生理前に女性が抜け毛を起こすのはエストロゲンの減少が主な原因です

imasia_9933291_M
女性の抜け毛は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一つで、髪の毛の成長を促す働きを持つホルモンが減ってしまうことで起きます。
このエストロゲンは、髪の毛の成長を促すだけでなく女性らしい体つきを作ったり、排卵を促す際にも必要とされたりするホルモンです。

また、エストロゲンは、自律神経を整えて感情を穏やかにする作用もあります。そのため、このホルモンが増える期間は、落ち着いて過ごせる一方で普段よりも少なくなってしまうと、イライラしてしまったり、髪の成長が止まって抜け毛が起きてしまったりするのです。

エストロゲンと女性の体について知ろう

女性の体は、排卵・生理を1周として、およそ28日周期でホルモンのバランスが変化します。

そして、それに伴って心身の状況も変化していくのが特徴です。
もし、抜け毛が気になるようであれば、抜け毛が増えやすい生理前の時期である可能性があります。

実は、エストロゲンはこの時期に分泌量が普段よりも減少しているのがその原因です。
この状態だと、髪の毛が育たなくなってしまうだけでなく、肌荒れが起きやすくなったり、頭痛、めまいが発生したりするなど、体のあちこちに異変が感じられるようになります。

さらに、精神的にもイライラしてしまったり、なんとなく気分が憂鬱になってしまったりなりがちです。つまり、エストロゲンは女性にとって「心身の健康バロメーター」となるようなホルモンと言えるでしょう。
そのため、だんだんとこのホルモンが減っていってしまう更年期や、妊娠中に増加していた影響を受ける産後には、心身ともに大きな変調をきたしてしまうのです。

生理前は、これと同じような症状を催す状態ですから、充分に注意しなければなりません。

女性は排卵から生理が来るまでの間プロゲステロンの分泌量が増加

imasia_12236849_M
女性は、エストロゲンが減っている間、別の女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの分泌量が増加しています。
このホルモンは、「黄体ホルモン」とも呼ばれているもので、エストロゲンが女性らしい体を作る一方で、プロゲステロンは、妊娠を維持、胎児を発達させるために必要不可欠なものです。

黄体とは、卵胞が排卵された際に形成される組織で、通常、妊娠がない場合には14日間程度子宮内からプロゲステロンを分泌し続けたのちに、生理で排出される仕組みとなっています。

つまり、排卵が起きてから生理が始まるまでの間限定で体に働きかけを行う成分がこのホルモンなのです。そして、このプロゲステロンが増えている間が、抜け毛をはじめとした生理前の不調の要因ともなっています。

しかし、このように聞くと体に悪い成分のように感じられるかもしれませんが、このホルモンが分泌されなければ妊娠ができず、また仮に妊娠したとしても、胎児が育つ環境を維持することができなくなってしまうとされます。
そのため、このホルモンを減らすのではなく、いかに上手に付き合うかがカギとなるといえそうです。

基礎体温をつけて現在のホルモンバランスに注意しよう

女性の生理周期によるホルモンバランスの変化は、基礎体温の計測である程度予測することが可能です。

一般的に、低温期と呼ばれる生理が始まってから次の排卵が起きるまでの期間は、エストロゲンの分泌が盛んですが、逆に排卵が起きてからの高温期はその働きは低調になります。
この間は、上記でも触れたとおり、プロゲステロンの分泌量が増えているためです。
そのため、抜け毛を解決するためには、高温期の時期に以下にケアをするかが重要となります。

まずは、基礎体温をつけて、自分がいまどのようなホルモンバランスにあるのかを知った上で、最適なケア方法を採るようにしましょう。

低温期

エストロゲンの分泌量の多い低温期は、髪の毛の成長も促される時期です。
そのため、特別なケアを心がけることはありませんが、充分に髪の毛が成長できるように頭皮の状態を万全にして置きことが求められます。

血行促進のためにマッサージや、健康的な食生活を心掛けましょう。

高温期

高温期に入ったということは、プロゲステロンの働きが強まっているという証拠です。エストロゲンが十分に得られなくなってしまうため、抜け毛にも注意しなければなりません。
代わりの働きをしてくれるイソブラボンを取り入れたり、育毛成分を取り入れたりすることが大切です。

また、プロゲステロンの働きにより、皮脂が出やすくなっています。

お肌のケアも念入りに行うようにしましょう。
ただし、皮脂が気になるからと過度にシャンプーをするとかえって、皮脂の分泌を促進してしまうことには注意してください。

(まとめ)女性が生理前に抜け毛が起きる原因とは?

1.生理前に女性が抜け毛を起こすのはエストロゲンの減少が主な原因です

生理前に増える方もいる抜け毛は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少してしまうことで発生します。このホルモンには、髪の毛の成長を促し、イライラを抑える働きがあるためです。

2.エストロゲンと女性の体について知ろう

エストロゲンは、女性の心身の状態に深く関係しているホルモンです。この分泌量が減ってしまうと抜け毛以外にもさまざまな影響が現れるため、生理前や産後、そして更年期には十分な注意が必要です。

3.女性は排卵から生理が来るまでの間プロゲステロンの分泌量が増加

プロゲステロンは、生理前に分泌されるようになる女性ホルモンです。このホルモンが分泌されている間に心身への影響がありますが、妊娠に大きくかかわる成分であり、悪影響を与えるだけのホルモンではありません。

4.基礎体温をつけて現在のホルモンバランスに注意しよう

ホルモンバランスの変化は、基礎体温を測ることで予測することができます。普段から、基礎体温を知るようにするとともに、時期に合わせたケア方法を採っていくことが抜け毛対策では大切です。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む