ローションなどの保湿効果で頭皮ケアを行いましょう


頭皮が乾燥するということは水分不足が原因であることなどが考えられます。

この頭皮の乾燥の原因はほかにも複数あり、紫外線や加齢、また不規則な生活などが考えられます。

そのほか、洗浄力が強いシャンプーを使用することで、皮脂を落としすぎてしまい、頭皮トラブルにつながることがあるのです。

これは頭皮の皮脂が皮膚を守ることや水分が逃げないための働きがあることが理由として考えられます。

そのため頭皮以外でも保湿ができるローションなどが対策として期待できるのです。

頭皮の乾燥は保湿で対抗しましょう

頭皮が乾燥しやすいのでしたら、保湿ケアが重要になります。

この頭皮の乾燥について原因は複数あります。

たとえば不適切なヘアケアや不規則な生活、紫外線、年齢の影響が考えられるでしょう。

この中でも、なかなか気づかないことが多いのは不適切なヘアケアです。

一般的に使われているシャンプーは洗浄力が強いものが多く、汚れを取り除くという面ではよいと言えます。

しかし一方で必要な皮脂まで洗い流すというデメリットがあるのは無視できません。

皮脂が過剰に分泌されると頭皮のべたつきが生じます。

そこから、フケやかゆみ、炎症などにつながりますのでよいことではありません。

しかし皮脂が不足しすぎることも頭皮トラブルにつながってしまうのです。

これは乾燥することによって頭皮が外的な刺激から弱い状態になるからと言われています。

皮脂は皮脂膜を作って水分が逃げないようにする働きもありますから、洗い流しすぎてはいけないのです。

また、頭皮には常在菌がいて、皮脂と同じく除去しすぎると外部からの病原菌やカビなどに対し頭皮が弱くなると考えられています。

頭皮が乾燥するとこのような理由から皮膚のターンオーバーが乱れ、結果的に薄毛などにつながる可能性が高くなってしまうのです。

だからこそ、保湿ケアが重要と言えます。

頭皮専用のローションなどを利用しましょう


頭皮が乾燥したと感じたならば保湿を行いましょう。

シャンプーを使用した後、ローションやオイルを使用して保湿をすれば過剰な頭皮の乾燥予防につながります。

ただし、どんなローションでもオイルでもいいわけではありません。

できるだけ頭皮専用のものを使うことをおすすめします。

顔や体に使うことができるローションでも、頭皮と同じく皮膚に塗るものですから保湿はできます。

しかし頭皮はデリケートな部分なため、専用のものを使わなければ思わぬトラブルが生じる可能性があるのです。

また、頭皮の保湿に関する製品は、洗髪をした後、頭皮が綺麗になった状態で使った方がよいでしょう。

髪が汚れたままだと毛穴の中にローションやオイルの成分が浸透しにくいからです。

また、頭皮にムダな刺激を与えないためにノンアルコールなどの頭皮に優しいローションなどがよいと言えます。

特定のローションやオイルには、頭皮の乾燥だけではなく頭皮環境を良くするための成分が含まれているものもあります。

頭皮の保湿ケアとともに、育毛という面から考えれば血行などにアプローチをする成分のものを選んでも損はないでしょう。

帽子をかぶるなど頭皮が乾燥しないための対策を心がけましょう

頭皮が乾燥しないために保湿ケアは大事ですが、それ以前に予防への意識を高める必要があります。

頭皮の乾燥につながる原因としては、不規則な生活や暴飲暴食、ストレスの蓄積などが考えられます。

また、夏場など太陽の日差しが強い季節では紫外線からも頭皮を守る必要があるので、帽子などをかぶって対策を考えましょう。

使用するシャンプーにも注意し、髪を洗いすぎないことも対策になります。

とくに洗浄力が強すぎるシャンプーで洗えば頭皮トラブルが大きくなる可能性も否定できません。

この、洗浄力が強いシャンプーかどうか見極める情報の1つに界面活性剤を確かめることがあります。

界面活性剤とは洗浄成分ですが、とくに洗浄力が強いのは石油系合成界面活性剤で安価なシャンプーに使われていることが多いです。

逆に刺激が弱く洗浄力も強すぎず育毛のことを考えたシャンプーにアミノ酸系界面活性剤があります。

このようなシャンプーを使用することで、頭皮への優しいケアが期待できるでしょう。

また、シャンプーを選ぶ時には、成分は天然系のものかどうか、大豆イソフラボンなどの頭皮によい影響が期待できる成分が含まれているかもポイントになります。

このようなシャンプーを使用することで、適度の皮脂を残すことができるのです。

同時に、綺麗になった頭皮に保湿ローションやオイルを使用すれば、より、乾燥予防が期待できるでしょう。

(まとめ)頭皮はどのように保湿してケアすればよい?

1.ローションなどの保湿効果で頭皮ケアを行いましょう

洗浄力の強いシャンプーを使うことで皮脂が不足するために、頭皮が乾燥することがあります。

また、生活習慣や紫外線や加齢などでも頭皮の乾燥が引き起こされます。

シャンプーに注意し、ローションなどで保湿を行うことが対策として期待できるのです。

2.頭皮の乾燥は保湿で対抗しましょう

頭皮が乾燥したら、保湿が対策として重要です。

頭皮が乾燥する原因は複数あり、その中にシャンプーが挙げられます。

洗浄力の強いシャンプーは皮脂を取り除きすぎることも考えなければなりません。

皮脂は頭皮バリアという働きも持っているからです。

3.頭皮専用のローションなどを利用しましょう

頭皮の保湿を考えるなら、ローションやオイルがおすすめです。

ただ、頭皮はデリケートですから専用のものを使った方がよいでしょう。

とくに刺激が強い成分には注意が必要ですから、ノンアルコールなどを意識した方がよいです。

4.帽子をかぶるなど頭皮が乾燥しないための対策を心がけましょう

頭皮の乾燥を避けたいなら、シャンプー選びは大切となります。

頭皮に優しいシャンプーとしては、石油系合成界面活性剤よりも、アミノ酸系界面活性剤がおすすめです。

同時に、保湿ローションなどを利用することで、対策が期待できます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む