女性の抜け毛と切れ毛は違うものです

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s
「最近、抜け毛が増えてきた……」と気になっているみなさま、それは本当に抜け毛でしょうか?

もしかしたら、「抜け毛」ではなく「切れ毛」かもしれません。

抜け毛と切れ毛は、原因も対策も違います。

ですから、抜けた髪が抜け毛なのか切れ毛なのか、正しく把握することが改善への近道です。

ふたつの見分け方ですが、抜けた髪の根元を確認しましょう。

抜け毛は頭皮から抜けたものですので、毛根が確認できます。

その毛根が、マッチ棒のように丸くなっている場合は、自然な生え変わりによる抜け毛なので心配ありません。

毛根が細く尖っている場合は、毛周期の乱れによる不健康な抜け毛です。

一方切れ毛の場合は、頭皮から抜けるのではなく途中で切れているため、抜けた髪の根元には毛根がなく断面が確認できます。

それぞれの原因と対策ですが、抜け毛の主な原因は毛周期の乱れですので、毛周期が正しいサイクルになるように栄養と休養をしっかり取ることが大切です。

切れ毛の原因は女性ホルモンの乱れと髪のダメージです。

日々のお手入れを見直すことでダメージを減らすほか、抜け毛と同じように充分な栄養と休養を取ることで改善が期待できます。

このように抜け毛と切れ毛には違いがありますので、抜け毛か切れ毛か見極めてから、適した対策を取っていきましょう。

これは抜け毛?切れ毛?違いの見分け方

「髪の毛が抜ける」のは、洗髪しているときやヘアスタイルのセット中に気づくことが多いでしょう。

そうした「抜けた髪の毛」には、「抜け毛」と「切れ毛」があります。

このふたつの見分け方は、以下のとおりです。

抜け毛の場合

1日に50本~100本程度の、毛周期に基づく自然な抜け毛は心配ありません。

しかし、毛周期が乱れることによって抜け落ちてしまう抜け毛は注意が必要です。

自然な抜け毛は、抜けた髪の毛根がマッチ棒のように丸くなっています。

一方のトラブルによる抜け毛は、毛根が細く尖っているほか、髪が極端に短い、細いなど、毛周期の途中で抜けた未成長の状態です。

切れ毛の場合

af9920056999l (1)
毛根から抜けるのではなく、髪の途中で切れてしまった髪のことです。

絡まった髪を無理にとかそうとして引きちぎれたり、傷んでいる髪がちぎれたりするので、抜けた髪の根元は毛根がなく断面が確認できます。

また、髪がパサついている、毛先に枝毛がある、などのダメージも多く見られます。

抜け毛の特徴と対策

抜け毛の主な原因は、毛周期が乱れることです。

毛周期が乱れると健康な髪が育つ前に抜けてしまいます。

毛周期は、ホルモンバランスの崩れやストレス、不規則な生活習慣などで乱れますので、思い当たるものを改善するとよいでしょう。

特にバランスのよい食事は重要です。

髪の主成分であるたんぱく質やビタミン、ミネラルを積極的に摂取しましょう。

さらに、食事と同時に睡眠も見直すとホルモンバランスも整ってきますので、栄養と休養をしっかり取ることが大切です。

そのほか、毎日のヘアケアも再確認してみましょう。

刺激の少ないシャンプーを使用する、力を入れて洗いすぎないようにする、髪をひっぱらないヘアスタイルにする、などに気をつけると抜け毛は少なくなります。

また、毛周期の乱れ以外にも、病気が原因で抜け毛が起きている場合もあります。

脂漏性皮膚炎のような頭皮の病気、甲状腺機能の異常、鉄欠乏症貧血などでも抜け毛が引き起こされますので、気になる方は早めに病院を受診しましょう。

切れ毛の特徴と対策

切れ毛は、髪を無理に引っ張るという行為が原因になるほか、女性ホルモンによる影響も考えられます。

女性ホルモンには髪を育てる働きがありますので、女性ホルモンの分泌が減ると髪は弱くなり切れやすくなります。

また、髪がダメージを受けていても簡単に切れてしまいます。

ダメージを受ける原因となるのは、パーマやカラーを短期間に繰り返す、紫外線、乾燥などです。

さらに髪だけではなく、頭皮の凝りや血行不良など、頭皮の環境が悪くなることでも切れ毛になります。

切れ毛の対策としては、お手入れの見直しが重要です。

ダメージを受けないように工夫したり、保湿効果のあるトリートメントやヘアオイルを使用したりするとよいでしょう。

また、湿ったままの髪は頭皮にも髪にもよくありませんので、ドライヤーできちんと乾かすことも大切です。

そのほか、抜け毛と同じように栄養と休養をしっかり取ることも、切れ毛対策に効果があります。

(まとめ)女性の抜け毛と切れ毛に違いはあるの?

1. 女性の抜け毛と切れ毛は違うものです

同じように「抜けた髪」でも、抜け毛と切れ毛では原因も対策も違います。

抜けた髪の毛根が丸いか細く尖っている場合は抜け毛、毛根がなく根元が断面になっている場合は切れ毛ですので、正しく見分けて適切な対策を取りましょう。

2. これは抜け毛?切れ毛?違いの見分け方

抜け毛は毛周期の乱れによって起きます。

自然な生え変わりの抜け毛は毛根が丸く、不健康な抜け毛の毛根は細く尖っています。

切れ毛は髪の途中でちぎれたもので、根元には切れた断面がありパサつきや枝毛などのダメージも多く見られます。

3. 抜け毛の特徴と対策

抜け毛の主な原因の毛周期の乱れは、ホルモンバランスの崩れやストレス、不規則な生活習慣が原因になりますので、思い当たるものを改善していきましょう。

特に栄養と休養は大切です。

そのほか、シャンプー剤や洗い方なども見直しましょう。

4. 切れ毛の特徴と対策

切れ毛の主な原因は、髪を無理に引っ張るという行為のほか、女性ホルモンの減少や髪のダメージです。

髪のダメージはお手入れの見直しで減らすことができます。

また、抜け毛同様、栄養と休養をしっかり取ることも大切です。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む