女性の生え際の抜け毛には、女性ならではの原因があります

女性の生え際の抜け毛の原因
M字ハゲや生え際の後退は、男性に多い薄毛の傾向だと言われています。

しかし、実際には女性の中にも生え際が気になると言う人はたくさんいます。実は、女性特有のヘアスタイルやお化粧に、こうした生え際の抜け毛の原因が潜んでいるのです。

ポニーテールのように髪を後ろに強くひっぱったり、髪についてしまうほどギリギリまでファンデーションを塗ったりすることで、髪や頭皮に刺激が加わり、抜け毛の原因となってしまいます。

平均寿命が延び、女性が受けるストレスも多くなった昨今では、生え際の抜け毛は他人事では済まされない問題となっています。生え際が気になりだしたら、きちんとケアをして抜け毛を増やさないようにしていきましょう。

女性の生え際の毛は繊細で、抜け毛が他に比べて目立ちやすいという特徴があります

生え際の抜け毛は、ホルモンバランスの崩れや遺伝などによって引き起こされるといわれています。
その他、心身にかかるストレスや生活習慣の乱れ、乾燥などによっても抜け毛が起こるとされます。

女性の生え際は、そもそも産毛や細い毛が多いため、こうした様々な抜け毛の要因を受けた時に特に影響が大きくなってしまう部位です。

繊細な生え際の毛は、小さな刺激でも抜けやすくなってしまうのです。

また、頭の後ろや頭頂部に比べ、生え際は鏡で目にすることも多く、髪をかき上げた際には頻繁に目に入ります。

そのため、全体的に抜け毛が進んでいた時も特に気になりやすい部分でもあります。

自分の目に入りやすいということは、他人から見た場合も、自然と目に入る部位であるということです。
人目が気になりだす前に、生え際の抜け毛について対策をとっておくと良いでしょう。

生え際の抜け毛を抑えるためにはヘアスタイルやお化粧に気を配ることが大切です

ヘアスタイルやお化粧には気を配りましょう
生え際の抜け毛を抑えるためには、まず、ヘアスタイルについて考える必要があります。
長髪の場合、頭皮は髪の重みによって引っ張られ、刺激を受けてしまいます。

ましてや、髪を後ろにひっ詰めるタイプのポニーテールなどの髪型は、生え際付近に強い力をかけてしまいます。
顔の皮膚を引っ張る効果があるため、若返り効果があるとされるポニーテールですが、生え際が気になりだしたらやめておいた方が良いでしょう。

特に、前髪も伸ばして髪全体をポニーテールにするヘアスタイルの場合、生え際が目立ち、抜け毛がなおさら協調されてしまいます。

生え際の抜け毛が気になりだしたら、前髪は短く切りそろえて下ろす方が目立ちづらくなります。
ふわりと立ち上げるようなスタイルにすると、髪が多少すくなくてもぺったりとした印象がなくなり、生え際のカバーをすることができます。

また、生え際の抜け毛対策には化粧も大切です。
髪のぎりぎりまでお化粧をすると、それだけで頭皮の負担になってしまいます。

生え際付近はあまりファンデーションを塗りすぎないように注意しましょう。
また、クレンジングの際も生え際の化粧の落とし残しがないようきをつけてください。

生え際が気になるからといって触ったり隠したりしすぎるのは逆効果です

生え際が気になると、ついつい前髪を持ち上げて今日はどうなっているかしらと確かめてしまいがちです。

しかし、髪を持ち上げて生え際を無理に観察しようとすると、頭皮が引っ張られてしまうこともあります。
また、髪に触れるということ自体も刺激の一種ですから、あまりいじりすぎるのは考えものです。

髪を触るのが癖になってしまっている人は、髪が触りたくなったら一度深呼吸する、ガムを噛むなど、意識して他のことを行うようにしましょう。

また、生え際が気になるからと帽子をかぶったりというのもおすすめできません。
生え際を覆ってしまうと、頭皮が蒸れてしまいます。
汗をかけばそれだけ頭皮が汚れ、抜け毛の原因となってしまうのです。

とはいえ、紫外線も頭皮には悪影響ですから、日傘や通気性の良い帽子を外を歩く時のみ利用するなどして対策をとってください。

極力余計な手をかけず、髪が自然な状態でいられるよう心がけることが、抜け毛予防にも繋がっていくのです。

(まとめ)女性の生え際の抜け毛にはどのような原因がある?

1.女性の生え際の抜け毛には、女性ならではの原因があります

生え際の抜け毛は男性特有であるとされてきましたが、最近では生え際を気にする女性も増えてきています。女性のヘアスタイルやお化粧にも抜け毛の要因が潜んでいるため、十分な注意が必要です。

2.女性の生え際の毛は繊細で、抜け毛が他に比べて目立ちやすいという特徴があります

生え際は細い毛が多く、抜け毛が起こりやすい部分です。生え際の抜け毛を気にする人が多い原因は、自分の目に入りやすいからという面もあります。
人の目にもつきやすいため、抜け毛対策が必要となるのです。

3.生え際の抜け毛を抑えるためにはヘアスタイルやお化粧に気を配ることが大切です

髪を引っ張るポニーテールは負担となり抜け毛を進めてしまうため、やめましょう。前髪を作ってふわりと立ち上げる髪型は生え際をカバーできるのでおすすめです。また、化粧をする際は生え際のあまりに近くまでファンデーションを塗らないようにしてください。

4.生え際が気になるからといって触ったり隠したりしすぎるのは逆効果です

生え際が気になると、ついつい髪をいじってしまったり、帽子で隠そうとしたりしてしまいます。しかし、これらの行為は抜け毛には逆効果です。
なるべく髪に余計な刺激を与えないように気を付けるようにしましょう。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む