産後や、ピルの服用・中止で抜け毛が増えてきたかも?と気になる方いるのではないでしょうか。このまま抜け毛が進行したらどうしよう…と不安になることもあると思います。今回は産後の抜け毛の原因や、期間、対策までご紹介します。また、ピルの服用での抜け毛についても解説します。

産後とピルの服用は、女性の抜け毛に関係する?

出産後にホルモンバランスが乱れ、抜け毛が多くなることがあります。
また、ピルを服用していたり中止したりすることでも、ホルモンが変化して抜け毛が多くなったり、逆に体毛の濃くなったりと、毛の量が変わることも。

もし、ピルが抜け毛の原因となっているのであれば、その原因を取り除くことで改善することができます。
しかしピルの服用をやめたにも関わらず、それ以降も長い間抜け毛が気になる場合には、ピル以外が原因で抜け毛になっていることも考えられます。ぜひ専門の医療機関への受診をおすすめします。

この記事では、産後の抜け毛についてくわしく解説していきます。

産後に抜け毛が増える原因

産後はホルモンの影響によって抜け毛が多くなりますが、その大きな原因は下記の2つです。それぞれについて詳しく解説します。

・ホルモンの変化
・生活リズムの変化
ホルモンの変化

産後の抜け毛は、「産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」と呼ばれ、これらの症状に悩む方は多く見られます。

この場合の産後の抜け毛の原因は、女性ホルモンの変化。通常、女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンが2週間ごとに交代で優位になることで、月経の周期を作っています。中でもエストロゲンは髪の毛の成長を促すホルモンで、髪の毛のハリやコシにも影響を及ぼしています。

妊娠中は、このエストロゲンとプロゲステロンの両方が多量に分泌されるため、この間、成長期の毛髪が増えます。
出産後、血中のホルモン濃度が妊娠前の値に戻ると、髪は成長期から休止期に移るため、妊娠中に増えた毛髪がいっせいに休止期に変わります。これが原因で、出産後は一時的に脱毛が増えてしまうのです。

つまり、妊娠中に本来抜けるべき髪が、女性ホルモンの影響で抜けず、産後に妊娠前の状態に戻ることで、一気に抜けてしまう現象が起こるのです。
個人差はありますが、人によっては産後に、頭部全体の毛髪が一気に抜けてしまうこともあります。

ただ、髪の成長が終わってから新しい毛髪を生やすまでの期間は、だいたい3ヶ月から4ヶ月程度です。一気に抜けることで休止期に入りますが、この3~4ヶ月の期間に薄毛になっても、ヘアサイクルがきちんと正常に働けば新しい髪の毛が生えてきて、通常の毛髪状態に戻りますよ。

生活リズムの変化

出産後に抜け毛が増える原因としては、女性ホルモンの変化の他に、育児や疲れ、睡眠不足などが原因で抜け毛につながっていることもあります。

出産し赤ちゃんが産まれると、これまでの生活リズムとは全く違う生活になりますよね。夜泣きもあり、夜に充分な睡眠がとれない日々が続くことも多いでしょう。
睡眠不足が続くことで、日中に受けた髪のダメージが修復できず、抜け毛につながることもあります。

また、脱毛は全身の状態とも無関係ではありません。出産という大仕事を終えて、体も通常の状態とは異なります。母体が回復しないままに育児に追われ疲れを貯め込み過ぎると、髪にも栄養が届きにくくなり抜け毛に繋がることも。
人によっては、環境も大きく変わることから、育児ストレスを抱える場合もあるでしょう。

育児や生活リズムに慣れるまでの期間が、抜け毛が増える期間と重なるため、特に薄毛が気になる人もいるかもしれませんね。女性ホルモンの影響はもちろん、生活リズムが大きく変化することで抜け毛が起こっていると理解して、薄毛を重く考えない方がよいでしょう。気にしすぎることで、ストレスを増やして、余計に抜け毛を誘発してしまうこともあります。
数ヶ月で髪の毛は自然の状態に戻りますから、ゆったりと構えるようにしてくださいね。

産後の抜け毛の期間はどれくらい?


