抜け毛の毛根が白い・・そもそも毛根がない?これって正常なのか心配になりますよね。女性の抜け毛にも、正常なものそうでないものがあります。今回は、女性の気をつけたい抜け毛の種類や、毛根の健康チェック方法、抜け毛の原因や対策まで解説します。

正常な抜け毛とは?毛根の状態をチェックすれば分かる

抜け毛には、正常なものと正常でないものがあります。見分ける方法は、抜け毛の毛根の状態を調べること。チェックの仕方を覚えれば、原因はもちろん、髪の毛のさまざまな状態まで分かるようになります。

そもそも髪はなぜ抜ける?

髪には、ヘアサイクルという毛の周期があります。髪の一生は成長期、退行期、休止期というサイクルによってコントロールされており、一定期間成長したあとに、抜け落ちるというのは自然なことなのです。抜け落ちた後、また新しい髪に生え変わる、というのも、ヘアサイクルの一環。これを生きている間、繰り返し続けます。

抜け毛の量は個人差があるものの、通常は1日に100本程度とされています。そして、ヘアサイクルに沿って約100本が生え変わるため、髪の本数はほぼ一定に保たれています。しかし、ヘアサイクルが乱れることで抜け毛だけが増えることがあります。成長期の途中で抜け落ちるためです。さまざまな影響で、成長期を全うすることなく、途中で抜け落ちてしまうと、新しい髪に生え変わるまでの期間が長くなってしまうのです。

抜け毛が通常より増えた場合は、ヘアブラシや排水口などにある抜け毛を採集してチェックをしてみてください。

≫産後の抜け毛について
詳しく知りたい方はこちら≪

まずは正常な毛根かどうかチェックしてみよう

寿命で抜けた髪の正常な毛根は、毛根の先が丸く膨らみ、マッチ棒の先のような形をしています。また、正常な頭皮は、血流が良いので栄養が行き届き、髪の毛は丸く太く成長しているはず。
「毛根の先端」が白っぽい色をしているのも、正常に寿命で抜けた髪です。

このような毛根や髪の毛が確認できれば、抜け毛が多少多くてもそれほど心配しなくてもよいでしょう。以前に比べて抜け毛が多い場合でも、正常な毛根や髪の毛であればヘアサイクルで寿命となった可能性が高いためです。

また、体調や季節によっても抜け毛の量には変化があります。特に、8~11月の夏から秋にかけては抜け毛の量が増えやすい時期です。

抜け毛の毛根が白いのは正常?見分け方

自分の抜け毛の毛根をチェックして、白いけど大丈夫?と心配になる方もいるかもしれません。髪の毛が黒いのに、良く見てみたら毛根だけ白いと問題があるように感じますよね。

抜け毛の毛根が白い場合は、正常な場合とそうでない場合の以下の2タイプがあります。それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう。

毛根の先端のみ白い場合

まず、上記で解説したように「毛根の先端が白い」という場合は正常なので問題はありません。この場合の白い塊は、半透明かつ薄い膜のような物質で「外根鞘(もうこんしょう)」という物質の可能性が高いです。これであれば、寿命を全うした髪の毛が自然脱毛する際に付着するので、成長期をしっかりと終えた抜け毛であると考えられます。
そのため心配は不要です。

しかし、毛根の先端だけでなく、毛根全体や髪の毛の方にまでに白い塊が付いている場合は、正常でない場合も考えられます。
正常でない場合は下記のケースです。

毛根 の先端から髪の根本付近までべっとり白い塊がある場合

毛根の先端から髪の毛の根本周辺まで、べっとり白い塊がついている場合は注意が必要です。白い塊は、頭皮から分泌した皮脂の可能性があり、毛根はもちろん、髪の毛に付着している可能性も。

皮脂は誰にでもあるものですが、抜け毛にも付着している場合は、皮脂の過剰分泌やヘアケア不足が考えられます。頭皮の状態が悪い可能性があるので、きちんとした対処を行いましょう。

また、シャンプーなどのヘアケアが適切でないと皮脂が毛穴に詰まって、抜け毛の原因になります。適切なシャンプー選びとヘアケア方法を知って、実践することが大切です。
≫適切なシャンプー選びとヘアケア方法≪

