産後2~3カ月から半年~1年の間で落ち着きます。ホルモンバランスを整え、ストレス解消や食生活に気をつけましょう。

出産後、毎日忙しく過ごす中で「なんだか、いきなり抜け毛が増えたような…」と突然気になりだした経験はありませんか?実は「産後の抜け毛」については多くの女性が悩むもの。そんな産後に起こる抜け毛について、原因や期間、毎日の中で行える対策について詳しく解説します。

産後の抜け毛とはどのような症状?

産後の抜け毛とは、いわゆる「出産後脱毛症」、「分娩後脱毛症」とも呼ばれる症状のことを指します。妊娠中から出産後にかけてのさまざまな体の変化から髪の抜け毛へとつながってしまいます。

しかし、過度に心配する必要はありません。産後の抜け毛は、出産を経験した女性ならば誰しもが起こりうる自然な現象。決して病気などではありませんし、大半の場合は元に戻ります。

産後の抜け毛はなぜ発生する?気になる原因

産後の抜け毛の原因は、実はひとつだけでなく、さまざまな要因が関係しています。ここでは大きく2つに分けて解説します。その原因について詳しく見てみましょう。

ホルモンバランスの変化による毛周期の影響

産後の抜け毛の原因には、髪が成長するサイクル「毛周期」が影響している場合があります。一般的な毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」「初期成長期」を繰り返します。

しかし、妊娠中は女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が盛んになることよって、「退行期」と「休止期」の期間が通常とは異なります。それによって、いつもなら抜けるはずの髪の毛が抜けずに残ってしまいます。

さらに、産後まもなく「エストロゲン」が急激に減少し、通常の毛髪サイクルに戻っていくことで、今まで抜けていなかった分の髪と合わせて一気に髪が抜け落ちます。そこで抜け毛が増えてしまうのです。

環境の変化に伴うストレス

出産後、突然はじまる「子ども中心」の育児生活。まだ母体が回復していない状態から慣れない育児がスタートするわけですから、当然ストレスや睡眠不足、疲労といった体と心の負担は大きくなります。

これによって自律神経が乱れてしまうと、その緊張状態から血液の流れが悪くなり、頭皮の環境を悪化させます。血流が悪くなることで、通常運ばれるはずだった髪への栄養素が、いき渡らなくなり、髪がもろく薄毛や脱毛につながってしまうのです。

産後に抜け毛が発生する期間どのくらい?

抜け毛の原因が、女性ホルモンや毛髪サイクルが原因の場合は、産後おおよそ2~3ヵ月から髪が抜けはじめ、半年~1年の間に落ち着いてくるといわれています。

出産によって急激に減少した女性ホルモンは数ヶ月かけ戻っていきます。しかしこの間、子どもに母乳を与えていることで「プロラクチン」と呼ばれるホルモンが分泌され、女性ホルモンを抑制しています。ですので、完全に女性ホルモンが回復し、抜け毛が気にならなくなるまでは授乳が落ち着く1年くらいと考えるとよいでしょう。

産後の抜け毛の対策とは?

妊娠し、出産することで起こる女性ホルモンの変化は誰しもが起こりうることで、これによって起きる産後の抜け毛はごく自然な現象です。しかし、あまりにも抜け毛がひどい場合は当然気になってしまいますし、「できればなんとかしたい!」と思いますよね。

ここからはそんな産後の抜け毛に悩む方や出産前の準備として知っておきたい方のために、4つの対策方法をご紹介します。

ストレス解消を積極的に行う

出産と同時にはじまる育児は子どもの成長が感じられて幸せな分、大変なことや初めての経験もあり、ストレスを抱えてしまうことも。先ほどの抜け毛の原因でも紹介したように、育児ストレスは抜け毛の大敵です。ある程度の抜け毛は「女性ホルモンのせいだから仕方ない!」と割り切ってあまり気にしないようにしましょう。

その分、時にはまわりのサポートに頼りながら一息つける時間を作ったり、家族で一緒にお出かけを楽しんだりすることで上手くストレスを発散しましょう。「何ごともポジティブに考える」ことは、生活スタイルを変えずとも、ストレスを軽減することができますよ。

バランスの整った食生活を心がける

目まぐるしい毎日の中で、「ゆっくり食事をとることもできない」方も多いことでしょう。しかし、バランスの整った食生活を少し心がけることで、抜け毛対策をもちろん、毛質の改善にもつながります。

ストレスによって血液の流れや栄養素が損なわれている場合もあるので、髪の生成の元にもなっている、「たんぱく質」「亜鉛」「カルシウム」などの栄養素を日々の食事からとりましょう。

頭皮ケアを正しく行う

抜け毛が気になりだすと、髪が抜けることを恐れるあまり、ヘアケアを怠ってしまう方も多いですが、これは逆効果です。軽い洗髪では汚れが落ちていなかったり、すすぎ残しがあったりと、頭皮自体がトラブルを抱えてしまう可能性があります。

産後の抜け毛が気になっても、ブラッシングをきちんと行い、自分の頭皮にあった泡立ちの良いシャンプーでしっかり洗浄し清潔に保ちましょう。髪を洗った後はなるべく早くドライヤーで乾かし、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

髪型を変える

出産前や出産後にショートカットにする女性をよく見かけますが、頭皮や髪への刺激が少ない髪型でもあるため、とてもおすすめです。もし短くすることに抵抗がある場合は、気になる部分を上手くカバーできる髪型にしてみてはいかがでしょうか?

例えば、生え際の薄さが気になる場合は「前髪を厚めにカット」してもらうことで薄毛をカバーすることができます。反対に、薄いことを利用して「シースルーバンク」の前髪に挑戦してみるのもステキです。帽子やヘアバンドなど小物を使って、普段とは違ったおしゃれを楽しんでみても良いでしょう。

(まとめ)なぜか産後に抜け毛が!産後の抜け毛はいつからいつまで?原因と対策とは?

1. 産後の抜け毛とはどのような症状?

産後の抜け毛とは、「出産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」とも呼ばれる症状のことです。妊娠中から出産後にかけてのさまざまな体の変化によって起こってしまう自然な現象です。

2. 産後の抜け毛はなぜ発生する?気になる原因

産後の抜け毛の原因は、おもに出産後の「ホルモンバランスの変化による毛周期の影響」、「環境の変化に伴うストレス」の2つがあげられます。

3. 産後に抜け毛が発生する期間はどのくらい?

出産した数日後から抜けはじめますが、実際に気になりだすのは産後2~3ヵ月頃といわれています。抜け毛がなくなるのはおおよそ半年~1年の間ですが、授乳が減ってくることによって落ち着いてくる場合もあります。

4. 産後の抜け毛の対策とは?

産後の抜け毛対策として「ストレス解消」、「バランスの良い食事をとる」、「頭皮ケアを正しく行う」、「髪型を変える」という4つのポイントがあげられます。産後の抜け毛はあまり気にせず、できることから少しずつ行うことが大切です。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む