毛母細胞の老化やホルモンバランスなどが影響しています。生活習慣を改善し、頭皮にあったシャンプーを選ぶとよいでしょう

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

30代女性の抜け毛の原因である、毛母細胞の老化や、ホルモンバランスなどについてご説明します。30代女性の抜け毛は適度な運動、飲酒喫煙を控えること、極端なダイエットをしないことで予防することができます。今回は、日常でできるワンポイントアドバイスも合わせてご紹介します。

30代女性の抜け毛の原因とは?

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

30代になって、抜け毛が増えてきたような気がする、と感じる方もいることでしょう。それは、毛母細胞の老化や、生活習慣、髪へのダメージ、さらにホルモンバランスが関係しているからです。それぞれの具体的な原因についてご説明します。

毛母細胞が老化

髪の毛を作る元である毛母細胞ですが、これは老化によって弱ってしまいます。個人差がありますが、髪の毛の老化は30代から始まるとも言われているのです。毛根の深い所にある毛母細胞は、分裂を繰り返すことで、毛根を押し上げ伸びていきます。この細胞が老化すると、抜け毛が増えてしまい、結果として薄毛の原因になってしまうのです。

生活習慣

体や肌のためにも、生活習慣を整えなければと考えている30代女性は多いでしょう。もちろん、頭皮も生活習慣の影響を大きく受けています。頭皮は皮膚でもあり、髪の毛を作り育てる場所です。

無理なダイエットなどで、栄養バランスが偏ると、髪の毛のために必要な栄養が足りず、抜け毛の原因になってしまいます。また、お酒をたくさん飲んでしまうことでも、髪の毛に必要な栄養が足りなくなることがあります。

髪へのダメージ

女性はパーマやカラーを繰り返し行うことが多く、どうしても髪の毛へダメージを与えがちです。これらの施術は、刺激の強い液剤を使って行うため、頭皮や髪の毛に刺激を受けてしまいます。

髪の毛が痛むことで、切れ毛が増え、抜け毛が増えたように感じることも。さらに繰り返し行うことで毎回刺激を受けてしまうため、頭皮の状態が悪くなり、抜け毛を増やす原因になります。

ホルモンバランス

女性の薄毛の原因としては、女性ホルモンの減少も挙げられています。必要な女性ホルモンが分泌されなくなることで、髪の潤いやハリが失われ、抜け毛や薄毛に繋がる可能性もあるのです。

30代の女性は、ホルモンバランスの影響を受けやすい年代といえます。子宮や卵巣の病気も増え、仕事などのストレスから喫煙、さらに行き過ぎたダイエットなどを行うとホルモンバランスが乱れてしまいます。

30代女性の抜け毛予防策とは?

30代女性の抜け毛の予防策としては、生活習慣の改善が挙げられます。それぞれの予防策について、詳しくご紹介します。

適度な運動

女性は筋肉量が少ない為、冷え性の人も多く、血行不良となっている場合が多くあります。血行が良くないと、必要な栄養が頭皮に行き渡らないために抜け毛を促進してしまうことも。定期的に運動をすることで運動不足を解消し、体中にまんべんなく血液を流すことで、髪の毛に栄養を届け、抜け毛を予防しましょう。

飲酒を控える

お酒を飲んだ後、肝臓はアルコールを分解するために、髪の毛を作る材料となるメチオニンやシステインを使います。本来であれば、頭皮に行き渡り、髪の毛を作るはずのこれらの栄養素が、飲酒をすることでアルコール分解に使われてしまいます。そうなると髪の毛を作る材料が不足しがちとなり、抜け毛が増えてしまう原因になってしまうので、お酒は節度をもって楽しみましょう。

喫煙を控える

タバコに含まれるニコチンは毛細血管を収縮させてしまうため、血流が悪くなります。当然、頭皮への血流も悪くなることから、髪の毛への栄養も行き渡りにくくなってしまうのです。さらに、タバコを吸うことで、ビタミンCが大量に消費されてしまいます。ビタミンCは、抜け毛を防ぐコラーゲンを合成する時に使われるため、不足することで抜け毛の原因にもなってしまうのです。

極端なダイエットをしない

過激なダイエットは、栄養不足を招く可能性があります。ダイエットで食事制限をすると、栄養が足りなくなってしまい、体は生命を維持する器官に優先的に栄養を回します。そうなると、皮膚や頭皮などに回す栄養は後回しとなってしまうため、髪の毛が細くなったり、さらに抜け毛に繋がったりする可能性もあるのです。髪のためにも、極端な食事制限やダイエットは控えましょう。

日常で行えるワンポイントアドバイス

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

日常生活で行っていることに少し気を付けるだけで、抜け毛を減らし、予防することができます。ここでは、簡単にできるワンポイントアドバイスをします。

シャンプーを変える

毎日使うシャンプーだからこそ、自分の頭皮に合うものを選ぶようにしましょう。頭皮が乾燥しているように感じる場合は、シャンプーで皮脂を取り除き過ぎているのかもしれません。

石油系界面活性剤の入っているシャンプーは、皮脂をしっかりと落としてくれますが、場合によっては、落とし過ぎてしまい、乾燥を引き起こすことも。そういった場合は、洗浄力がマイルドなアミノ酸系界面活性剤を使ったシャンプーに変えてみると、抜け毛改善に繋がるかもしれません。

正しい方法でドライヤーをかける

頭皮が濡れたままの状態が長くなると、抜け毛を引き起こす原因となってしまいます。キューティクルは濡れていると開いていて、とても脆い状態。抜け毛予防のためだけではなく、髪の毛を痛めないためにもドライヤーを使うようにしましょう。

しっかりタオルドライをしてから、髪の根元から乾かすように、髪の毛を優しく持ち上げてドライヤーをあてます。だいたい8割程度、ドライヤーで乾かすようにして、あとは自然乾燥にしましょう。

寝る前のPCをやめる

パソコンやテレビ、スマートフォンの画面からはブルーライトが発せられていて、交感神経を優位にして、興奮状態にしてしまいます。質のよい睡眠をとるためには、副交感神経を優位にすることが大切です。

髪の毛は寝ている間に作られ、修復されています。特に、入眠してすぐのノンレム睡眠中に、成長ホルモンが多く分泌されると言われていることから、入眠前に副交感神経が優位になる環境づくりをするようにしましょう。

(まとめ) 30代女性の抜け毛の原因と対策は?シャンプーなど気を付けることはありますか?

1.30代女性の抜け毛の原因とは?

髪の毛を作る元である毛母細胞の老化や、生活習慣、パーマやカラーによる髪へのダメージ、さらにホルモンバランスが関係しています。

2.30代女性の抜け毛予防策とは?

適度に運動することで血流を良くすることや、飲酒を控え髪の毛に必要な栄養を頭皮に届けましょう。また、喫煙を控えることや、極端なダイエットをしないことも抜け毛予防となります。

3. 日常で行えるワンポイントアドバイス

自分の頭皮の状態を考え、合うシャンプーに変えることを検討してみてはいかがでしょうか。また、正しい方法でドライヤーをかけましょう。寝る前はPCなどブルーライトを発するものの使用は避け、質の良い睡眠をとるようにしましょう。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む