こんな毛根 は注意!正常でない抜け毛とその原因

髪は寿命でなく、何らかの原因で抜けてしまうことがあります。
そういった髪の毛根は、異常毛根であることが多く、見れば簡単に判断することが出来ま
す。

正常でない毛根のチェック項目
・毛根がない
・毛根が細い
・毛根が黒い
毛根がない・細い場合

抜け毛の毛根がない、または細い場合は、抜け毛の症状が進行しているというサインです。

髪には、髪が生えて抜けるというヘアサイクルがありますが、このサイクルが通常よりも短くなり、髪が充分に育たないうちに抜けてしまうことがあります。
そうなると、毛根も充分に成長しないまま抜けてしまうため、結果として、毛根がなかったり、細くなったりするのです。

栄養不足や、頭皮環境が悪化すると、毛根は正常に育たず小さくなってしまいます。
また、このような毛根の状態で抜けている時には、円形脱毛症などの自己免疫性疾患の場合もあります。この場合、痛みなどは特になく、何の前触れもなく急に大量に抜け落ちます。朝起きたら枕元に抜け毛が大量にある、など異常を感じる場合には、楕円形などの脱毛斑がないか確認してみましょう。

脱毛症の可能性がある場合は放置せず、専門の医療機関などで診断を受けてましょう。

毛根が黒い場合

毛根が真っ黒な抜け毛は、異常脱毛で毛根まで栄養が行き届いていない可能性があります。この場合、頭皮の血の巡りが悪くなっていると考えられます。
自然に抜けた髪の毛根は、先端が白くなっています。なぜなら、頭皮が健康な状態であれば、血行もよく栄養も行き届くため、黒ずむことはないからです。
一方、ストレスや冷えなどで、頭皮が血行不良になると、必要な栄養を円滑に供給することができず、結果的に毛根が黒ずんでしまうのです。

自宅でもできる抜け毛の対策方法

自宅でもできる抜け毛の対策方法をご紹介します。

・頭皮の環境を整える
・生活習慣を整える
頭皮の環境を改善する

毛根を正常にするためには、頭皮の状態を良好にすることが大切です。
頭皮の環境を良好に保つために、頭皮や髪についた余分な汚れや皮脂を、シャンプーで適切に洗い流し、頭皮と髪を清潔に保ちましょう。

そのために、シャンプーやケア用品選びも重要です。
合わない化粧品を使うとお肌が荒れてしまうのと同様に、合わないシャンプーやケア用品は頭皮の荒れやトラブルを引き起こします。

また以前は合っていても、体質が変わったり、季節で肌が敏感になったりで合わなくなっていることもあります。自分に合っていると思いこまず、頭皮や髪の毛の状態を見て合うシャンプーを見極めることも大切です。

今使っているシャンプーはどのような成分からできているものでしょうか。抜け毛が気になる場合には、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。他のシャンプーに比べ、洗浄力は優しいので、不要な皮脂を適切に取り除いてくれます。
皮脂はバリアの役目も果たしています。アミノ酸系であれば、紫外線などのダメーを防ぐ必要な皮脂は残しつつ、しっかりと頭皮を清潔に保つことができるでしょう。

・また、女性向けのアミノ酸系のシャンプーもおすすめです

生活習慣を整える

睡眠不足や、食生活の乱れなどの生活習慣も抜け毛につながる場合があります。

抜け毛は、頭皮だけの問題ではなく、全身の状態と深く関わっていると考えておきましょう。
夜に成長ホルモンは多く分泌されるため、まとまった睡眠を取ることは、髪の成長にもよいとされています。夜更かしをする習慣がある人や、昼夜逆転生活をしている人は、なるべく夜眠り、朝起きる規則正しい生活に変更していきましょう。

また、普段からストレスをためこまない、過剰な喫煙やアルコールも避けるなど、生活習慣を整えることも重要です。
さらに、バランスの良い食生活も髪の栄養には大切。髪を作るのは、鉄や亜鉛などのミネラルですから、食事の中で適切に取り入れると良いでしょう。

抜け毛は、毛根を見て原因が分かる!原因に合わせて適切な対策を

抜け毛の原因は、髪の毛根を見れば分かります。

抜け毛が気になるという方は、ヘアブラシや排水口などにある抜け毛を採集して毛根チェックをしてみてください。
抜け毛の原因に合わせたヘアケアや生活習慣を心掛けることで、改善が期待できます。

抜け毛が異常毛根である場合は、脱毛症である可能性もあるので、抜け毛の症状が気になる場合は、専門の医療機関での受診をおすすめします。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む