コーヒーを飲みすぎると、頭皮の皮脂が増えて臭くなります


リフレッシュ効果があるため、コーヒーを愛飲している方も多いのではないかと思います。

しかしコーヒーを飲みすぎると、頭皮から嫌な匂いがするようになってしまうということをご存知でしたか?

頭皮が脂臭くなる原因は、酸化した皮脂です。

コーヒーは少量ならば抗酸化作用やカフェインによる集中力アップなどの利点もたくさんあるのですが、ある一定のレベルを超えて飲み続けると逆にデメリットが生じるようになります。

睡眠不足や血行不良の原因にもなるため、頭皮の皮脂分泌量が過剰になってしまいがち。

その結果として過剰分泌している皮脂が酸化して、頭皮から嫌な匂いを発するようになってしまうのです。

コーヒーを飲む時は、量と飲む時間帯に気をつけて楽しみましょう。

コーヒーの過剰摂取は、頭皮にとってよくありません

コーヒーといえば、焙煎した香ばしい香りを楽しむ飲み物ですよね。

しかし飲みすぎると頭から不快な匂いを発する原因になってしまいます。

睡眠不足

コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用があります。

そのため就寝前に飲むと眠れなくなってしまったり、眠りが浅くなったりして、睡眠の質が低下してしまうのです。

睡眠不足はホルモンバランスの乱れにつながります。

またカフェインを摂取していると交感神経が優位に働くため、飲み続けているということは常に交感神経が優位の状態になってしまうということに。

交感神経が優位な時は、男性ホルモンの働きが活発になってしまいます。

そのためコーヒーを就寝前に飲んだり、過剰に飲み続けたりしていると皮脂分泌が増加して、不快な匂いの原因となります。

血行不良

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という脂肪燃焼効果のある成分は、鉄と融合しやすいという特徴があります。

そのためコーヒーを過剰に摂取していると、体内の鉄分が不足してしまうことがあるのです。

鉄分不足は血行不良につながり、その結果として頭皮へ必要な栄養や酸素が行き渡らなくなるので頭皮環境が悪化しがちになります。

適量のコーヒーには、体への利点があります


過剰摂取すると体に負担がかかるコーヒーですが、適量ならば利点もあるのです。

高い抗酸化作用

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」は、抗酸化作用があります。

抗酸化作用が高いと、活性酸素による皮脂の酸化を防ぐ働きがあるのです。

そのためアンチエイジング効果が期待できます。

カフェインの効果で便秘解消

カフェインには腸の働きを活発にする効果があります。

腸の動きがよくなることで体内の老廃物を排出しようとするため、便秘が解消されたり、不快な匂いのもとになるアンモニアや脂肪などを排出してくれたりするので、不快な体臭が軽減されます。

リラックス効果

コーヒーの香りを嗅ぐと、脳がアルファ波を出すといわれています。

アルファ波に人はリラックスさせる効果があるため、ストレス解消をするためによいものです。

またカフェインも少量であれば、リラックスの効果が期待できます。

コーヒーは、ほどほどの量を楽しみましょう

過剰なコーヒーの摂取は、体によくないだけでなく、頭が脂臭くなる原因にもなることはご理解いただけましたでしょうか。

では実際のところ、どれくらいまでなら「過剰」にならないレベルなのか、気になりますよね。

日本でも厚生労働省や食品安全委員会等でもカフェインの1日の上限摂取量を定めていますが、その具体的な基準は国によって異なっています。

健康な大人の摂取量として適切なのは、1日2~3杯程度といわれています。

そのため就寝前を避けた日中に、3杯程度までなら大丈夫ではないでしょうか。

ただしこの摂取量というのはカフェインに関しての上限になっています。

そのためコーヒーに限らず、カフェインが含まれる紅茶やチョコレートなども過剰に摂取してしまうと体に負担がかかりやすくなるので注意が必要です。

(まとめ)頭皮が脂臭くなる原因に、コーヒーは関係ありますか?

1. コーヒーを飲みすぎると、頭皮の皮脂が増えて臭くなります

リフレッシュ効果が期待できるコーヒーですが、飲みすぎると頭皮から不快な匂いがするようになってしまいます。

原因は、酸化した皮脂。

コーヒーの過剰摂取は、睡眠不足や血行不良の原因となり、頭皮によくないので注意が必要です。

2. コーヒーの過剰摂取は、頭皮にとってよくありません

コーヒーを過剰摂取すると、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌や、血行不良による頭皮環境悪化の原因となります。

過剰に分泌された皮脂は、頭皮から不快な匂いがするようになる原因のひとつです。

3. 適量のコーヒーには、体への利点があります

コーヒーの過剰摂取は、頭皮から不快な匂いがするようになるなどのデメリットがあります。

しかし適量ならば、抗酸化作用によるアンチエイジング、カフェインによる便秘解消やリラックス効果など、体にとってメリットもたくさんあるのです。

4. コーヒーは、ほどほどの量を楽しみましょう

コーヒーは、適量であれば体によいものです。

しかし飲みすぎると逆効果なので、就寝前を除く時間帯に、1日3杯くらいまでを楽しむのがよいでしょう。

また紅茶やチョコレートもカフェインが多いので注意が必要です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む