前髪が薄くなる原因としては、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが多くなることで起こる女性型男性脱毛症(FAGA)や、頭皮へのダメージ、日常生活などが挙げられます。

gf2160257698l
女性の方で、前髪の薄毛に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?実は生え際となる前髪は薄毛が起こりやすい場所です。今回はそんな前髪の薄毛の原因やの改善方法、薄さをカバーするヘアスタイルをご紹介します。

前髪が薄くなってしまう原因とは?

・びまん性脱毛症
・牽引性脱毛症
・パーマやヘアカラーでの頭皮へのダメージ
・シャンプー成分
・質の良い睡眠がとれていない
・ダイエットなどでの栄養不足
・ストレスを受けている

上記は女性の薄毛の理由として代表的な例です。女性の薄毛は生え際やつむじから進行しやすく、生え際となる前髪は薄毛が起こりやすい場所であり、多くの方が気にされる症状。気になる前髪の薄毛の原因について、それぞれ詳しくご説明します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性型男性脱毛症(FAGA)と呼ばれ、薄毛の女性に多い症状です。頭部全体から、まんべんなく髪が抜けることで髪のボリュームが全体的に減りますが、場合によっては頭頂部や前髪が特に薄くなることもあります。

原因としては、脱毛を起こす要因である酵素である「5αリダクターゼ」が、頭頂部・前頭部の毛乳頭に存在していることが挙げられます。この症状はホルモンバランスが崩れやすくなる40代以上の女性によく見られます。女性ホルモンが乱れたり減ったりすることで、男性ホルモンの量が多くなり発生すると考えられています。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、お団子やポニーテールなど長時間同じ位置で縛り、強く引っ張ることで、その部分の髪の毛が抜け薄くなる症状です。

前髪をピンやクリップできつく留めたり髪をひっつめたりしていると、毛穴に負担がかかり髪が抜ける原因となります。そのため前髪を必要以上に引っ張らないことや、髪を結ばない日を作るなどするとよいでしょう。これらの原因を取り除き、頭皮に負担をかけないことで改善することが望めます。

パーマやヘアカラーでの頭皮へのダメージ

パーマやヘアカラーを短いスパンで行うと、頭皮がダメージを受け抜け毛が増えてしまうことがあります。パーマやヘアカラーの施術では、強い薬剤を使うため頭皮が影響を受けやすいのです。また、髪の毛が薬剤の影響で弱くなってしまい、抜け毛だけでなく切れ毛も増え、前髪が少なくなってしまうこともあります。

前髪の薄毛が気になるようであれば、パーマやヘアカラーの頻度をおさえてもよいでしょう。

シャンプー成分

抜け毛の原因の一つとして、洗浄力の強い合成界面活性剤の含まれているシャンプーの使用が挙げられます。このようなシャンプーは脱脂力や洗浄力が強いこともあり、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまい、頭皮の老化を促進し抜け毛が増えてしまうことがあるのです。

毎日使うものだからこそ、シャンプーの成分を確認し、頭皮に負担のないものを使用するようにしましょう。

質の良い睡眠がとれていない

睡眠不足は、髪の毛を成長させるための毛母細胞の活性を弱めてしまい、抜け毛が増えてしまう原因です。そのため、充分な睡眠をとることで成長ホルモンが充分に分泌され、健康な育毛を促がすことができます。

特に入眠してからの3時間に成長ホルモンが分泌されるので、この時間帯に質の良い睡眠をとることが望ましいでしょう。寝る前に興奮するようなことや、スマホやパソコンのブルーライトを浴びないなど、質の良い睡眠がとれるよう環境を整えることが大切です。

ダイエットなどでの栄養不足

健康な発毛のためには、栄養が体内に行き渡っていることが必要ですが、ダイエットなどで食事制限を行うと、必要な栄養を取れず薄毛を進行させてしまう恐れがあります。

特に髪の毛を作る栄養素としてミネラル(鉄分、銅、亜鉛)を摂取するようにするとよいでしょう。そうすることで抜け毛や髪の毛が細くなるなどの症状を抑えることが期待できます。

ストレスを受けている

肉体的、精神的ストレスは抜け毛の原因となります。またストレスにより自律神経が乱れることで、頭皮の血行が悪化して栄養が行き渡らなくなります。抜ける部分は人によりますが、頭頂部や前髪の髪が薄くなることもあります。

