抜け毛と枝毛の直接的な原因は異なります

90c8342cd5afda28a3a55c1f94d1ab54_s
「抜け毛」も「枝毛」も「髪のトラブル」なので、原因も対策も同じと思う方もいるかもしれません。

しかし、この2つの原因は異なります。

抜け毛は、毛母細胞の生成力が低下するといった「毛周期の乱れ」が主な原因です。

それに対し枝毛は、髪のキューティクルが剥がれるなどの「髪の傷み」が原因です。

このように直接的な原因は異なりますが、毛母細胞の生成力が低下している状態、つまり頭皮環境が悪化している状態では髪の傷みを引き起こすこともあるなど、ふたつの原因は大きな関わりがあります。

ですから、片方だけではなく、両方に目を向けていきましょう。

それが、健康な頭皮と髪を生み出しますので、抜け毛も枝毛も予防できると言えます。

女性の毛周期と抜け毛について

一般的に、健康な髪でも1日に50~100本、秋には200本程度抜けると言われています。

こうした髪の生えかわりは、毛周期に基づいています。

毛周期は「成長期→退行期→休止期」というサイクルになっていて、女性の毛周期は4~7年です。

  • 成長期:毛母細胞が髪を生成する期間で、成長に伴って髪は伸び、太くなっていきます。
    成長期は約4~6年です。
  • 退行期:毛母細胞での髪の生成が衰える時期で、多くの髪はこの期間に抜けます。
    退行期は約2~3週間ほどと短くなっています。
  • 休止期:毛母細胞の活動が完全に止まっている期間で、退行期に抜けなかった髪は抜けるのを待つだけです。
    休止期は3~4ヶ月ですが、髪が健康な人ほど長く女性では数年にわたる場合もあります。

このサイクルで髪は自然に抜け落ちるのですが、抜けた髪の毛根に丸みがない、全体的に細い、などの場合は、成長期が短く髪が成長する前に抜けています。

このような場合は、毛母細胞が正常に機能せず生成力が低下していると考えられ、それが抜け毛トラブルの主な原因となっています。

抜け毛と枝毛の関係

fc8da1dd8c28ebae1ee53194c61f13c1_s
毛母細胞の生成力低下が抜け毛を引き起こしていると言えますが、それは枝毛の直接的な原因にはなりません。

しかし、毛母細胞の機能が正常ではない場合は、同時に髪が傷んでいることも多いので、結果的に枝毛になっていることも多いのです。

髪が傷む理由には、以下のものがあります。

生活習慣

睡眠不足や栄養不足、またお酒やタバコの大量摂取など、生活習慣が乱れると頭皮の白血球やリンパ球が増え、機能が衰えてしまいます。

頭皮環境が悪化すると抜け毛は増えますし、生えている髪も栄養不足のため枝毛になってしまいます。

紫外線

頭皮が強い紫外線を浴びると毛母細胞がダメージを受けますので、毛周期が乱れます。

また、紫外線は髪のキューティクルを破壊するので、枝毛の原因にもなります。

乾燥不足

ドライヤーの熱が髪によくないという理由で、髪が濡れた状態で眠ると、頭皮は蒸れたり雑菌が繁殖したりします。

それが抜け毛の原因となります。

同時に、濡れたままの髪はキューティクルが剥がれやすい状態なので、寝ている間に枕でこすれて枝毛になりやくなります。

抜け毛や枝毛にならないために

このように、毛母細胞の生成力が低下して抜け毛になっている場合は、同時に髪も傷み枝毛となっている可能性が高いと言えます。

ですから、抜け毛を予防することは、枝毛対策にもつながるのです。

具体的には、以下のような方法があります。

生活習慣を整える

生活習慣の乱れは、抜け毛や枝毛だけではなくさまざまな髪のトラブルの元になります。

栄養バランスのよい食事をとる、早寝早起きを心がける、無理なダイエットはしないなど、生活習慣を全体的に見直しましょう。

紫外線対策

紫外線は、真夏だけ対策をすればよいわけではありません。

5月頃から紫外線が降り注ぐ量は増えますので、帽子や日傘、UVアイテムで紫外線から守りましょう。

また、紫外線を浴びた後は、保湿ケアも大切です。

しっかり乾燥

頭皮環境を整えるために、洗髪後は必ずドライヤーでしっかり乾かしましょう。

その際、70度以上になると髪は傷んでしまいますので、低温ドライヤーの使用をおすすめします。

(まとめ)女性の抜け毛と枝毛の原因は同じ?

1. 抜け毛と枝毛の直接的な原因は異なります

抜け毛と枝毛になる原因は異なります。

抜け毛は毛周期の乱れが主な原因で、枝毛は髪の傷みが原因です。

このように直接的な原因は異なっても、ふたつの原因は大きな関わりがありますので、両方に目を向けていきましょう。

2. 女性の毛周期と抜け毛について

髪の生えかわりは、毛周期に基づいています。

女性の毛周期は4~7年で、このサイクルで髪は自然に抜け落ちますが、毛母細胞が正常に機能していないと髪の生成力が低下するので、抜け毛の原因となってしまいます。

3. 抜け毛と枝毛の関係

毛母細胞の生成力が低下している場合は、同時に髪が傷んでいることも多いので、枝毛になっているのも多くみられます。

髪が傷む理由には、生活習慣の乱れ、紫外線、洗髪後の乾燥不足などがあります。

4. 抜け毛や枝毛にならないために

抜け毛と枝毛の直接的な原因は異なっても、ふたつは大きな関わりがあるので、抜け毛を予防することは枝毛対策にもつながります。

その方法としては、生活習慣を整えるほか、紫外線対策や洗髪後はしっかり乾かすなどがあります。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む