甲状腺ホルモンが女性の抜け毛に関係します

甲状腺ホルモンと抜け毛の関係性
女性の抜け毛にはさまざまな原因が考えられますが、近ごろ注目される要因として甲状腺機能が挙げられます。甲状腺機能が低下して甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなると、抜け毛が起こる可能性が高まると言われているのです。

甲状腺ホルモンには、私たちの体に無数に存在している細胞を活性化する働きがあります。その甲状腺ホルモンの分泌が少なくなると、細胞の働きも鈍くなるでしょう。

私たちの髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂することで作られます。

甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、毛母細胞の細胞分裂も行われにくくなり、その結果脱毛が進み、髪の毛全体のボリュームも少なくなってしまうというわけです。

甲状腺の機能が低下する原因はいくつかあります

甲状腺そのものに問題

甲状腺機能低下症に陥る原因として、甲状腺そのものの機能異常が考えられます。これは、病気により甲状腺にトラブルが起こり、機能低下が起きるというものです。
この症状は原発性甲状腺機能低下症と呼び、もっともよく見られるケースだと言います。

ホルモン不足が原因

甲状腺が働くためには、脳下垂体から甲状腺刺激ホルモンが分泌される必要があります。このホルモンがうまく分泌されないことで、甲状腺が働かなくなるケースも見られます。

この症状は、中枢性甲状腺機能低下症と言い、非常にまれなケースです。

ホルモンへの反応性の低下

甲状腺刺激ホルモンは分泌されていても、それを受容する方に問題があって、ホルモンに対して的確な反応ができないケースもあります。
これは、甲状腺ホルモン不応症と呼ばれる病気であり、甲状腺ホルモン受容体遺伝子が何らかの理由で、変異してしまったことが原因です。

ただし、この病気に罹患する人も、きわめてまれと言って良いでしょう。

甲状腺ホルモンは生命維持に必要な物質です

加齢による抜け毛は老化現象
甲状腺ホルモンには全身の代謝を維持するという重要な役割があります。
もし、上記のように何らかの異常で甲状腺ホルモンがうまく分泌できない状態が続くと、抜け毛だけでなくさまざまな症状が出やすくなります。

たとえば、細胞が活発に働かなくなるため、全身の倦怠感がひどくなることが多いです。
昼夜問わず、しっかり眠っても寝足りないような感じがする、注意力散漫になって、思わぬミスをするなどの症状が考えられます。

その他にも、全体的に体温が低くなると考えられており、結果、夏場の猛暑でも汗をかきにくくなり、肌も乾燥しやすくなります。

さらに女性の場合、生理のリズムが崩れる可能性も十分にあります。症状が進むと、無月経になってしまう事態もあり得るのです。

このように、甲状腺ホルモン分泌の異常は、体のいたるところに悪影響を及ぼすということができます。

甲状腺機能低下症による薄毛は治ります

甲状腺機能低下症が原因となっている女性の抜け毛は、適切な治療を受ければ治る可能性はかなり高いです。
そのため、薄毛になったとしても、あまり悲観的になる必要はありません。

抜け毛の原因に甲状腺機能低下症が関わっているかどうかは、医療機関で血液検査を受ければすぐにわかります。内科医の診察を受けて、抜け毛の原因が本当に甲状腺機能低下症なのかどうか確認する所から始めましょう。

また、甲状腺機能低下症の治療はいたってシンプルです。

甲状腺ホルモンの分泌が低下しているのであれば、外部から投与します。
サイロキシンと呼ばれる錠剤を使って治療するのが一般的になっています。

サイロキシンを服用しながら、血液検査で甲状腺ホルモンの量を測定し、正常域に入れば、薬の投与が医者の判断により終了します。
薬服用による副作用は、まず心配する必要はないでしょう。

上記のように、甲状腺機能低下症を放置しておくとさまざまな弊害を引き起こしますから、早めに治療を検討してください。

(まとめ)甲状腺が女性の抜け毛に関係するのはなぜ?

1.甲状腺ホルモンが女性の抜け毛に関係します

女性の抜け毛には、甲状腺の機能低下が原因となっているケースもあります。これは、甲状腺ホルモンの分泌が鈍ると、毛母細胞の働きが悪くなり、抜け毛を助長するためです。

2.甲状腺の機能が低下する原因はいくつかあります

女性の抜け毛の原因の一つとされる甲状腺異常には、いくつかの要因が考えられます。甲状腺そのものがおかしなケースもあれば、甲状腺を働かせるホルモンシステムの異常によって引き起こされる場合もあります。

3.甲状腺ホルモンは生命維持に必要な物質です

甲状腺ホルモンの分泌が弱くなると、抜け毛以外にも、全身にわたってさまざまな症状が出やすくなります。そのため、倦怠感が続くなどの症状があれば、早めに医者に相談することが大事です。

4.甲状腺機能低下症による薄毛は治ります

甲状腺機能低下症で抜け毛が起きているのであれば、病気を治療すれば症状が治まる可能性は高いです。病気かどうかは血液検査で簡単に診断できますし、薬を服用することで治療することも十分可能です。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む