ストレス社会に生きる現代人にとって、ストレスを受けないことは難しいですが、ストレスを溜めずに解消できる自分なり方法を探すようにするとよいでしょう。

前髪の薄毛改善方法

gf2160257698l
前髪の薄毛を改善する方法として、生活習慣を見直すことや、育毛剤の使用、病院への通院などがあります。それぞれについて、具体的にご説明します。

生活習慣を見直す

普段の生活で、栄養不足やストレス、睡眠など日常生活で薄毛になりやすいことを行っていないか、自分の生活習慣を見直してみることも大切です。

特に髪の毛を生成するミネラル、髪の毛の材料となるタンパク質。育毛サポートしてくれるパントテン酸、血行促進作用が期待できるビタミンEなど、育毛に必要な栄養素を積極的に摂取し、栄養不足に気を付けるとよいでしょう。また、食事からだけで栄養がとれるか不安な場合は、育毛サプリメントの利用も検討してみましょう。

女性向け育毛剤の使用

前髪の薄毛を改善するために育毛剤を使用するのも良い方法です。育毛剤は使ってすぐに効果が出るものではないので、気長に継続して使用するようにしましょう。最低でも半年程度様子を見ることをお勧めします。

また育毛剤の使用は、薄毛改善だけでなく頭皮ケアもできるので、頭皮トラブルを予防することができ美しい髪の毛を育てることにも繋がります。育毛剤はたくさんの種類が市販されていますが、自分の抜け毛の状況をよく理解し、家族が使っているからと安易に使わず、自分に合った育毛剤を選ぶことが大切です。

病院へ行く

薄毛専門のクリニックや、育毛外来、皮膚科の病院へ行くことで薄毛の問題が解決する可能性があります。通院に時間やお金はかかりますが、専門家から診断が受けられ、自分に合う薬も処方してもらうことができます。

前髪が薄い人におすすめの髪型・ヘアアレンジ

gf2160257698l
前髪が薄くなっていることを目立たなくさせる、おすすめのヘアスタイルをご紹介します。

分け目を変える

前髪が薄いということは、分け目や生え際にボリュームがない状態です。いつも同じ分け目にしていると、ペタっとした潰れた髪の毛になってしまいます。そのため、いつもとは違う分け目にすることで髪の毛のボリュームが出ることがあります。また、分け目は2、3ヶ月ごとなど定期的に変えるとよいでしょう。さらに分け目をジグザグにすると、ふんわりとしたボリュームを作ることもできます。

前髪を伸ばす

前髪を長くすることで薄毛が隠しやすくなります。雰囲気も大人っぽくなるため、女性らしい髪型といえるでしょう。
その際、全体的に肩くらいのボブスタイルにすると、バランスのよい髪型になります。

ベリーショートにする

全体的にベリーショートにして、前髪も短くするのも前髪が薄いのを隠せるおすすめのヘアスタイルです。このスタイルの場合、サイドとの差も作らずにセットすることができるので前髪が透けても自然で、薄毛が気にならなくなります。

ヘアアクセサリーを使う

ヘアバンドやスカーフなどをうまく使うことで、前髪の薄毛をカバーすることができます。具体的には、前髪の生え際部分が隠れるようにヘアバンドやスカーフを巻くとよいでしょう。また、ピンを使い、サイドと前髪との境界線が分からないようにセットするのも女性らしいヘアスタイルです。

前髪を上げる

ポンパドールという前髪を上げてピンを留める髪型にすると、薄毛をカバーすることができます。この時、こめかみ部分の毛はおろしておくとよいでしょう。また、全部上げてピンを止めると薄毛部分が目立ってしまうため、鏡で見ながら適度な量をポンパドールするのがポイントです。

(まとめ)前髪が薄い?特定部位の薄毛の原因とは?

1. 前髪が薄くなってしまう原因とは?

女性の前髪が薄くなってしまう原因は、びまん性、牽引性などの脱毛症や、パーマやヘアカラー、シャンプーなどでの頭皮ダメージ、また質の良い睡眠や栄養の不足、ストレスなどが挙げられます。生え際となる前髪は女性の薄毛が起こりやすい場所です。

2. 前髪の薄毛改善方法

前髪の薄毛改善方法として、生活習慣を見直す、育毛剤の使用、病院への通院などがあります。

3. 前髪が薄い人におすすめの髪型・ヘアアレンジ

前髪が薄くなっていることを目立たなくさせるために、分け目を変える、前髪を伸ばす、ベリーショート、ヘアアクセサリーを使う、前髪を上げるなどの髪型、ヘアアレンジをおすすめします。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む