女性の抜け毛やかゆみ予防には、自分に合ったケアがカギとなります

脂漏性皮膚炎は抗菌シャンプーを
多くの人が毎日行うシャンプーですが、頭皮タイプに合わないものを使い続けていると、頭皮ダメージやフケが元となり、かゆみや抜け毛を引き起こします。
頭皮が脂っぽい人や乾燥気味の人は、それぞれタイプに応じたシャンプーを選ぶとよいでしょう。

また洗い方にも注意が必要になります。
洗い方でもっとも重要なのはすすぎです。
自分が思っているよりも、1~2分長めにすすぎ洗いを行いましょう。

シャンプー剤は泡立ててから使う、入浴前のブラッシングを行う、十分な予洗いをするなどのポイントを押さえることも大切です。

基本のヘアケアをおさらいしましょう

抜け毛やかゆみが気になりだしたら、まずはシャンプーの仕方を見直してみましょう。

基本的なシャンプーの仕方

入浴前にブラッシング

指通りが良くなり、余分な抜け毛を防ぐことができます。

適量を泡立てる

シャンプーの適量は、セミロングの人で500円玉1枚分くらいです。
液体のまま直につけず、手の平でしっかりと泡立ててから使いましょう。

頭皮を優しくマッサージ

洗髪中は、かゆみがあるとついゴシゴシ洗ってしまいがちですが、決して爪は立てず指の腹で洗いましょう。

シャワーで入念にすすぐ

「もういいかな」と感じてから、さらに1~2分長めに行いましょう。
シャンプー剤のすすぎ残しは、かゆみや抜け毛、フケなどの原因になります。

生乾きにしないこと

お風呂の後は、タオルとドライヤーを使って、しっかりと乾かすことが大切です。

少し乾かしたらあとは自然乾燥にするという人もよく見られますが、生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因にもなります。

完全に乾かし、軽くブラッシングをしておくと髪が落ち着き、しっかりと休める状態になるでしょう。

抜け毛やかゆみの症状にはいくつかの原因があります

抜け毛やかゆみの原因

気候や湿度

季節の変わり目などに体調を壊す人が多くいるように、乾燥しやすい秋から冬にかけては、頭皮にかゆみを生じやすい季節です。

また夏の強い紫外線ダメージにより、秋は通常よりも抜け毛が多くなるといったケースも見られます。

乾燥しやすい時期には、トリートメントなどで保水性や潤いを補い、汗を掻きやすい夏場は、蒸れに注意し、清潔に保つように心掛けましょう。

頭皮を傷つける爪

かゆいからといって長く伸ばした爪でかきむしると、頭皮が傷つき、その部分に雑菌が入ることで炎症を起こします。

指先は力が入りやすい上に、頭皮はデリケートなので、とくに注意が必要です。

シャンプー時や寝ている間などは、無意識に掻いてしまうことがあるので、爪の手入れをこまめに行いましょう。

生活習慣にも気をつけましょう

バランスの偏った食事や過度のダイエット・不規則な生活は、頭皮や毛髪にも影響を与えます。
食物繊維を含むものを摂り、早寝早起きや日常的に運動をする習慣をつけましょう。

また過度なストレスは抜け毛などの原因にもなります。
仕事や家事の合間には適度な息抜きを入れ、夜はゆっくりお風呂に入るなど、ストレス発散法を見つけておくことも大切です。

普段の生活やヘアケアを見直してみよう

できる部分から試してみる

人の毛髪には、活動期と退化期があり、常に生え変わっています。
そのため、一日に約70~100本は自然に抜けるものなのです。

しかしそれ以上に抜けていたり、異常なかゆみが感じたりする場合には、毛髪の環境を見直す必要があるでしょう。

前述のように、抜け毛やかゆみにはさまざまな原因が考えられます。
まずはシャンプーを変えたり、生活習慣を見直したりといった、身近な部分から始めてみましょう。

すぐに結果がでるものではないので、数週間は様子を見て、髪や頭皮をチェックすることが大切です。
原因には個人差があり、一概に特定することはできないので、原因追及を行うことがケアの第一歩です。

あまりにひどい場合には医師に相談を

自己ケアで手に負えない場合は、皮膚に何かしらの疾患を起こしている可能性もあります。

「シャンプー時に手に絡まるほど抜ける」、「抜け毛を人から指摘される」、「寒気を覚えるほど痒い」といった重症の場合には、アレルギー疾患や皮膚炎を起こしているかもしれません。

そのような場合には、皮膚科などの専門医師に相談しましょう。

(まとめ)女性の髪の悩み!かゆみを伴う抜け毛の解消法とは?

1.女性の抜け毛やかゆみ予防には、自分に合ったケアがカギとなります

抜け毛とかゆみは、間違ったシャンプー選びや洗い方に原因があるかもしれません。

自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶとともに、洗い方を見直してみましょう。

2.基本のヘアケアをおさらいしましょう

シャンプー剤は適量を心掛けましょう。
液体を直接頭部にのせるのではなく、手の平で泡立ててから洗うことが大切です。

また、すすぎが肝心なので、シャワーで入念に行います。
洗ったらタオルで水気を拭き取り、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

3.抜け毛やかゆみの症状にはいくつかの原因があります

乾燥や蒸れなど、季節に応じた要因も考えられます。
季節の変わり目に注意し、適したケアを心掛けましょう。

また爪は頭皮を傷つけ、かゆみを悪化させる原因の一つ。
さらに生活習慣を整え、ストレスを適度に発散させることも大切です。

4.普段の生活やヘアケアを見直してみよう

普段の生活は、髪に大きな影響を与えています。
食事やシャンプー選びなど、身近な部分から原因を探っていきましょう。

また異常なほどの抜け毛やかゆみが見られる場合は、疾患の恐れもあるため注意してください。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む