1日200本抜け毛がある女性でも、薄毛だと断定することはできません

af9920048009l
髪の毛が抜ける本数は、平均すると1日に50~100本程度と言われています。

これと比べると、2倍~4倍の200本もの髪が抜けていたら、薄毛になってしまうのでは、と不安に思うのは当然のことです。

しかし、髪の抜ける本数には、個人差や季節による違いがありますから、200本抜けているからといって薄毛になるとは言い切れません。

髪の毛の状態や季節、それまでの抜け毛の本数などを総合的に鑑みて判断するようにしましょう。

ある程度であれば、髪の毛が抜けるのは仕方のないことです

髪の毛は、いつかは自然と生え変わるものです。

生まれた時から死ぬときまで生え続けているものではありませんから、ある程度の髪の毛が抜けるのはごく当たり前のことです。

その「ある程度」の本数としてよく言われているのが、1日に50~100本程度という数字です。

人間の頭皮に生えている髪の毛の本数が10万本、髪の寿命が4年とすると、10万÷(365×4)=68.5本となります。

しかし、髪の本数にも寿命にも個人差があるため、50~100本と言われているのでしょう。

ただし、髪の毛の生まれ変わるスピードや髪の総量は個人差が非常に大きいため、これよりもたくさん髪の毛が抜けるのが自然であるという人も存在しています。

また、秋は抜け毛が増える季節ですから、この時期のみ一時的に抜け毛が他の季節よりも増えるということもあります。

ですから、ただ、「抜け毛が200本あった」という事実だけで薄毛になるかもしれない、と心配する必要はないのです。

あまり心配をしすぎると、そのこと自体がストレスになって薄毛を引き起こすこともあります。

抜け毛の本数だけで悩みすぎないようにしましょう。

髪の毛の状態やそれまでの抜け毛状況をチェックしてみましょう

5ad96921802d8164a4445c80163a13b4_s
危険な抜け毛であるかどうかは、抜け毛の本数ではなく、髪の毛の状態やそれまでの自分の抜け毛状況をチェックして判断するようにしましょう。

抜けた髪のチェック

抜け毛の毛根をチェックしてみましょう。

頭皮についていた側が丸い抜け毛は、ヘアサイクルに従って自然に抜けた髪の毛ですから心配する必要はありません。

しかし、根本がひょろひょろとしていたり、先細りになったりしているような髪の毛は、本来抜けるべきではなかった髪の毛である可能性が高いと言えます。

生えている髪のチェック

髪全体のボリュームがダウンしていたり、髪の毛が細くなったりしていないようであれば、薄毛傾向にある可能性は低いでしょう。

抜けた毛を気にすることも大切ですが、今頭皮に生えている毛の状況を確認することも大切なのです。

それまでの抜け毛状況との比較

今までは毎日50本しか抜けていなかったのに、いきなり毎日200本の髪の毛が抜け始めたという場合は、頭皮になんらかの異常が起こっている可能性があります。

しかし、それまでもコンスタントに髪の毛が抜けていて、特に薄毛になっているわけでもないという場合は、それほど心配する必要はありません。

また、秋は抜け毛が増える季節ですから、この時期に多少抜け毛が増えたからと言って、心配しすぎないようにしましょう。

やっぱり抜け毛が多いと感じたら、頭皮を大切にする生活を送ってみましょう

「これまでの自分と比べてみても、最近抜け毛が増えてきている気がする」と感じたら、頭皮を大切にする生活を送ってみましょう。

シャンプー

シャンプーを丁寧に行うことは、頭皮のためにとても良いことです。

ただし、洗い過ぎは逆効果になってしまいますから、1日に2回以上の洗髪は避けてください。

泡立てたシャンプー剤を使って、指の腹でしっかり汚れを洗い落としましょう。

刺激物を避ける

唐辛子やコショウなどの刺激物は、頭皮にとってあまり良いものではありません。

また、紫外線や衝撃などの外的な刺激も避けるべきです。

頭皮を保湿してバリア機能を高めると同時に、刺激を与えないように気を配りましょう。

栄養を頭皮にいきわたらせる

頭皮や髪が栄養不足に陥ると、きちんと成長することができません。

栄養バランスの良い食事をとったり、血行促進を心掛けたりして頭皮を健康に保ちましょう。

(まとめ)女性の抜け毛、1日200本は多すぎ?

1.1日200本抜け毛がある女性でも、薄毛だと断定することはできません

髪の毛は、1日に50~100本抜けると言われていますが、仮に200本抜けていたとしても、即座に薄毛になると断定することはできません。

個人差や季節差があるため、髪の状態などを総合的に見て判断するようにしましょう。

2.ある程度であれば、髪の毛が抜けるのは仕方のないことです

髪の毛はいつかは抜けるものですから、抜け毛があるのは自然なことです。

一般的に言われている本数よりも抜け毛が多い場合も、個人差や季節の問題である可能性があるので、一概に薄毛になると判断することはできません。

3.髪の毛の状態やそれまでの抜け毛状況をチェックしてみましょう

危険な抜け毛かどうかは、抜けた髪の毛の本数ではなく、抜けた髪の毛の根本の形などから判断しましょう。

また、生えている髪の毛のボリュームをチェックしたり、それまでの抜け毛本数と比較したりしてみることも大切です。

4.やっぱり抜け毛が多いと感じたら、頭皮を大切にする生活を送ってみましょう

抜け毛が多すぎると感じたら、頭皮をいたわった生活を送りましょう。

シャンプーの仕方や頻度に注意して、内外からの刺激を避け、栄養が頭皮にいきわたるよう心掛けてみてください。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む