抜け毛の本数は1日50本から100本程度です。季節の変わり目や、亜鉛不足などで起こります。

imasia_9336541_M
最近抜け毛の本数が増えたような気がして心配、という女性もいるのではないでしょうか。女性の抜け毛の1日の平均本数や、主な原因、女性特有の脱毛症や抜け毛の防止法をご紹介します。今は抜け毛が気にならない人も、予防法をチェックしておきましょう。

1日の平均的な抜け毛本数

人間の髪の毛は1日に50本から100本程度抜けると言われています。ただ、抜け毛の量は個人差があるため、自分のこれまでの抜け毛の量に比べて比較するようにしましょう。また、量だけではなく、髪の毛の太さが変わっていないかについても気をつけるとよいでしょう。長い髪の毛の場合は、抜け毛の量が多く感じられることもあります。

抜け毛の主な原因

9d33b9272fb0346251df44a44d5ae835_s
抜け毛の主な原因としては、季節の変わり目や、亜鉛不足、運動や睡眠不足などが挙げられます。

髪の毛には毛周期と呼ばれるヘアサイクルがあり、常に生えては抜けるというサイクルを繰り返しています。髪が伸びる成長期、成長しなくなる退行期、髪が抜け落ちる準備を始める休止期とヘアサイクルは進み、休止期には毛根が浅くなることで、同じ毛穴の奥で新しく伸びる髪が成長しているのです。

同じ毛穴で新しい髪の毛が作られるため、自ずと古い髪の毛は自然と抜け落ちる仕組みです。そのため毎日抜け毛があるのは当然のこと。しかし、以前と比べて抜け毛が多い場合には、次のような理由が考えられます。

季節の変わり目

人間にも冬と夏に合わせ換毛期があり、季節の変わり目に抜け毛が増えることがあります。夏はエアコンによる頭皮の乾燥や、強い紫外線を浴び、さらに気温が高いことで汗や皮脂が多く頭皮の毛穴が詰まるなど頭皮環境が悪くなります。これらダメージを受け、秋は抜け毛が増える傾向があります。

亜鉛不足

栄養不足で抜け毛が増えることがあります。バランスのよい栄養が必要なのはもちろんですが、亜鉛は新しい髪の毛を作る時に重要な役割を果たす栄養素。そのため、特に亜鉛不足とならないよう気を配りましょう。

また、ストレスで活性酸素を発生すると、その活性酸素を分解するために体内の亜鉛が使われます。亜鉛不足のサインとして、食欲不振、爪に白い点や線が見られる、肌荒れ、白髪が多い、傷が治りにくいなどがあります。

運動不足

運動不足で血行が悪くなると、頭皮まで必要な栄養が届かず抜け毛の原因となります。手足が冷えるなど、冷え性の女性は、特に手足と同じく頭皮に血が巡っていない可能性があります。

頭皮は末梢神経であるため、全身に巡る血行が良くないと、頭皮まで届かない場合もあります。食べ物で摂取した栄養は、血液に乗って全身に行き届くため、せっかくの栄養が血行不良の場合、届いていないことも考えられるのです。

睡眠不足

人間の髪の毛は、睡眠時に分泌される成長ホルモンによって修復されています。そのため睡眠不足などで成長ホルモンが分泌されないと、抜け毛の原因に。入眠時に成長ホルモンが多く分泌されると言われていることから、質の高い睡眠をとることが大切です。

女性特有の脱毛症

女性特有の脱毛症として、FAGA(女性男性型脱毛症)や休止期脱毛症が挙げられます。それぞれについてご説明します。

FAGA(女性男性型脱毛)

「女性男性型脱毛」と言われ、ホルモンバランスの崩れで起こります。女性の中にも、女性ホルモンと男性ホルモンがありますが、女性ホルモンが大きく低下することにより、男性ホルモンの影響を大きく受け、抜け毛が促進されてしまうのです。原因は特定されていませんが、加齢によるホルモンバランスの変化ではないかと考えられていて、更年期に発生することが多い症状です。

生え際から後頭部にかけて抜け毛が増えるのが一般的で、毛髪は柔らかい毛になります。場合によっては、地肌が透けてみえるようになることも。また部分的ではなく、全体的に抜け毛が増えることが多いのも特徴です。そのため、頭皮全体のボリュームが減ったことでFAGAに気付く人もいます。

休止期脱毛症

「休止期脱毛症」は女性特有の脱毛症で、頭皮全体の毛髪が少なくなります。古い髪が抜け起きる休止期というヘアサイクルは、通常はヘアサイクル全体の10%程度の割合が、休止期脱毛症の場合20%に増加してしまいます。FAGAとの違いは、硬く長い髪の毛が頭部全体から脱毛することです。

