすいというリスクがあるからです。

髪の色を頻繁に変える人もいますが、それは止めた方が無難です。
カラーリングの間隔が短ければ、それだけ髪や頭皮は十分に回復できる時間を確保できないことも考えられるでしょう。
短時間にカラーリングを頻繁に行ってしまえば、頭皮や髪の毛にダメージが蓄積される可能性が高くなります。

また、ヘアカラー後のお手入れについても気をつかう必要があります。
ヘアカラー直後は、シャンプーやドライヤーを控えましょう。
カラーリング直後はまだ安定していないため、色素が流れ出る可能性が考えられるからです。

そのため頭皮や髪の毛のケアという意味合いだけではなく、長持ちさせるという部分でもヘアケアは重要でしょう。

また、洗髪時のお湯についても、40度以上の熱いお湯で洗うこともキューティクルがはがれ、色落ちがしやすくなります。
長持ちさせるためにも、ヘアカラー後のケアはしっかりと行いましょう。

ヘアカラー直後は髪も傷み色も落ちやすいので、とくに頭皮ケアを行いましょう

ヘアカラー後は、髪の毛も弱くなっておりキューティクルがはがれやすい状態になっていますので気をつけましょう。
適当なケアをすることで、髪の毛の健康を保つための栄養分や水分が流れ出やすい状態になっているからです。

そのためカラーリングをした後は、保湿効果が期待できるようなもの、タンパク質をサポートするような成分が含まれたトリートメントでケアをするのもおすすめできます。

また、ヘアカラー後はシャンプーにも注意が必要です。
洗浄力の強いシャンプーは、カラーリングを落とす可能性があるだけではなく、頭皮への刺激が強くなる場合があります。

そのため、シャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系のものがおすすめです。

ドライヤーで乾かす際にも、熱風をかけすぎることや、近距離すぎることも問題です。
このことを考えて、10センチから20センチぐらい離して乾かすようにしましょう。

ヘアカラーは一般的なファッションに取り入れられているのでついつい安心しがちです。

しかし頭皮や髪の毛の状態が悪いと、頭皮環境の悪化を進ませる可能性が高くなるので気をつけましょう。
カラーリングをする際は、頭皮や髪の毛のヘアを行うように心がけることが大切なのです。

(まとめ)ヘアカラーをした後の頭皮ケアはどうして必要?

1.ヘアカラーは頭皮に負担が大きいので丁寧なケアが必要です

ヘアカラーは刺激が強い薬剤ですから、プロに任せるのが無難です。
また、ヘアカラー後は頭皮だけではなく髪の毛も傷んでいる状態が考えられます。

そのため、通常より頭皮や髪の毛のケアをしっかり行いましょう。

2.ヘアカラーの成分は頭皮に大きな負担をかけると言われています

ヘアカラーの薬剤は頭皮へ大きなダメージを与えてしまう場合があります。

また、髪の毛への負担も大きいと言われているのです。
頭皮にも髪にも負担が大きいので、トラブルが生じないようにヘアカラー後は頭皮ケアが大切となります。

3.ヘアカラーもその後もヘアケアが重要です

ヘアカラーは自分でも行えますが、頭皮に付着する可能性を考えるなら美容師などのプロに任せることが大切です。

また、ヘアカラー後は、まだ安定していないのでシャンプーやドライヤーにも控えた方がよいでしょう。

4.ヘアカラー直後は髪も傷み色も落ちやすいので、とくに頭皮ケアを行いましょう

ヘアカラー後、時間が経過しても洗浄力が強いシャンプーだと、色素が流れてしまう可能性があります。
頭皮に優しいアミノ酸シャンプーなど使うとよいでしょう。

ドライヤーに関しても適切な使い方をしなければ、髪や頭皮にダメージを与えることにつながります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む