頭皮のべたつきケアをするには、シャンプーが大切です


「頭を触ると、べたべたしている」「頭から脂っぽい匂いがして気になる」そんな頭皮の悩みを抱えている方は、皮脂の過剰分泌が原因です。

本来、皮脂は頭皮を保護するためにある程度必要なものとされています。

しかし皮脂が増えすぎると皮膚常在菌のバランスが崩れて炎症を起こしたり、薄毛の原因になったりしてしまうのです。

べたつきが気になる時は、アミノ酸系などの洗浄力が穏やかで頭皮にダメージが少ないシャンプーを使うとよいです。

また皮脂が多すぎるからと言って、何度もシャンプーで洗っていると逆に皮脂分泌が増えてしまいます。

そのため1日1回、夜の就寝前に洗うことが理想的。

頭皮のべたつきを解消するためには、まず頭皮を健康な状態に戻してあげましょう。

頭皮がべたつくのは、皮脂の分泌が多すぎるからです

皮脂とは頭皮の皮脂腺から分泌されていて、本来は皮膚や髪の毛の乾燥を防ぐために存在しています。

しかし頭皮が乾燥していたり、ダメージを受けていたりすると、保護しようとしすぎて皮脂分泌が増え、逆にべたつくようになってしまうことがあるのです。

皮脂分泌が増えてしまう原因のひとつとして、洗浄力の強いシャンプーを使っている可能性があります。

洗浄成分が高級アルコール系のシャンプーは、安価で種類も豊富ですが、頭皮の状態によっては洗浄力が強すぎることも。

頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮は保護しようとして必死に皮脂を分泌し続けるようになってしまうのです。

この悪循環が、頭皮のべたつきの原因になっているかもしれません。

また糖分や脂肪分が多すぎる食事ばかり続けている時も、体に不要な分は体外に排出されることがあります。

そのため皮脂の過剰分泌が気になる時は、食事の内容もあわせて見直すとよいでしょう。

べたつきを放置すると、頭皮トラブルが起こりやすくなります


頭皮のべたつきを放置していると、過剰な皮脂をエサにして雑菌が増えてしまいます。

その結果として皮膚常在菌のバランスが崩れて、頭皮が不健康な状態になってしまいがちです。

そのまま放置していると、脂漏性皮膚炎など頭皮のトラブルを招きかねません。

脂漏性皮膚炎に罹患すると、強いかゆみや、べたべたしたフケが大量に発生します。

脂漏性皮膚炎はカビの一種であるマラセチア菌が原因です。

マラセチア菌自体は皮膚常在菌として、常に頭皮に存在しています。

しかし頭皮の健康状態が悪化して皮脂が過剰分泌してしまうと、マラセチア菌が増殖して炎症を起こすのです。

かゆみに耐えられずに掻きむしってしまうと、更に頭皮にダメージが加わって悪化してしまうことも。

薄毛や抜け毛の原因にもなるので、気になる症状が出始めたら注意が必要です。

生活習慣とシャンプーを見直して、べたつきケアをしましょう

頭皮のべたつきをケアするには、2つの方向からアプローチしていくことが重要です。

生活習慣の改善

皮脂の過剰分泌を予防するためには、まず食事を見直してみましょう。

ファーストフードや揚げ物などの脂質や糖質が多い食事ばかりを食べていると、体内に脂肪が増えすぎてしまいます。

増えすぎた脂肪は、皮脂の過剰分泌を促してしまいがち。

そのため脂っぽい食事を避けるように心がけてください。

シャンプーの見直し

べたつきが気になるからと、1日に何度もシャンプーで髪を洗っていたりしませんか?

それは逆効果なので、すぐに止めてください。

過剰なシャンプーは皮脂を奪いすぎるため、乾燥を防ぐために頭皮が慌てて皮脂を分泌してしまい悪循環になってしまうのです。

シャンプーを使った洗髪は1日1回、夜の就寝前がおすすめです。

頭皮が炎症を起こしている場合、高級アルコール系シャンプーは刺激が強すぎるため使用を避け、アミノ酸系などの洗浄成分が穏やかなものや、抗真菌作用を持っている薬用シャンプーなどを使用してみるとよいかもしれません。

またシャンプー液が頭皮に残っているとダメージを受けるため、しっかりとすすぐようにしてください。

健康な頭皮に戻してあげることにより、皮脂の過剰分泌も収まって、頭皮のべたつきが改善されるはずです。

(まとめ)頭皮のべたつきが気になる時のケアはどうしたらよいの?

1. 頭皮のべたつきケアをするには、シャンプーが大切です

頭皮のべたつきが気になる場合、皮脂の過剰分泌が原因になっています。

皮脂が増えすぎると雑菌が増えて、頭皮トラブルの原因に。

アミノ酸系などの洗浄力が穏やかなシャンプーを使用し、頭皮を健康な状態に戻してあげましょう。

2. 頭皮がべたつくのは、皮脂の分泌が多すぎるからです

頭皮がダメージを受けていたり、乾燥していたりすると、頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌するようになってしまいます。

高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強すぎるので、皮脂の過剰分泌の原因になりがちです。

3. べたつきを放置すると、頭皮トラブルが起こりやすくなります

頭皮のべたつきを放置していると、余分な皮脂をエサにしてマラセチア菌が大繁殖してしまうことがあります。

その結果として強いかゆみやフケを伴う脂漏性皮膚炎になってしまうことも。

薄毛や抜け毛の原因になるので、注意が必要です。

4. 生活習慣とシャンプーを見直して、べたつきケアをしましょう

べたつきが気になる場合、脂肪や糖質の多い食事は避け、洗浄力が穏やかなアミノ酸系や抗真菌作用のあるシャンプーに切り替えてダメージケアをするとよいでしょう。

頭皮が健康になれば、べたつきも落ち着いて改善に向かいます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む