頭皮に皮脂が詰まると、くせ毛になることがあります


髪型がうまく決まらない等の原因となるくせ毛。

湿度の高い日や、雨の日は、とくに強くくせが出るので、困っている方も多いのではないでしょうか。

くせ毛には先天性と、後天性が存在しています。

先天性のくせ毛は生まれつきで、遺伝などが要因になっているため両親もくせ毛という場合が多いです。

また生まれつきではないのに、突然くせが気になるようになる後天性のくせ毛も存在しています。

後天性のくせ毛は、老化やホルモンバランスの乱れによる毛穴の詰まり、髪のダメージなどが原因になっていることが多いです。

後天性のくせ毛は、日頃のケアでくせ毛が軽減することもあるので、自分のくせ毛の原因を見極めることが大切になります。

くせ毛には先天性と後天性があります

くせ毛とは縮れ毛や巻き毛とも呼ばれていて、日本人の髪に多いのは、うねるタイプのくせ毛で「波状毛(はじょうもう)」と呼ばれています。

くせ毛には、大きく分けると先天性と後天性が存在しています。

先天性のくせ毛は、遺伝や疾患などが原因になっていることが多いです。

主に毛根や毛穴が生まれつき歪んでいるなどの理由で、くせ毛になります。

後天性のくせ毛は、主に外部からのダメージや刺激などにより、くせが出るようになってしまうケースです。

皮脂の詰まりや、睡眠不足、偏った食生活などが原因でくせ毛になっていることが多いです。

これらの後天性のくせ毛は、原因を取り除くことができれば改善されていくケースがあります。

後天性のくせ毛がおきる3つの原因


後天性のくせ毛が起こりやすくなってしまう原因があります。

頭皮の老化

健康な頭皮は弾力があり、毛穴の形も円形なのでまっすぐな毛が生えてきます。

しかしお肌と同様に頭皮も加齢に伴って弾力を失ってきてしまうのです。

弾力性を失った頭皮の毛穴はたるんでしまい、円形ではなく楕円形になってしまうため、髪が生えてくる際にうねりを伴うようになってしまいます。

ホルモンバランスの乱れや低下

睡眠不足や強いストレスなどにより自律神経の乱れが生じると、女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。

その結果として男性ホルモン量が増えて皮脂分泌が過剰になり、毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

毛穴に皮脂が詰まると、穴の形状が円形ではなくなってしまうため、うねりが出るようになります。

また女性ホルモンが減少すると髪が細くなり、ハリやコシが失われてしまうため、くせが目立つようになってしまうのです。

髪のダメージ

髪の表面にダメージが加わると、表面を保護しているキューティクルが傷ついて髪内部のタンパク質や水分が流出してしまいます。

その結果として髪からハリやコシが失われて、くせが強く表れるように。

外的なダメージに限らず、血行不良などによる栄養不足もくせ毛になる原因として考えられます。

くせ毛を抑えるために、自宅でできるケアがあります

後天性のくせ毛が気になる方は、自宅でヘアケアする際に下記のことに気をつけてみましょう。

ケアの方法に気をつけると、くせが少し落ち着いて気にならなくなる場合もあります。

  • 頭皮の毛穴を詰まらせないように気をつける

    毛穴に皮脂が詰まると、くせ毛が出やすくなります。

    シャンプーをする際に髪ではなく頭皮を洗うようにしてみてください。

    また高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が高く皮脂を取りすぎてしまうため、逆に皮脂の過剰分泌を促します。

    そのためアミノ酸系などの洗浄力が穏やかで刺激が少ないシャンプーに変えるとよいかもしれません。

  • 髪をしっかり乾かしましょう

    洗髪後は、すばやくドライヤーを使って髪を乾かしましょう。

    濡れたままだとキューティクルが開いた状態になり、髪内部の水分やタンパク質が流出しやすくなってくせ毛の原因になります。

    ブローする際は、頭皮や髪の根元からしっかり乾かしましょう。

  • 生活習慣を見直しましょう

    睡眠不足や強いストレスは、美しい髪の天敵とも言えます。

    良質な睡眠を取り、脂肪や糖質を少なめにした、バランスのよい食事を心がけると更によいです。

    また血行不良だと頭皮まで栄養が行き渡らなくなるので、軽い運動をする、体を温めるなどの対策をして血行促進を促すのも健康な頭皮を作り出すことができます。

(まとめ)くせ毛と、頭皮の皮脂が関係しているって本当?

1. 頭皮に皮脂が詰まると、くせ毛になることがあります

湿度の高い日や、雨の日に髪の毛のうねりが目立つくせ毛。

遺伝・頭皮の老化・毛穴に皮脂が詰まっている・外的ダメージなどでもくせ毛になることが多いです。

後天性のくせ毛の場合、原因を取り除けば改善されていきます。

2. くせ毛には先天性と後天性があります

日本人に多い波状毛というタイプのくせ毛は、先天性と後天性があります。

先天性のくせ毛は、遺伝や疾患などが原因です。

それに対して後天性の場合は、髪のダメージや外部からの刺激などが原因になってくせ毛が強く表れるようになります。

3. 後天性のくせ毛がおきる3つの原因

後天性のくせ毛の場合

  1. 頭皮の老化による毛穴の変形
  2. ホルモンバランスの乱れや低下により、過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まってしまう
  3. 髪のダメージでハリやコシが失われてくせが強く出る

など、3つの理由が原因になっていることが多いです。

4. くせ毛を抑えるために、自宅でできるケアがあります

後天性のくせ毛を改善していくために、自宅でもできるケアがあります。

シャンプーを見直す、髪をすばやく乾かす、生活習慣を見直すなど、手軽に始められるものが多いので、気になる症状が現れた場合は試してみてください。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む