一時的に抜け毛の量が増える可能性はありますが、一時的なものなので、安心してください

ざっくりまとめると
妊娠中は女性ホルモン、黄体ホルモンが増え、髪の毛の成長が促進されることで髪の毛が増えていきます。

しかし、産後になると増えた髪の毛が抜けてしまいます。妊娠中に増えていたホルモンが、通常の分泌量に戻るため一時的に抜け毛が発生します。

出産後の抜け毛は、一時的なもので元に戻りますから安心してください。

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s
抜け毛は、ホルモンバランスによって大きく左右されるものです。
なかでも妊娠をすると、女性ホルモンの分泌が多くなり、ホルモンバランスが変化しますので、体毛や髪の量が増えたり、反対に抜け毛が目立ったりすることがあります。

また、妊娠中は、つわりや体調不良、嗜好の変化などにより、栄養バランスが偏りがちになったり、食事があまりとれなかったりする場合もあります。
食事の有無に関わらず、常に胎児へ栄養や血液が送られているため、母体は栄養不足に陥ることもあるでしょう。

当然、こうなってしまうと体の末端にある髪は、充分な栄養が行き届かず、抜け毛やボリュームダウンといった髪のトラブルが現れるのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは?
女性ホルモンの1つである黄体ホルモンは、妊娠を助けるホルモンであり、受精卵が子宮内膜に着床しやすいように働きます。

妊娠すると体の中でどのような変化が起きている?

女性の体は、妊娠するとどのように変化するのでしょうか?

女性ホルモンの変化

妊娠すると、プロゲステロンとエストロゲンという二つの女性ホルモンの分泌が増加します。どちらも赤ちゃんを守る胎盤や子宮を安定させ、妊娠を継続させるために必要なホルモンです。

特にプロゲステロンは妊娠のホルモンとも呼ばれ、子宮内膜の調整や乳房の発達に影響を及ぼします。

プロゲステロン(黄体ホルモン)によるダメージも

一方で、プロゲステロンは、母体にとってマイナスな面もあります。
その代表的な症状には以下のようなものがあります。

  • 感情の起伏が大きくなる
  • メラニン生成が進み、シミや肝斑が増える
  • 体毛が増える

プロゲステロン(黄体ホルモン)は髪も増やす?

実はこのプロゲステロンは、ヘアサイクルを伸ばし毛量を増やす働きがあります。

今までなかったお腹周りや乳房に毛が生え出し、驚く人も少なくありません。

体毛だけでなく髪も増えることもありますが、妊娠期間中のホルモンバランスに応じて変化し、個人差の開きが大きいものと言えるでしょう。

妊娠後期から産後は抜け毛が進行する?

imasia_7062209_M
特に抜け毛が目立つのは、妊娠後期から産後にかけてと言われています。体の変化とともに訪れる抜け毛症状について、事前に知識を身につけておくことが大切です。

栄養素が失われる妊娠後期

妊娠後期とは28週から39週のことです。この時期を迎えると、胎動はより活発になり胎児へのエネルギー供給量も増えます。
そのため、お腹が日に日に大きくなるのを感じ、胃の圧迫感や息苦しさから、食事の量が減る妊婦も少なくありません。

さらに、疲れやすかったり体調が不安定になったりとスタミナ不足を感じることも増えるのです。
そのような理由から髪への栄養が不足し、抜け毛が目立つようになります。

女性ホルモンの減少

出産を迎えると女性ホルモンが急激に減ります。
出産時、女性ホルモンの塊とも言える胎盤を排出することで、大量のホルモンを失います。

それと同時に、妊娠・出産のために一時的に蓄えていた分も減少してしまうのが特徴です。

これにより、髪を守るプロゲステロンが急激に失われるため、産後は抜け毛がひどくなると考えられるでしょう。

一時的なものなのであまり気にしないで!

シャンプーやブラッシング後に大量の抜け毛を発見したり、人によっては頭頂部が透けて見えるほど薄くなったりするケースもあります。
排水口に溜まっていく髪の毛をみて、がっかりするような事もあるかもしれません。

でも、安心してください。

これは一時的なものです。誰にでも妊娠、出産を終えると一時的な抜け毛が起きる可能性がありますので、気にしすぎてストレスを溜めてしまわないようにしていくことが大事なポイントです。

最初は抜ける量が多い場合もありますが、自然と抜ける髪の毛の量も減り、また髪の毛も生えてきます。しかし、それ以降はヘアサイクルを整える事を意識したり、早めに抜け毛対策やヘアケアを心掛けておくことがおすすめです。

生活習慣を改める

髪にはもちろん、胎児にとっても生活習慣を整えることは大切です。また、不安定になりがちな精神面にも気をつけましょう。

  • 塩分を控え、栄養バランスのとれた食事をする
  • 安定期に入ったら、マタニティヨガなど軽い運動を取り入れる
  • 気軽にケアできるヘア美容液やエッセンスなどを使ってみる

産後のダイエットはほどほどに

産後すぐに体型を戻そうと、ダイエットに励む人もいますが、発毛再生には不利となってしまいます。
授乳や慣れない育児で、自然と元通りになることもあるので、焦りは禁物です。

このことを考えれば、ダイエットをするよりも、髪まで栄養が届くように、ビタミンやミネラル、亜鉛などを意識して、3食きちんと食べることが大切だと言えるでしょう。

(まとめ)どうして妊娠すると女性の抜け毛はひどくなる?

1.女性の抜け毛と妊娠の関係とは?

妊娠によるホルモンバランスの乱れから、髪の量や抜け毛の量に変化が見られます。またつわりなどにより充分な栄養が摂取できていないと、母体は栄養不足になり、髪へ充分な栄養が行き届かないという状態になります。

2.妊娠すると体の中でどのような変化が起きている?

妊娠を支え、母体に必要な準備をするために、女性ホルモンの分泌は増加します。この女性ホルモンは髪を増やす効果もある一方で、妊娠中に関しては個人差の開きが大きく、抜け毛を感じる人も多いでしょう。

3.妊娠後期から産後は抜け毛が進行する?

妊娠後期は、栄養不足やスタミナ不足などにより、髪へ充分な栄養が届かず、抜け毛が目立つようになります。また出産を迎えることで、蓄えていた女性ホルモンが大量に失われ、産後は抜け毛の症状が悪化することもあるでしょう。

4.一時的なものなのであまり気にしないで!

妊娠に関わる抜け毛は、一時的なものと捉え、前もってヘアケアを心掛けておくことが大切です。生活習慣を改めることは、髪にはもちろん胎児にとっても重要となります。また、産後は発毛促進のために、過度なダイエットは控えましょう。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む