産後の抜け毛は一時的なもので、自然に回復することをご紹介してきました。
個人差はあるもの、多くの人は産後8カ月までには、抜け毛が気にならない状態に戻ります。

これは産後特有の生理現象のひとつですから、一定期間過ぎれば落ち着くと認識しておきましょう。ただ、産後の抜け毛の期間や量には個人差があります。

産後の抜け毛対策3つ

産後の抜け毛が自然現象とはいえ、髪の毛が一気に抜け落ちるのは困りますよね。
少しでも早く自然の状態に戻したい、症状を緩和したいと考える場合に、ぜひ実践してほしい抜け毛対策を3つ、ご紹介します。
育児に追われ大変な時期ではありますが、日常生活のちょっとした工夫で行うことができますよ。

・栄養バランスのとれた食事
・質の良い睡眠
・産後に合った髪型や適切なヘアケア
栄養バランスのとれた食事

産後は育児などに追われ、自分の食事は後回しになりがちです。睡眠不足や疲労で、家族の分の食事は何とか作っても、一人の時は食事を作る余裕もなく、食欲も出なくて、もう食べなくてもいい…となってしまう人も多いですよね。

ですが、髪を作る栄養素をバランスよくとることも大切です。
髪の主成分は、たんぱく質ですから、まずは良質なたんぱく質をとるようにしたいもの。また、髪の新陳代謝をよくするビタミン、ミネラルも取り入れると良いでしょう。

その中でも、特に亜鉛や鉄などのミネラルは、積極的に取り入れたい栄養素です。
亜鉛が多く含まれるアーモンドや肉類、鉄に多く含む魚や、レバー、緑黄色野菜などがおすすめ食材です。

自分一人の食事を簡単に済ませてしまう人も多いため、家族の食事を作る時に多めに作っておき、作り置きをしておくとよいですよ。肉料理を作った時に、多めに作っておけば、一人の時に赤ちゃんの面倒を見ながら、サッと食べることができます。

また、アーモンドをおやつ代わりに食べるのもおすすめです。
余裕のない時期とはいえ、育児はまだまだ続きますから、生活リズムをうまく作っていきましょう。

質の良い睡眠

良質な睡眠時間の確保を心掛けることで、産後の抜け毛対策ができます。

睡眠時間は、髪の毛にはとても大切なもので、寝ている間に髪のダメージを修復して、健康に保つことができるのです。
出産してすぐの頃は授乳もあり、さらに赤ちゃんの夜泣きも激しく、睡眠時間がほとんど取れないという人も多いですよね。睡眠不足が続いているにも関わらず、疲れすぎて、あまり質の高い睡眠がとれないという方もいるかもしれません。

何とかその期間を乗り越え、育児に慣れてきたら、睡眠時間の確保ができるように工夫しましょう。質のよい睡眠は、髪の毛にはもちろん、体のためにも良い影響があります。

産後に合った髪形や適切なヘアケア

産後は、どうしても抜け毛が増え、薄毛状態になってしまいます。そのため、頭皮に負担のかからないヘアスタイルにするのも対策としておすすめです。

特に、ロングヘアで毎日髪を束ねていたりすると、髪の負担や刺激になることもあります。シャンプーやドライヤーも時間がかかり大変ですよね。産後は、赤ちゃんの面倒で自分のケアをする時間も取りにくくなる場合があります。その場合、思い切って髪を短くするなど、髪はもちろん、自分の負担を減らすヘアスタイルにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。実際、出産に合わせてショートヘアにするなどイメチェンする人もたくさんいます。

また、産後のヘアケアも大切です。
きちんと洗髪することで、頭皮の余分な皮脂の汚れを取り除き、頭皮の環境を整えるようにしましょう。赤ちゃんにかかり切りになってしまいがちですが、自分のケアも少しは行ってくださいね。

また、シャンプーで髪を洗う際は、指の腹で頭皮全体を丁寧に洗い、すすぎ残しのないようにしっかり洗い流すことも大切です。
頭皮環境を整えるシャンプーや髪のボリュームアップが期待できるシャンプーもおすすめですよ。

自分に合うシャンプーの選び方や洗い方

産後とピルの服用による女性の抜け毛はホルモンの変化によるもの。生活習慣やヘアケアで対策を


産後はホルモンバランスの変化で抜け毛が増えることもありますが、それは一時的なものと認識しておきましょう。
個人差はありますが、3~4ヶ月で抜け毛はおさまり、自然と薄毛は回復していきますから、抜け毛をあまりに気にしてストレスをためないようにしてくださいね。

産後の抜け毛対策としては、適切なヘアケアや生活習慣を心掛けることが大切です。赤ちゃんのお世話で自分のことは後回しにしがちな時期ですが、育児はこれから長く続きます。
新しい生活リズムに慣れ、食事面では作り置きを作るなど上手に工夫していきましょう。
夜泣きや授乳がひと段落したら、睡眠時間を確保するようにして、良い睡眠をとるように習慣づけてください。

また、ピルを服用することで、ホルモンが変化し抜け毛につながる可能性があります。この場合は、その原因を取り除けば抜け毛は改善されるはずですが、それでも抜け毛が気になる時には、ピル以外が原因で抜け毛になっていることも。専門の医療機関で相談してみましょう。

また、薄毛が気になる方は、抜け毛対策ができる女性用の育毛剤もおすすめです。
産後の抜け毛でお悩みの方はぜひチェックしてみてくださいね。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む