加齢による女性の抜け毛は老化現象の一つです

加齢による抜け毛は老化現象
中高年の女性の中には、髪の毛全体のボリュームがなくなったり、分け目が太くなったりして悩む人が多いです。

加齢による抜け毛が起きる原因は、他の体の部位と同じく老化現象の一つだと言えるでしょう。専門家の話によると、40代後半に差し掛かってくると、毛母細胞の働きも衰えるといいます。

髪の毛のボリュームが中高年になってから減ってきたら、アンチエイジングをはじめとしたケアについて考えてみるのも選択肢です。

老化は30代からはじまっています

老化と聞くと、50代後半から60代の方が悩むようなものだと、お考えの方もいるかもしれません。
しかし、人の老化は個人差があるものの、30代から既にはじまるといいます。

NPO法人日本成人病予防協会によると、老化の始まりにはしみや白髪が増え、皮膚に弾力がなくなってくることが多く、その原因は細胞の減少や機能低下にあるとしています。

この細胞の減少や機能低下がさらに進むと、老眼になったり、胃腸をはじめとした臓器が弱ったりして、老化現象を自覚できるようになります。

また、この老化現象の中には、髪の毛の成長が鈍くなってしまったり、血管の老化によって栄養をうまく毛根に届けられなくなってしまったりすることも含まれるため、抜け毛も老化現象の一つだといえるでしょう。

さらに、頭皮も体のほかの部分の皮膚と同じように、加齢によってターンオーバーが遅くなってしまいます。
そのため、頭皮環境を健康に保ちづらくなってしまい、抜け毛を起こしてしまうのです。

中高年にさしかかってからは、普段のケアとは別に、抜け毛対策をして予防に努めることが大切です。

加齢によってホルモンバランスを崩してAGAを引き起こすこともあります

ホルモンバランスを崩してAGAを引き起こすAGAという言葉を耳にしたことはありませんか?
男性型脱毛症と言って、頭頂部や額の生え際など、特定の箇所の髪の毛がまとまって抜ける症状です。

「男性型」という以上男性特有のもののような感じもありますが、加齢によって女性の中でもAGAを発症するケースは見られます。

その原因は、ホルモンバランスが崩れてしまうことです。
女性の場合には、更年期の訪れによって女性ホルモンの分泌が急激に低下してしまいます。

そのため、もともとは女性ホルモン優位だったホルモンバランスが、少ないながらも分泌されている男性ホルモン優位の状況へと変化するのです。

これにより、「男性型脱毛症」であるAGAが女性であっても加齢によって引き起こされるケースがあり、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれることもあります。

もし、生え際が後退してきた、頭頂部の抜け毛が気になる、などの男性型の抜け毛を感じるようであれば、この疾患の可能性がありますので、病院で診察を受けるようにしましょう。

加齢による抜け毛対策として日常生活を見直そう

加齢による抜け毛はある意味、自然の摂理のようなもので避けられないと思った方が良いです。

しかし髪の毛は女性の命と呼ばれるほど大事なものですから、あまり悠長なことは言っていられないという人もいるでしょう。

その場合の解決策として大事なのは、いつまでも若々しくいられるような生活習慣をつけることが大事です。

たとえば、できるだけ早寝早起きを心がけることが大事です。

できれば毛母細胞や副交感神経の働きが最も活発である夜の10時前後には眠りにつくのが理想です。

何もすることがなければ、夜更かしをしないことです。
その他には髪の毛の材料は私たちが普段食べている食事に含まれる栄養分から摂取します。

そこで1日30品目を目標にして、いろいろな食材をバランスよく食べる習慣をつけることも大事です。

その他にはストレスを発散する方法を自分なりに見つけましょう。
ストレスが過剰に溜まると、頭皮の血流が悪化して、毛母細胞の働きがどんどん鈍ります。

趣味に没頭する時間を作るでも、休日はショッピングに出かけ日頃の憂さを晴らすなどの対処策を自分で見つけることです。

(まとめ)女性の抜け毛は加齢によるのは本当なの?

1.加齢による女性の抜け毛は老化現象の一つです

中高年の方で、髪のボリュームが減ってきたと感じるのであれば、その原因は老化現象の可能性があります。

アンチエイジングをはじめとしたケアについて考えてみるようにしましょう。

2.老化は40歳代からはじまっています

老化現象は、個人差はありますが30代のころから起きており、シミや白髪が目立つようになってくるのがその初期の兆候といわれています。

進行すると髪の成長にも大きな影響を与えるため、普段のケア以外にも抜け毛対策をすることが大切です。

3.加齢によってホルモンバランスを崩してAGAを引き起こすこともあります

AGAと言われると男性の脱毛症のようなイメージもありますが、実は中高年女性の中にはこのAGAを発症するケースも見られます。

更年期を迎え女性ホルモンの分泌が急速に低下することで、男性ホルモンの働きがより大きな影響を及ぼすからです。

4.加齢による抜け毛対策として日常生活を見直そう

加齢による抜け毛対策をするためには、生活習慣を規則正しくできるように見直すのが良いです。

こうすることで毛母細胞を含め、体全体がいつまでも若々しくいられ、いつまでも健康な髪の毛を成長させることができるからです。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む