ふけの原因を見極め、適切な対策をとりましょう


頭皮トラブルのひとつのふけ。

不潔に見られそうで不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんなふけは、しっかり対策をすれば防ぐことができます。

とはいえふけの原因は多岐にわたります。

そのため改善を目指すのであればきちんと原因を見極めることが大切です。

まずはご自身のふけがどのタイプなのかを観察しましょう。

そして原因を見極め、その原因を取り除くことがふけ改善の近道です。

そこで今回はふけの種類と原因、そしてそれぞれの改善方法を紹介します。

自分のふけの原因を探り、適切な対策をとって改善に努めましょう。

ふけには2種類あり、原因も違います

ふけは、大きく分けて2種類あります。

乾性ふけと脂性ふけです。

ここでは2種類のふけとそれぞれの原因について紹介します。

ご自身のふけがどちらのタイプなのかをしっかり見極めましょう。

乾性ふけ

一般的にふけというと乾性ふけのことを指します。

白い粉のようなふけで、ブラッシングをするとブラシや肩に付着したり、空中を舞ったりするパラパラとした細かいふけです。

乾性ふけの原因は、乾燥やアトピーです。

またストレスや睡眠不足、血行不良によるターンオーバーの乱れも乾性ふけの原因になります。

脂性ふけ

こちらは、比較的大きく、ベタベタしたふけです。

乾性ふけとは違い、パラパラと舞ったり、肩にのったりするわけではありません。

髪に付着したり、ときにはかさぶたのように頭皮にこびりついていたりするケースもあります。

この脂性ふけの原因は、皮脂の過剰分泌です。

脂性肌の人や、生活習慣や食生活が乱れて皮脂が分泌されやすい人などに起こります。

また洗い過ぎにより皮脂が過剰に分泌されて、脂性ふけを引き起こすケースもあります。

乾性ふけの場合は、乾燥対策で予防しましょう


乾性ふけの原因は、頭皮が乾燥することです。

乾性ふけを抑えるには、頭皮の乾燥を防ぎ、保湿ケアを取り入れましょう。

シャンプー選びに気をつけましょう

頭皮を乾燥させる原因の多くは、洗いすぎだといわれています。

洗髪後、頭皮や髪がキシキシとしきしんだり、頭皮が突っ張ったりするシャンプーは皮脂をとりすぎている可能性があります。

洗浄力が優しいアミノ酸系のシャンプーなどを使って、洗いすぎを防ぐのがおすすめです。

頭皮ローションで保湿ケアを

もともと乾燥肌の人は、洗いすぎを防いだところであまり効果を感じないかもしれません。

そんなときは、頭皮ローションを活用してみましょう。

頭皮を乾燥から守ってくれる役わりをはたしてくれるだけでなく、ふけを抑える成分が配合されていたり、頭皮のかゆみを鎮めてくれたりするものもあります。

自分に合った頭皮ローションで保湿をしてみてください。

脂性ふけの場合は、シャンプーの見直しと食生活の見直しを

脂っぽいふけが出ているときは、適切な対策をとらないと脂漏性皮膚炎という頭皮トラブルに発展してしまうケースがあります。

早めに対策をとりましょう。

正しい洗髪方法で予防しましょう

脂性ふけが出ている場合は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されています。

だからといって一日に何度もシャンプーしていませんか。

何度もシャンプーをするのは実は逆効果です。

必要な皮脂まで洗い流してしまい、その不足した皮脂を補おうとさらに皮脂が過剰に分泌されてしまうので注意しましょう。

洗髪は一日一回にして、優しく丁寧に洗うようにしましょう。

また洗浄力が強すぎるシャンプーを使用するのも頭皮に負担をかけるので、洗浄力が強すぎないものを選ぶようにしてください。

食生活を改めましょう

皮脂の過剰分泌は、食生活の偏りによっても起こります。

たとえば揚げ物などの脂っこいものの食べすぎやインスタント食品ばかりの生活を続けていると、皮脂がたくさん分泌されてしまうので注意が必要です。

栄養バランスのとれた食事を意識して、体の内側からのケアもしっかり行いましょう。

(まとめ)ふけを改善するにはどんな頭皮ケアをすればいいの?

1. ふけの原因を見極め、適切な対策をとりましょう

ふけを改善するためには、まず自分のふけのタイプを見極め、原因を探ることからはじめましょう。

そしてふけを発生させている原因を取り除くことが改善への近道です。

適切な対策をとり、健康な頭皮を取り戻しましょう。

2. ふけには2種類あり、原因も違います

ふけには、乾性ふけと脂性ふけの2種類があります。

パラパラとした白い粉のようなふけを乾性ふけといい、頭皮の乾燥やアトピーなどが原因で発生します。

脂性ふけは、皮脂の過剰分泌が主な原因で、ベタベタしたかさぶたのようなふけです。

3. 乾性ふけの場合は、乾燥対策で予防しましょう

乾燥が原因で起こる乾性ふけは、頭皮の乾燥対策と保湿ケアで改善を目指しましょう。

まずはアミノ酸系シャンプーのような洗浄力が優しいものを使って、洗いすぎを防ぐのが効果的です。

また頭皮の保湿ができる頭皮ローションを活用するのもおすすめです。

4. 脂性ふけの場合は、シャンプーの見直しと食生活の見直しを

皮脂の過剰分泌が原因で起こる脂性ふけは、脂漏性皮膚炎につながることもあるので、早めに対策をしましょう。

まずは一日一回のシャンプーできちんと余分な皮脂を落とし、清潔を保ちましょう。

また食生活を見直し、栄養バランスのとれた食事で皮脂の過剰分泌を防ぐことも大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む