原因は明らかになっていませんが、甲状腺疾患、貧血、加齢、疲労、精神的ストレス、ダイエット、常備薬による副作用などが原因と言われています。

抜け毛の本数を減らす方法

9d33b9272fb0346251df44a44d5ae835_s
抜け毛を防止するために効果的な3種類の方法をご紹介します。

バランスの良い食生活

人間の体を作るのは、食べ物です。当然、食事で栄養をとることで髪の毛も健康に育ちます。そのため、バランスのよい食生活により、抜け毛を防止する効果が期待できるのです。

特に抜け毛予防に効果的な栄養素は、タンパク質、ビタミン、亜鉛です。女性の場合、ホルモンバランスの影響で抜け毛になることもあるため、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをもつイソフラボンを摂取するのが効果的と言えます。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているので、味噌、納豆、豆腐などを食事にとり入れるととりやすいでしょう。また、亜鉛は食事からとり切れないこともあるので、必要に応じて、サプリメントでの摂取も検討するとよいでしょう。

運動不足を解消する

運動をする習慣のない場合は、筋肉量も減り、血行が滞っている可能性があります。頭皮に血液を送るために首を通りますが、その首が凝ってしまうと血流が滞る原因になってしまうのです。

デスクワークで椅子に座りっぱなしで仕事することが習慣化されていたり、日中パソコンを見ている場合は、首が凝ってしまっていることも。1時間に1回など、定期的に動いたり、首や肩の筋肉をほぐすなど習慣づけてコリをケアしてみましょう。

また、女性は筋肉量が少なく凝りやすいため、ジムに通って筋肉を増やすことや、スポーツをして運動をするよう心がけてください。なかなか運動をする時間がとれない場合は、通勤の際にエレベーターではなく階段を使うなど、日常生活の中で運動できるように工夫をしてみましょう。

質の良い睡眠を心がける

睡眠時に成長ホルモンが分泌されるため、質のよい睡眠を心がけることで抜け毛防止が期待できます。特に眠りについてから2時間から3時間の間の深い眠りの時に大量に分泌されるので、寝る前に良い睡眠がとれるよう環境を整えておくとよいでしょう。テレビやパソコン、スマートフォンはブルーライトを発し脳に刺激を与えてしまうため、寝る前の使用は避け、寝室の電気は暗くして、神経を休めて寝る準備をしましょう。

抜け毛の予防法

まだ抜け毛を感じていない方も、日頃のケアを今のうちに見直すことで、抜け毛を予防できます。

頭皮を乾燥させない

冬の季節は、乾燥した空気で肌もパリパリと乾燥しがちです。そうなると、頭皮も皮膚の一部なので、乾燥してしまうことがあります。また、夏場のエアコンでも肌は乾燥しやすいのです。

頭皮が乾燥すると、少しの刺激でも敏感に反応してしまい、傷つきやすかったり、フケが出てしまったりと、頭皮トラブルにつながりやすいです。健康な頭皮とは適度に潤った状態です。もし乾いている場合は、頭皮用の保湿ローションなどでケアするとよいでしょう。

頭皮マッサージをする

頭皮を触ってみて、硬くなっていたり、ブヨブヨとしたりしていませんか?健康な頭皮は、押すと弾力があるもの。もし硬くなっている場合は、頭皮が凝っていたり、ブヨブヨの場合は、リンパが滞り老廃物が溜まっている可能性があります。

そのような場合は、指の腹で頭皮を押しながら、前後左右に頭皮を動かしてみましょう。シャンプーの時に頭皮を動かすようにマッサージする習慣づけをするのもおすすめです。頭皮の血行がよくなることで栄養が行き渡り、リンパの流れも良くなり老廃物が流れやすくなります。また、時々はヘアサロンなどで、頭皮マッサージをしてもらうのもよいでしょう。

(まとめ)女性の抜け毛の本数は1日平均どのくらい?なぜ抜け毛は起きるの?

1.1日の平均的な抜け毛本数

髪の毛は1日に50本から100本程度抜けると言われていますが、個人差もあるため、自分のこれまでの抜け毛の量に比べて比較するとよいでしょう。量だけでなく、太さが変わっていないかもチェックしましょう。

2.抜け毛の主な原因

抜け毛の主な原因としては、季節の変わり目や、髪の毛を作る亜鉛不足、血行不良につながる運動不足、さらに睡眠不足などが挙げられます。

3. 女性特有の脱毛症

女性特有の脱毛症として、女性男性型脱毛であるFAGAや、休止期の割合が増えることにより起こる休止期脱毛症が挙げられます。

4. 抜け毛の本数を減らす方法

バランスの良い食生活や運動不足を解消することで血行不良を改善、また質の良い睡眠を心がけることで、成長ホルモンを分泌させられ、抜け毛を防止することができるでしょう。

5. 抜け毛の予防法

まだ抜け毛を感じていない方も、頭皮を乾燥させないようにすることで予防することができます。また頭皮マッサージをして頭皮を良い状態に保ちましょう。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む